英語の聞き流しで効果を出す方法を3つ紹介【リスニング初心者へ贈る】

 
結局、英語の聞流しって効果あるの?ないの?
 
今回は、英語を勉強してる方なら誰もが一度は抱いたことがあるであろうこの疑問に丁寧に答えつつ、
 
初心者に効果的な聞き流しのやり方を3つ
 
紹介します。
「聞き流しは効果あるのか」という疑問にいきなり答えちゃいますが、ただ聞き流してるだけで英語が聞き取れるようになることはありません、、、
 
ですが、聞き流しの方法をちょっと工夫するだけで、初心者でもリスニング力をUPさせることができます。
そんなわけで、この記事の内容は下のような感じ。
 
  • 聞き流しが効果ない理由をわかりやすく解説
  • 初心者が聞き流しで効果を出すための方法3つ
  • 聞き流しにおすすめのアプリ3つ

では、いってみましょー(^^)/

英語の聞き流しは基本的に効果ありません【理由を説明するよ】

はじめに言っちゃいましたが、
 
聞き流し、基本的に効果ナシです(やっぱり)。
 
なぜか。
 

初心者は英語の音をほとんど知らない

そして、

知らない音をいくら聞き流しても、聞き取れるようにならない

からです。

ではでは詳しく説明していきます。

初心者は英語の音をほとんど知らない【僕も絶望した】

まず、リスニングに慣れてない初心者の方は、そもそも英語の「音」、つまり発音をほとんど知りません。

たとえば、

  • help
  • bottle
  • What are you doing?

の発音とかわかりますか?

  • ヘルプ
  • ボトル
  • ワットアーユードゥーイング?

みたいな感じだと思ってませんか?

それがですねぇ、、、

全然違うんですよ。

実際には、

  • ヘゥ
  • バロゥ
  • ワラュドゥイン?

みたいに発音されます。

英語のリスニング学習をはじめたての頃って、まじでこれの連発です。

自分が思ってる発音と実際の発音がかけ離れてるんですよね。

僕もはじめは「help」が「ヘゥ」って発音されてるのを聞いて、
 
「いや、”プ”どうした”プ”。これ絶対ヘルプって言ってねーじゃん。」
 
みたいに思ってましたが、そもそも僕が覚えていた「ヘルプ」っていう発音がデタラメだったんですよね、、、。
 
(当時の僕はそもそも自分が覚えてる発音が間違ってるという発想すらなかった。(笑))
 
そしてさらに絶望的なことに、
 
英語って発音されると音が変わったり消えたり、つながったりします。
 
ただでさえ発音を知らないのに、それが変わるとか、もう、ね…(笑)
 
そんな感じで、英語を文字から勉強してきた僕たち日本人は、英語の音を全然知らないんですよ。

知らない音は、いくら聞き流したところで聞き取れないまま

初心者は英語の音をほとんど知らない、ということはなんとなく納得していただけたと思います。

じゃあ、知らない音ばっかりのままで英語を聞き流したらどうなるか。

はい、知らない(=聞き取れない)ままです。

たとえばアフリカの謎の民族の言葉をCDで聞き流してても、まあ聞き取れるようにならないですよね、どう考えても。

たとえが大げさですが、同じことなんですよね。

つまり、知らない音だらけの英語をただ聞き流してるだけでは、どう頑張っても聞き取れるようにならないわけす。

余談:とはいえ、まったく効果ないわけじゃない

これは余談ですが、知らない英語を聞き流すことがまったく効果ないわけじゃありません。

ここで詳しくは説明しませんが、英語特有のリズムと強弱に耳を慣らすのには、効果あります。

ただ、やっぱりもともと聞き取れない音が聞き取れるようにはならないので、普通に聞き流してて明らかな効果を実感できる初心者の方は、ほぼいないんじゃないかと、、、。

初心者が英語の聞き流しで効果を出すための方法【3つあります】

適当に英語を聞き流してるだけでは正直あんまり効果ないですが、工夫次第で、初心者でもしっかり効果を出すことができますよ。

おすすめの方法は3つです。

  1. 聞き流す前に英語を文字で確認しておく
  2. 超簡単な英語を聞き流す
  3. 日本語と英語が交互になってる音声を聞き流す

詳しく紹介していきますね。

注意:ほんとにただ聞き流すのはNG

聞き流しでリスニングを上達させたいなら、

ただBGMのように英語を耳に入れてるだけ

みたいな聞き流し方は避けた方がいいですね。

常に集中する必要はないですが、少なくとも英語を「聞き取ろう」と意識しないと、どんなやり方をしても効果がなくなってしまうので注意です。

1.聞き流す前に英語を文字で確認しておく

一番間違いない方法。

いきなり英語を聞き流す前に、その英語がどんな内容なのか、あらかじめ文字を読んで確認しておくだけです。

スクリプト(音声を文字に書き起こしたもの)が付いてるリスニング音源を使いましょう。

こうやって文字で確認しておくと、初心者にありがちな「読めるのに聞けない」というギャップを無くしていくことができます。

たとえばさっきの例の

What are you doing?

なら、これをあらかじめ読んでおけば、

ワラュドゥイン?

って聞こえた時に、

「ああ、What are you doing ってこんな発音なのか!」

みたいに発見できますよね。

これの積み重ねが、リスニング上達の最初の一歩になります。

補足:想像してた音と絶望的に違う音が聞こえても気にしない!

もし自分が思ってる発音と実際の発音が全然違っても気にしないでください。

というのは、リスニングしてると、

「あれ、今”at”って言った?全然聞き取れないんだけどなにこれ」

みたいな事態がたびたび発生します。

こういうときは、「聞き取れない」んじゃなくて、「そもそも発音してない」んですよ。

この他にも、音がつながってたりとか、全然別の音になってたりしても、

「全然聞こえないけど、自分は耳が悪いのかな…(絶望)」

みたい思う必要はまったくないですからね。

聞こえた発音を、聞こえた通りに覚えればOKです。

2.超簡単な英語を聞き流す

自分にとって超簡単な英語を聞き流すのもアリですね。

中学教科書レベルの会話集とかいいと思います。

自分が意味を簡単に理解できるくらいの英語なら、たとえまちがった発音を覚えてても、正しい発音に気づけることがあるからです。

…ごめんなさいイマイチうまく説明できないので(笑)、超簡単な例をあげます。

たとえば、

「help」の発音を「ヘルプ」だと間違って覚えてたとしましょう。

そんな中、聞き流し中に

「ヘゥッミー!」

みたいに聞こえたら、

「あれ、今の”ヘルプミー”だよな?”プ”は発音されないのか!」

といった感じで、たぶん「help」の正しい発音に気づけますよね。

一方で、

「メアイヘゥマイセゥ?」

って聞こえても、これが

May I help myself?(取ってもいいですか?)

だと気づく方は、一気に減るはず。

つまり、おなじ単語の発音でも、自分にとって簡単な英語(Help me!)の中だったら聞き取れても、難しい英語(May I help myself?)の中だったら聞き取れないことがあるんです。

そして、こうやって簡単な英語を聞き流して正しい発音に気づいていくと、今度はちょっとレベルの高い英語を聞いても、聞き取れる可能性がぐっとあがりますよね。

「ヘゥッミー!」→「helpはヘゥみたいに発音するのか。」

「メアイヘゥマイセゥ?」→「このヘゥってもしかしてhelpじゃね?もしかして、May I help…みたいな?」

的な感じです。

もちろんこんなスムーズに聞き取れるようになっていくことはないですよ。

でも、少なくとも自分にとって明らかに難しいニュースとかTEDとか聞き流してるよりは、圧倒的に効果あります。

3.日本語と英語が交互になってる音声を聞き流す

英語と一緒に日本語音声が再生される教材とかあるじゃないですか。

あれも初心者の方におすすめです。

なぜなら、日本語がわかれば、仮に聞き流してる英語の発音自体は知らなくても、予想できるからです。

たとえば、「セーター」の発音を、思いっきりカタカナで「セーター」って覚えてたとしましょう。

この状態で、ただ

I’m looking for a sweater.
(アイムルッキンフォァー”スウェラー”)

という英語を聞き流してても、

「スウェラーってなんやねん。」

ってなって終了です。

でも、

「セーターを探してるんですが。」→「アイムルッキンフォァー”スウェラー”」

みたいに日本語と英語がセットになってる音声を聞き流せば、

「え、セーターって”スウェラー”って発音すんのか!!」

という感じで、セーターの正しい発音に気づくことができますよね。

こうやって正しい発音を覚えていけばいくほど、リスニングは上達していくんです。

こういう日本語と英語がセットになった音声ってYoutubeとかによくあるので、初心者向けのものを近々まとめます。

英語の聞き流しにおすすめのアプリ

アプリ

英語の聞き流しをはじめるなら、アプリがおすすめです。

スマホがあればどこでもサクッと聞けますし、今の英語アプリは1つあればいろんな使い方ができるものも多いですからね。

今回紹介するアプリはどれも有料で申し訳ないんですが、どれも聞き流しに心からおすすめできるアプリなので、是非検討してみてください。

ではいってみましょー(^^)/

1.英語聞き取り王国

英語聞き取り王国 聞き流し

簡単な英会話のリスニング問題を解いていくアプリです。

上記のとおり基本は問題を解くアプリなんですが、問題の会話はすべて聞き流しができるので、おすすめですね。

あと、会話の中で使えるフレーズは「マイフレーズ」に保存しておけば、それだけ集中的に聞き流すこともできます。

余裕があれば、コツコツ問題を解きつつ聞き流しをすると、より効果的ですよ。

英語聞き取り王国

英語聞き取り王国
¥120
posted withアプリーチ

2.Real英会話

Real英会話 聞き流し

超有名アプリですね。

リスニング用アプリではないんですが、ネイティブがよくつかう表現を簡単な会話とセットで聞き流せます。

聞き流しつつ、使えるフレーズを覚えたい方におすすめですね。

Real英会話

Real英会話
¥600
posted withアプリーチ

詳しくはこの記事を読んでみてください。

Real英会話ってどうなの?使い方と効果的な勉強法を徹底解説!

3.スタディサプリENGLISH

スタディサプリENGLISH 聞き流し

これもかなり有名なアプリです。

英会話を幅広く身につけられるアプリで、自分のレベルに合わせたオリジナルのストーリーを聞き流しできます。

上の2つのアプリよりもかなり機能が豊富なので、聞き流しをしつつ、しっかりリスニングを上達させていきたい方におすすめですね。

スタディサプリENGLISH【公式ページ】

詳しくは、下の記事を読んでみてください。

スタディサプリENGLISH レベルチェック【口コミ&評判】スタディサプリEnglishの魅力と欠点を語りつくしてみた!

初心者の英語リスニングは聞き流しからでOK!

今回は英語の聞き流しで効果を出す方法について紹介しましたが、はじめはあまり「効果的」とか気にせずに、適当に聞き流してるだけでもOKですよ。

ただ聞き流してるだけでも多少は効果ありますし、なんせ英語に触れる習慣を作るのには、聞き流しって最高なので。

そうやって聞き流しとかで英語に触れることが当たり前になってくると、

「もっと聞き取れるようになりたいぞ…!」

って思う時がくるんですよね。

そしたら、そのタイミングでやり方を工夫しても全然遅くありません。

以上、いきなり効果的を気にしすぎて挫折しまくってた僕からのアドバイスでした。(笑)

英語学習はなにより続けることからなので、初心者の方はまず英語に抵抗なく触れることができる聞き流しからスタートするのがおすすめです。

 おすすめ 英語リスニングに最強におすすめのアプリ10選

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です