【悲報】英語のリスニングは毎日やっても上達しません【解決策を紹介】

英語のリスニングができるようになりたいんだけど、毎日英語を聞きまくってたらいつか聞き取れるようになるのかな?リスニングを上達させる方法が知りたい。

今回はこんな疑問に答えるために、

  • 毎日英語を聞きまくってもリスニングはできるようにならない事実
  • 毎日英語を聞かなくてもリスニングが上達する方法

について詳しくまとめていきます。

僕はまともに英語学習をはじめる前に、それこそ毎日英語のニュースを聞きまくってた時期がありました。しかも、1年くらいです。

結果はと言いますと、まったくリスニングができるようになりませんでした。

そのあと、英語の学習法について調べまくってわかったのが、リスニングの上達には「量」だけじゃなく「質」がめちゃくちゃ重要だということです。

その事実に気づいてから自分なりに試行錯誤してリスニング学習を続けていると、劇的に英語が聞き取れるようになりました。

この記事の内容は、そんな私の経験からお伝えしていきます。

毎日英語を聞いてたらリスニングは上達する?→しません

まず、「毎日英語を聞いたらリスニングができるようになるのか」という疑問は、つまりは

「英語をたくさん聞きまくれば、いつか耳が慣れてリスニングができるようになるのか」

という疑問だと思います。「量をこなせば上達するのか」ということですね。

では解答はといいますと、残念ながらただたくさん英語を聞くだけでは、リスニングは上達しません。

理由を簡単に説明していきます。

そもそも「知らない音」は何百回聞いたところで聞き取れないまま

まず、いくら毎日たくさん英語を聞いたところで、「もともと聞き取れない音=知らない音」が聞き取れるようにはならないです。

そりゃそうですよね。

たとえば、ロシア語とか毎日聞きまくったところで聞き取れるようになるわけないことは、想像できると思います。

どうしてかというと、そもそもロシア語の音を「知らない」からです。

日本人は、読めばわかる英語でも、その「音」を知らない

そして、日本人は英語を「文字」から勉強してきたので、読めば簡単にわかる英語でも、それが「音」になるとまったく知らない、もしくは間違って覚えていることが多いんですよね。

つまり、日本人にとって英語は、思ってる以上に「知らない音だらけ」なんです。

となれば、「毎日英語を聞きまくる」ことは、めちゃくちゃ極端に言うと、「毎日ロシア語を聞きまくる」のと同じでして、

これだと当然リスニングができるようにはならないわけです。

毎日英語を聞かなくてもリスニングを上達させる方法【質を重視せよ】

リスニングを上達させたいなら、「毎日聞きまくる」みたいに「量」を重視するのではなくて、まずは「コツコツと確実に聞き取れる英語を増やす」といった感じで、「質」を重視した学習をしましょう。

「知らない音」を「知ってる音」に変える=聞き取れる英語を増やす、ということですね。

もちろん量が重要じゃないわけではないですが、初心者のうちは量よりも質を重視することで、圧倒的にリスニングが早く上達します。

別に「毎日」聞く必要もないですし、「1日1時間」とか聞く必要もないです(もちろん毎日たくさん聞くに越したことはないですが)。

1日15分くらいでもいいので、とにかく「聞き取れる英語を増やす」という意識をもってリスニング学習を進めてください。

じゃあ具体的に何をしたらいいのか。簡単に説明していきます。

【その前に】文法や単語がある程度身についていることが前提です

もし中学レベルの文法や単語が全然わからない状態なら、まずはそういった基礎の勉強からはじめることをおすすめします。

というのは、そういう基礎が身についてないと、リスニング学習をはじめたところで「そもそも英文が読めない」とか「単語の意味がわからない」とかで躓いてしまって、一向に進まなくなるからです。

これだともはやリスニング学習になってないですよね。

なので、リスニング学習をはじめるなら、最低限中学レベルの基礎は身につけておいた方がいいですね。

1.聞いた英語の「文字」と「音」をセットで覚える

最初にも説明しましたが、日本人は読めばわかる簡単な英語でも、その音を知らないことが多いです。

なので、まずは読めばわかるくらいの簡単な英語(まずは中学レベルがおすすめ)を使って、その英語の「文字」と「音」をセットで覚えていく必要があります。

やり方をシンプルに説明しますと、

  1. 音を聞いてみる
  2. 文字を確認する
  3. また音を聞きなおして、その英語が聞き取れるようになっていることを確認する

をひたすら繰り返すだけです。

たとえば、下の英語を聞いてみてください。

 

「ウェドゥワナゴー」みたいに聞こえたと思います。

正解はと言いますと、

Where do you want to go?

です。

こうして英語の音と文字をセットで聞いてみると、いろんな気づきがあると思います。

  • 「Where do you」は「ウェアードゥーユー」みたいにハッキリ発音しないで、「ウェドゥュ」みたいに音をつなげて短く発音されてるな
  • 「want to」は「ウォントゥー」じゃなくて、「ワナ」みたいに発音されてるな

といった感じですね。

そのうえで、もう一度音声を聞いてみてください。

 

もうこの英語が「Where do you want to go?」だってわかりますよね。これが、英語が聞き取れるということです。

こんな感じで、音と文字をセットで覚えた英文=聞き取れる英文をコツコツと増やしていくことがリスニング上達の最初の一歩ですね。

2.聞き取れるようにした英語は、聞き流す

上記のやり方で聞き取れるようにした英語は、通勤中とか家事をしながらとかでいいので、ひたすら聞き流してください。

というのは、一度聞き取れるようにしても、時間が経つとまた聞き取れなくなることがあるからです。

「聞き取れるようにする」=「音を記憶する」ということなので、当然忘れてしまうこともあるんですよね。

なので、「聞き取れる英語を増やす」のと同時に、普段手が空いてる時には、聞き取れるようにした英語を繰り返し聞いて、音の記憶を定着させる必要があります。

初心者のリスニング学習法に関しては下の記事でも詳しくまとめてるので、合わせて参考にしてみてください。

【英語リスニング】初心者が上達する勉強法【おすすめ教材も紹介】

おすすめの教材は「スマホのリスニングアプリ」です

これからリスニング学習をはじめるなら、スマホのリスニングアプリが圧倒的におすすめですね。

なぜなら、続けやすいからです。

リスニングを上達させるために毎日英語を聞く必要はないと言いましたが、かといって、「たまに聞く」みたいなやり方だといつまでたっても上達しません。

そして、1ヵ月とか2ヵ月で劇的にリスニングが上達するみたいな奇跡は起こりません。

数カ月単位でコツコツとリスニング学習を続けて、少しずつ上達していく感じになります。

なので、リスニング学習に使う教材は、場所を選ばずに使えるスマホアプリが最強なんですよね。

まずはスマホアプリでリスニング学習を習慣化させてから、書籍などを使った学習に移るのがスムーズかなと思います。

英語リスニングに最強におすすめのアプリ10選【3日坊主にならない】

たとえば私はスタディサプリENGLISHというアプリを日課にしてますが、あれとかはリスニング力が確実にUPする&超絶続けやすいので、おすすめです。

スタディサプリENGLISH レベルチェック【口コミ&評判】スタディサプリEnglishの魅力と欠点を語りつくしてみた!

こんな感じで、今回の記事は終わりにしようかと思います。

リスニングに限らずですが、英語上達の秘訣は、正しい学習法を知った上で、それを確実に続けられるくらいのペースで進めることですね。

そして英語学習が習慣になったら、そこから一気に上達していきます。

あなたの英語学習を全力で応援しています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です