英語を聞き流す前に絶対知っておくべきことと、効果的な聞き流しの方法

 英会話やリスニングを上達させるために、初心者の方が真っ先に思いつく勉強法が「英語の聞き流し」だと思います。

ですがよく言われているように、初心者がただ英語を聞流したところで、英会話はおろか、リスニングにさえもほとんど効果がありません。

それでも、聞流しは何か別のことをしながらでもできるので、忙しい社会人や主婦の方にとっては時間の有効活用という点で大きなメリットがあります。

では、英語を聞き流して英会話やリスニングを少しでも上達させる方法はないんでしょうか?

今回は、英語の聞き流しで効果を得るための方法と、聞き流し用の音声素材を用意しました。

是非、この記事の内容を参考にして、あなたの聞き流し学習にお役立てください!

 

聞き流しで効果を得るポイントは「理解できるか」にある

 英語を聞き流してもまったく効果が見込めないのは、聞いても理解できない英文を聞き流しているからに尽きます。

逆に言えば、聞いて理解できる英文であれば、聞き流しでも効果を得ることができます。

ちょっとだけ詳しく説明しますね。

 

英語を聞き取れない原因と、聞き流しでの解決策

まず、リスニングができるためには、音を聞き取ることができて、さらにその意味を理解することができなければいけません。

そして、英語でリスニングができない原因はいくつか考えられますが、初心者のうちに多い原因が、

[su_note note_color=”#f8fbfe” radius=”0″]
  • そもそも単語や表現を知らない
  • 単語の発音を間違って(カタカナ英語で)覚えてしまっている
    例:bottle ×ボトル→バロゥ
  • 英語の音の変化を知らない
[/su_note]

の3つです。

つまり、そもそも音を聞き取る段階でつまづいてしまっているのです。

音を正確に聞き取れないので、当然意味も理解できません。

では、こういった原因を解決するにはどうしたらいいのか。それぞれ見ていきましょう。

[su_note note_color=”#f8fbfe” radius=”0″]
  • 単語や表現を知らない
    →知っている単語や表現を増やす
  • 単語の発音を間違って覚えてしまっている
    →正しい発音を覚える
  • 英語の音の変化を知らない
    →聞いた音声の文字を確認して、音の変化の実態を知る&慣れる
[/su_note]

なんとなく想像できますか?

では、こういった原因は理解できない(聞き取れない)英語を聞き流すことで解決できるでしょうか?できないんですね。

英語の聞き流しで効果を得るためのポイントはここにあります。上でまとめた原因を聞き流しで解決するためには、

[su_note note_color=”#f8fbfe” radius=”0″]
  • 単語や表現を知らない
    スクリプトを確認して、単語や表現をチェックしてから聞き流す
    →9割がた知っている単語や表現だけの音声を聞き流す
  • 単語の発音を間違って覚えてしまっている
    スクリプトを確認して、単語の正しい発音をチェックしてから聞き流す
  • 音の変化を知らない
    スクリプトを確認して、音の変化の実態を知ってから聞き流す
[/su_note]

つまり、”スクリプトを確認”して、音声を理解できる状態にしてから聞き流すことで、リスニングを上達させることができるんです。

 

スクリプトを見てから聞き流したらリスニングにならない?

「スクリプトを見てから音声を聞くんじゃ、リスニングトレーニングにならないんじゃないの?」

中にはこう思われる方もいると思います。

確かに、いつまでもこの方法を続けても、いつかリスニング上達は頭打ちになります。

ですが、初心者のうちはむしろ事前にスクリプトを確認してからリスニングをした方が効果的です。

なぜなら、音として理解できる単語、表現、英文をたくさんインプットすることで、聞き取れない英語を減らしていくことができるからです。

例えば、下の音声を聞いてみてください。一回で聞き取れるでしょうか?

 

ある程度リスニング力のある方なら聞き取れるかもしれません。

ですがリスニングに慣れていない方は、細かいところか、もしくはまったく聞き取れないと思います。

こんな状態で何度音声を聞いたところで、いつまでたっても聞き取れません。時間と労力の無駄です。

それなら、実際にスクリプトを確認してからだとどうでしょう?

[su_note note_color=”#f8fbfe” radius=”0″]

Can I get a drink started for you?
「はじめにお飲み物をお持ちしてもいいですか?(お持ちしましょうか?)」

Can I + 動詞原形:(動詞)してもいいですか?

[/su_note]

きっと、もう先ほどの音声はこのようにしか聞こえなくなるはずです。ここで、「Can I get ~」の使い方を意識しながら、先ほどの音声を10回聞いてみてください。

10回聞きましたか?

では、今度は下の音声を聞いてみてください。

 

どうでしたか?さっきよりもずっと聞き取れたのではないでしょうか?

スクリプトは、

[su_note note_color=”#f8fbfe” radius=”0″]

Can I get a credit card number?
「クレジット番号を頂いてもよろしいですか?」

[/su_note]

です。

ここで、最初の音声を聞いたときに「Can I get a」の部分がうまく聞き取れなかった方は、スクリプトを確認して音と文字を一致させたことによって、2つ目の音声ははじめから聞き取れたはずです。

また、「Can I ~」の使い方を確認したので、きっと意味も理解できたのではないでしょうか?

ちょっと英語に慣れている方なら、もう「Can I ~ 」を使ったこの程度の文は、頭に日本語を浮かべることなく意味がわかったと思います。これが、英語を英語のまま理解する感覚です。

初心者のうちは、このようにスクリプトを確認して聞き取れる音、理解できる音を増やしていけば、リスニングを上達させることができるんです。

[su_note note_color=”#fff” radius=”0″]

※ 注意

スクリプトを確認した上で英語を聞き流すと効果があるとお伝えしましたが、当然、さらに音読系のトレーニングを行った方が圧倒的に効果的です。

リスニングは聞き流しだけでOKだと言っているわけではありませんので、そこは前提としてください。

[/su_note]

 

英語の聞き流しでスピーキングを上達させることはできるのか?

 英語の聞き流しでリスニングを上達させるためには、あらかじめスクリプトを確認するなどをして、理解できる英文を聞き流すと効果的だというお話をしました。

では、これがスピーキングとなるとどうでしょう?

よく英会話教材などの売り文句で、「聞き流すだけで話せるようになる!」というものがありますが、本当なんでしょうか?

私は、聞き流す素材によっては、少しでもスピーキングを上達させることはできると考えています。

 

決まったパターンがまとめられた素材を聞き流す

スピーキングの上達が目的で英語を聞き流すなら、リスニングに使うようなストーリー性のある素材はおすすめしません。

聞き流しによるスピーキング上達に期待できるのは、何度も同じ英語を聞くことでその文を覚えられるということです。

なので、いつも決まった形で使われる、かつ実用的なフレーズを繰り返し聞き流すことで、少しはスピーキングの上達が見込めるというわけです。

パターンさえ覚えてしまえば、後は音読してスムーズに発音できるようになれば、そのままスピーキングの上達につながりますからね。

実用的、かつ決まったパターンのフレーズの例をあげておきます。

[su_note note_color=”#fff” radius=”0″]
  • Let me ~ :「(私に)~させて。」
  • That’s why ~ :「だから~なんだ。」
  • I used to ~ :「以前は~したものだった。」
  • I’m going to ~ :「~するつもりだ。」
  • I want to ~ :「~したい。」
  • Can I ~ ? : 「~してもいい?」
  • I feel like ~ :「~したい気分だ。」
  • I’m looking forward to ~ :「~を楽しみにしている。」
  • I’m sorry to ~ :「~してごめん。」
  • Thank you for ~ :「~してくれてありがとう。」
[/su_note]

英会話初心者なら、まずはこういった基本パターンを覚えて使えるようにするだけでも、旅行先などではぐっと英会話ができるようになります。

ただしはじめにお伝えした通り、聞き流すときはあらかじめその英文を理解してからにしてくださいね。

[su_note note_color=”#fff” radius=”0″]

※ 注意

聞き流しで文を覚えることはできますが、文を組み立てられるようにはなりません。なので、聞流しでペラペラにはなりません。

また、英文を覚えることはできますが、スムーズに話すためには実際に英語を口に出すトレーニングが必要です。その前段階として、決まったフレーズを聞き流すことでスピーキングの上達が見込めるということです。

[/su_note]

 

聞き流しの第一歩!

 ではこれまでの内容を踏まえた上で、実際に聞き流し学習の第一歩を踏み出してみましょう!

今回は、BRITISH COUNCILより、初心者向けのダイアログ音声をピックアップし、簡単な解説を加えてみました。

音声は、リンク先のBRITISH COUNCILから無料でダウンロードできます。

Shopping for clothes

[su_note note_color=”#fff” radius=”0″]

無料音声ダウンロードはこちらへ:BRITISH COUNCIL:Shopping for clothes

[/su_note]

スクリプト

Shop assistant:  Can I help you?
Customer:  Yes, have you got this T-shirt in other colours?
Shop assistant:  We’ve got it in white, black, red and purple. What size do you want?
Customer:  Medium.
Shop assistant:  OK, in medium we’ve got black and red.
Customer:  And in purple?
Shop assistant:  No, just black and red.
Customer:  OK, red. Can I try it on?
Shop assistant:  Yes, of course. The changing rooms are over there.
(pause)
Shop assistant:  Is it OK?
Customer:  Yes, I’ll take it.
Shop assistant:  That’s £10.95. Would you like to pay by credit card or with cash?
Customer:  Cash please. Here’s twenty.
Shop assistant:  OK, thanks, that’s nine pounds, 5 p change and here’s your receipt.
Customer:  Thanks. Bye.

BRITISH COUNCILより引用しています。また、そのまま使えるフレーズは太文字にしてあります。

 

日本語訳

ショップ店員:何かお探しですか?
女性客:はい、このTシャツの別の色はありますか?
ショップ店員:白と黒、赤と紫がありますよ。何サイズをお探しですか?
女性客:ミディアムです。
ショップ店員:わかりました、ミディアムサイズなら、黒と赤がございます。
女性客:紫はありますか?
ショップ店員:いいえ、黒と赤だけなんです。
女性客:そうですか、じゃあ赤で。試着してもいいですか?
ショップ店員:もちろんです。試着室はあちらにございます。

ショップ店員:いかがですか?
女性客:いいですね、これをください。
ショップ店員:10.95ポンドでございます。クレジットカードでお支払いですか、それとも現金でお支払いですか?
女性客:現金でお願いします。20ポンドで。
ショップ店員:はい、ありがとうございます、9ポンドと、5ペンスのお返しと、レシートでございます。
女性客:ありがとう。

 

英文解説

Can I help you?
直訳すると、「あなたをお手伝いしてもいいですか?」という意味です。一般的な日本語訳は、「何かお困りですか?」といった感じです。
ショッピング時に店員にがお客さんによく使うフレーズで、丁寧な言い方にすると、「May I help you?」になります。
 
have you got this T-shirt in other colours?
have + 過去分詞」を使った現在完了形です。ここでは、「get(何かを得る)という状態の継続」を表しています。
つまり、「在庫を得ている状態が続いていますか=在庫がありますか」という意味です。ですが、実際には完了形の訳をあまり深く考える必要はありません。
 
完了形がややこしいという方は、単に「Do you have this T-shirt in other colours?」でもOKです。
 
We’ve got it in white, black, red and purple. 
We’ve」は「We have」を短縮したものです。同じく、現在完了形で、状態の継続を表しています。
 
What size do you want?
直訳すると、「あなたは何サイズが欲しいですか?」という意味になります。
 
Can I try it on?
try ~ on」で「~を試着する」という意味です。ショッピングのときにとっても使えるフレーズですので、覚えておきましょう!
 
Yes, of course. The changing rooms are over there.
of course」は「もちろんです。」という意味。「over there」は「向こうに、あそこに」という意味になります。
 
Is it OK?
直訳すると、「それは大丈夫ですか?」という意味です。この場合は、「サイズは大丈夫ですか?」ということですね。
 
I’ll take it.
「I’ll」は「I will」を短縮した形です。
この「I’ll take ~.」は「~をショッピングやレストランなどで、何かを買うとき、注文するときにそのまま使えるフレーズです。
 
Would you like to pay by credit card or with cash?
Would you like to + 動詞の原形」で、「~したいですか?、~しませんか?」という意味になります。
そのまま使える表現ですので、覚えておきましょう!
 
Here’s twenty.
「Here’s」は「Here is」を短縮した形です。
Here is ~」で「こちらが~です。」という意味です。また、「~」が複数のものだと、「Here are ~」になります。
 

 

聞き流し=効果がないと決めつけてはいけない!

 いかがでしたか?

英語の聞き流しというと、ただただ効果がないと言われてしまいがちですが、ちょっとした準備をするだけでも効果はしっかりと得ることができます。

なので、これから英語の聞き流し学習をはじめようと思っている方は、是非、ちょっと時間が空いたときにでもスクリプトを読み込んでから、聞き流し学習に取り組んでくださいね!

そうすれば、あなたのリスニング力は確実に上達していきます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です