英語が聞き取れない5つの原因と実際に効果があった解決策まとめ

英語の勉強をはじめると間違いなくぶち当たるのが、

「とにかく英語が聞き取れなさすぎる」

という問題です。「なんでこんなに聞き取れないんだろう…」と感じたことがあると思います。

私もはじめは「英語が聞き取れる」という状態がまったく理解不能でした。耳とか頭の中とか、どうなってるんだろうと。

今回は、そんな昔の私と同じように悩んでいる方に、英語が聞き取れない原因を5つ音声の例をあげながらハッキリさせた上で、

どうやったら英語が聞き取れるようになるのか、実際に効果的だった&おすすめの解決策を紹介します。

練習法の結論としては、初心者はとにかく「音読」と「ながら聞き」だけやっておけば、必ずリスニング力がUPします。

ではさっそく、英語が聞き取れない原因と解決策について、詳しく説明していきますね。

英語が聞き取れない原因はこれだ【5つ】

私は今まで「英語が聞き取れない」を軽く500回くらい経験してきましたが、ほとんどの原因は下の5つでした。

  1. そもそも単語や表現を知らない
  2. 単語の正しい発音を知らない
  3. 英語の音の変化に慣れていない
  4. すべての単語を聞き取ろうとしている(リズムが身についていない)
  5. 聞きながら意味を考えようとしている

この5つの原因がいくつも重なった結果、「まったく聞き取れない」という事態になります。

では英語が聞き取れない原因について掘り下げて説明します。

1.そもそも単語や表現を知らない

聞いた英語の中に知らない単語や表現があれば、当然聞き取れません。何十回聞こうと、です。

例えば、英語のニュースや海外ドラマなんかを聞いていて「聞き取れない」と悩んでいるなら、一番の原因はこの「単語や表現を知らない」ことにあるはずです。

私も、知らない単語ばかりの英語のニュースをひたすら聞き流していた頃がありました。まったく聞き取れるようになりませんでした。

解決策①:まずは自分に合ったレベルの英語でリスニングする

この場合、単語や表現をたくさん覚えることももちろん大切なんですが、その前にまず、リスニングする英語のレベルを下げることをおすすめします。

どんな英語が聞き取れるようになりたいのかにもよりますが、例えば日常的な英会話なら、9割くらいが中学レベルの基本単語だからです。

自分に合ったレベルの英語でリスニングの練習をしないと、それはもはや単語の勉強になってしまいますからね。

解決策②:中学レベルの基本単語を復習する

ただもし、中学レベルの単語もほとんど忘れてしまっている方は、さすがに一通り復習しておくといいかもしれません。

基本単語を復習しつつ、簡単な英語を聞き取る練習をするのが一番です。

単語帳だと多分続かないので、アプリなどの続けやすい方法をおすすめします。

2.単語の正しい発音を知らない

単語自体は知っていても、正しい発音を知らないor間違えて覚えてしまっていると、聞き取れません。

例えば、「bottle(ボトル)」という単語の正しい発音は「バロゥ」に近い音です。

私は昔この発音を聞いて、「絶対”ボトル”になんて聞こえないじゃん!」と思ってました。ですが実際は聞こえないのではなく、そもそも私が思い込んでいた「ボトル」という発音自体が間違ってたんですよね。

他にも、

  • water:×「ウォーター」〇「ワールゥ」
  • shirt:×「シャツ」〇「シュー」       
  • salda:×「サラダ」〇「サゥ」
  • help:×「ヘルプ」〇「ヘゥ」
  • little:×「リトル」〇「リロゥ」
  • girl:×「ガール」〇「グロゥ」

など、中学レベルの単語でも、カタカナで覚えているとまったく聞き取れないだろう単語はたくさんあります。

解決策:単語の正しい発音をコツコツ覚えるしかない

この場合、単語の正しい発音をコツコツ覚えていくしかありません。

新しい単語に出会ったら、必ず発音を確認するクセをつけましょう。文中で確認する程度でOKです。

中学レベルの単語の発音が怪しい場合は、これまた単語アプリなどで少しずつ確認していくことをおすすめします。

3.英語の音の変化に慣れていない

英語は、発音すると単語同士がくっついたり、音が消えたり、弱くなったりして、音が変わってしまう言葉です。

こういった英語特有の「音の変化」に慣れていないと、単語1つ1つの発音は正しく覚えていても、文として発音されたときにわけがわからなくなります。ネイティブの英語なんて特にそうです。

例えば、下の2つの英語を聞いてみてください。

 

聞き取れましたか?正解は、

  1. What are you doing now?
    「今なにしてるの?」
  2. I have to go now. I’ll talk to you later.
    「もう行かないと。またあとで。」

です。それぞれ、

  1. What are you →「ワダユ」
  2. I have to go →「アイトゥゴゥ」、
    I’ll talk to you →「ァゥトートゥ」

といった感じで聞こえたと思います。これが、英語の音の変化です。

これを、「What are you」→「ワットアーユー」というように、単語1つ1つがハッキリ発音されると思い込んでいると、全然聞き取れなくなってしまいます。

英語の音声変化について詳しくは、下の記事も参考にしてみてください。

英語の音声変化6パターンと聞き取る方法まとめ【音声具体例つき】

解決策①:文法や表現、決まり文句などを幅広く覚える

この場合、まずはよく使う文法や表現、決まり文句をしっかり覚えることが1つの解決策です。

英語の音が変化するのって、結局「適当に発音してもコミュニケーションに問題ないから」なんですよね。

なので、日常でよく使われる表現や決まり文句だったり、内容を伝えるのに重要じゃない単語(=文法上だけ必要な単語)などの音は激しく変化することが多いです。

つまり、知っている表現や決まり文句、文法知識が多ければ多いほど、音の変化に対応しやすくなるというわけです。

解決策②:変化した音を文字で確認して、聞き取れるようにしていく

聞いた英語の音の変化が聞き取れなければ、その都度文字を確認して、聞き取れるようにしていってください。

こうして「聞き取れる英語」を増やしていくことで、次に似たような音の変化があったときに、対応しやすくなります。

「聞いたら聞きっぱなし」のリスニングをしている方も多いと思いますが、これだと英語は聞き取れるようにならないということを覚えておいてください。

4.すべての単語を聞き取ろうとしている(リズムが身についていない)

「1語たりとも聞き逃すまい!」と、すべての単語を集中して聞き取ろうとすると、逆に聞き取れなくなります。

なぜなら、英語には特有の「リズムと強弱」があり、リスニングをするときはその中で強調されている部分を拾うようにして聞かないといけないからです。

例えば、下の音声を聞いてみてください。

 

聞き取れましたか?

では実際の英文はと言いますと、

My friend from middle school is visiting, so we are going to have dinner on Saturday.
(中学の友達が遊びに来ていて、土曜には一緒に夕食を食べるつもりだよ。)

です。

そしてもう一度よく聞いていただきたいんですが、

my FRIEND from MIDDLE SCHOOL is VISITING, so WE are going to have DINNER on SATURDAY.

というように、大文字の単語、さらにその中でも赤文字の部分が強調され、それが一定のリズムに乗って話せれているのがわかると思います。

英語は、こうして強調されている単語がしっかりと聞き取れれば、全体の意味がつかめるようになっているんです。

また、強調されている単語を聞き取るように意識することで、強調されていない部分も聞き取りやすくなります。

これを知らずに全部の単語に集中して聞き取ろうとすると、英語のリズムに乗り損ねて、肝心の「しっかり発音する部分」が聞き取れなくなり、わけがわからなくなります。

解決策①:自分でも英語のリズムと強弱を意識して発音する練習をする

この場合、まずは自分でも英語のリズムと強弱をつけて英文を発音する練習をしましょう。

ネイティブの音声をそっくり真似して音読したり、シャドーイングをするのがおすすめです。

続けていれば、自分の身体に英語のリズムと強弱の感覚が染み込んできて、確実に英語が聞き取りやすくなります。

解決策②:とにかくネイティブの生の英語を聞きまくる

自分で発音する練習にプラスして、とにかくネイティブの生の英語を聞きまくることも効果がありました。

海外ドラマやYoutubeなど、楽しく聞けるものを使うのがおすすめです。

ネイティブの英語を聞き続けていると、「英語の聞き方」がわかってくるんですよね。

強調されている部分には自然と集中し、そうでない部分はサラッと聞けるようになっていきます。

補足:「強調されない部分」はどう頑張っても聞き取れないことがある

ちなみに、「強調されない部分」はどう頑張っても聞き取れないことがあります。 「強調されない=重要じゃない」ので、音の変化が激しくなるからです。

ただ、音は聞き取れていなくても、実際は文法や表現の知識で必要な単語を無意識に補ってるので、文が穴あき状態で聞こえることはありません。

これはネイティブの友人も言ってたんですが、「聞き取ってる」というよりも、「わかる」感覚に近いです。

たまに、「his」とか「to」とかがまったく聞き取れない、と嘆く方がいますが、ネイティブにとってもそれが普通なので安心してください。

5.聞きながら意味を考えようとしている(意味を理解するスピードが追いつかない)

これは英語が聞き取れない直接的な原因ではないんですが、あるあるだと思うので書いておきます。

聞きながら「意味」に気を取られてしまって、その間に肝心の音を聞き逃してしまうパターンです。頭の中で意味を理解するスピードが、音に追いつかない状態ですね。

例えば、さっきの

My friend from middle school is visiting, so we are going to have dinner on Saturday.

という文を聞くとき、「middle」という単語が聞き慣れていなければ、

「あれ、middleってなんだっけ?真ん中、みたいな?」

と、意味に気を取られてしまいます。その結果、もうその後はなにも耳に入ってこなくなります。

また、「we are going to have dinner on Saturday」を頭の中で「私たちは土曜日に夕食を食べるつもりです」と返り読みして”日本語に訳そうと”すると、絶対に追いつかなくなります。

解決策①:英語の語順のまま、かたまりを意識して意味を理解するクセをつける

この場合、まずは英語の語順のまま、かたまりを意識して意味を理解するクセをつけてください。

意味を理解するために英文を行ったり来たりできないリスニングでは、「英語を語順のとおり理解する」ことは絶対に必要です。

先ほどの例の文なら、

My friend(私の友達)/from middle school(中学校からの)/is visiting(訪れている),
so we are going to(するつもり)/have dinner(夕食をとる)/on Saturday(土曜日に).

というように、英語の語順のまま、かたまりを意識して意味を理解するということですね。

こうしてかたまりを意識しながら意味を理解できるようになると、めちゃくちゃ英語が聞き取りやすくなります。

解決策②:聞きなれた表現や単語、フレーズを増やす

英語の語順のまま意味を理解する練習をするのと並行して、同じくらいのレベルの英語をたくさん聞き、聞きなれた表現や単語、フレーズをどんどん増やしていきましょう。

そうすることで、聞きなれた英語はだんだん「訳す」必要がなくなり、英語を英語のまま理解できるようになっていきます。

こうなればしめたもので、リスニング中に「意味を考える」ことがなくなるんです。そして、日本語と同じような感覚で英語が聞ける夢のような状態になります。

英語が聞き取れない原因を幅広く解決できる練習法が「音読」

ここまで英語が聞き取れない主な原因を5つまとめてきました。

  1. そもそも単語や表現を知らない
  2. 単語の正しい発音を知らない
  3. 英語の音の変化に慣れていない
  4. すべての単語を聞き取ろうとしている(リズムが身についていない)
  5. 聞きながら意味を考えようとしている

こういった原因を少しずつ解決できれば、必ず英語が聞き取れるようになります。

とはいえ、それぞれの原因を解決するために、あれもこれもとやってられないと思います。初心者にとって、英語が聞き取れない原因は1つじゃないことがほとんどですからね。

じゃあどうしたらいいのかと言いますと、まずは自分のレベルに合った英語を「音読」することからはじめてみてください。

そもそも、自分が正確に発音して話せる英語は、必ず聞き取れる&意味もわかるという重要な事実がありますからね。

私自身、音読をはじめてからリスニング力が劇的にUPしました。もっと言えば、スピーキング力もです。

【経験談】英語の音読は絶対にやるべき【5つの効果】

もちろんすぐに効果が出るわけではありませんし、永遠に音読だけやってればいいというわけでもありません。

ですが、音読でリスニング力がUPすることは経験的にも理屈的にも間違いないので、騙されたと思って、是非やってみていただきたいです。

まずは会話文など、簡単な文から少しずつ音読する習慣を作るのがいいと思います。
会話文の音読なら自分のスピーキング力UPにもつながりますし、なんせいきなり難しいことをやろうとすると、続かなくなるので。

さらに、「ながら聞き」でたくさん英語を聞けば完璧

ちょっとの音読と並行しつつ、たくさんの英語を聞く習慣を作ることができれば、初心者のリスニング学習としては言うことなしですね。

通勤中とか、家事をしながらとか、無理せず続けられるようなやり方がおすすめです。

そうすることで、音読で養った英語の音の変化やリズムへの対応力、覚えた単語や表現、意味を理解するスピードなどがどんどん磨かれていき、英語を聞き取ることが本当に楽になっていきます。

そして、日常会話程度ならリラックスして聞いていても聞き逃すことがなくなります。今は信じられないかもしれませんが、本当に、聞き取れるようになるんです。

最後に:リスニング練習は長期戦。とにかく続けることを優先に。

今回お伝えしたように、英語が聞き取れない原因ってたくさんあります。それに、どの原因についても、短期間で簡単に解決できるものはありません。

ですが、これだけは言えます。

コツコツと練習を続けていけば、あのネイティブの英語も、必ず聞き取れるようになるということです。

時間がかかってもいいんです。

まずは「少しの音読」、そして、「ながら聞き」を毎日の習慣にしてみてください。英語の勉強すべてに言えることですが、一番大切なのは「続けること」ですからね。

数ヵ月もすれば、「英語が聞き取れる」と実感できる日が必ずきます。

あなたの英語学習を、全力で応援します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です