【英語リスニング】初心者が上達する勉強法【おすすめ教材も紹介】

リスニングができるようになりたいんだけど、初心者は何をどうやって勉強したらいいのかな?上達するやり方とか、おすすめの教材があれば教えてほしい。

今回はこういった疑問に答えるために、

  • リスニングを上達させるために初心者がやるべきこと【2つ】
  • 初心者むけの具体的なリスニング学習法【5ステップ】
  • 初心者におすすめのリスニング教材・アプリ

をまとめて紹介します。

私は昔、英語の勉強法の勉強にハマっていた時期があったので、リスニングの上達にはほとんど苦労しませんでした。

どうやったらリスニングができるようになるのか、スタートの時点で大体わかってたからです。

そして実際にそのとおりにやって普通にリスニングができるようになったので、そういった背景からこの記事をシェアします。

初心者の方は、このとおりにやれば「絶対に」一定レベルまではリスニングが上達するので、是非参考にしてみてください。

英語のリスニングを上達させるために初心者がやるべきこと【2つ】

結論から言いますと、「中学レベルの基本英語」

  1. 語順のまま理解できるようにすること
  2. 発音とセットで覚えること

です。

もう少し深掘りして説明していきます。

1.英語を語順のまま理解できるようにする

中学レベルの英文を、いったり来たり「返り読み」するのではなく、「英語の語順のまま」理解できるようにしてください。

リスニングでは、聞いた英語を前から順番に理解していかないと、絶対に追いつけなくなるからです。

「英語の語順のまま理解する」というのは、例えば、

I’m looking forward to spending time with my family.
(私は家族と過ごすのを楽しみにしています。)

という文を、

I’m looking forward to(私は楽しみにしている)/

spending time(時間を過ごすことを)/

with my family.(家族との)

といった感じで、「意味のわかるかたまりごと」に、前から理解するということです。

「どこで区切ったらいいのか」と考える方がいるかもしれませんが、「意味がわかるかたまりならどこでもいい」です(なんなら区切らなくったっていいです)。

もし「意味のわかるかたまりがわからない」なら、文法力(もしくは単語力)不足なので、最低限の文法を勉強することからはじめることをおすすめします。

重要なので繰り返しますが、リスニングを上達させたいなら「返り読み」は100%NGです。このクセがある限り、リスニングは一生できるようになりません。

「返り読み」の元凶である和訳問題は、日本の学校英語教育の大きな罪ですね…。

2.中学レベルの英語を発音をセットで覚える

中学英語とその発音をセットで覚えていくことも必須です。

リスニング練習をはじめたころだと、「知らない単語はないし、簡単な英語なのに聞き取れない」という経験をすることがよくあります。

この原因は、基本的に

  • 単語の発音を間違って覚えている
  • 英語の音の変化に慣れていない(単語がつながったりとか)

の2つです。

英語が聞き取れない5つの原因と実際に効果があった解決策まとめ

こういう「知ってるのに聞き取れない」を解決するためのはじめのステップが、「英語の音と文字をセットで覚えること」なんですね。

例えば、

  • help:×「ヘルプ」→〇「ヘゥ」
  • What are you doing?:×「ワットアーユードゥーイン?」→〇「ワダユドゥィン?」

みたいな感じで、「間違って覚えていた発音or知らなかった発音」を、「本来の発音」におきかえて覚えていくわけです。

この作業を、中学レベルの英文を使ってたくさんこなしていきます。

発音とセットで覚えた英文が増える=聞き取れる英語が増えるということでして、結果的にリスニング力がUPするんですね。

もちろんこれだけやっててなんでも聞き取れるようにはなりませんが、初心者のリスニング学習のスタートはここからです。

英語の音声変化についても知っておこう

英語には単語の音がつながったり短くなったりと「音声変化」があるので、その辺も意識しながら発音を覚えていくのがベストです。

単語1つ1つ正しい発音を覚えても、文になったら全然変わったりしますからね。

英語の音声変化に関しては下の記事に詳しくまとめてるので、参考にしてみてください。

英語の音声変化6パターンと聞き取る方法まとめ【音声具体例つき】

初心者がリスニングを上達させるための具体的な勉強法【5ステップ】

では、具体的なリスニング勉強法を紹介します。

もう一度おさらいしておきますと、リスニング上達のために初心者がやるべきなのは、

「中学レベルの基本英語」を「語順のまま理解できる」ようにしたうえで、「発音とセットで覚える」こと

です。

具体的には、下の5つのステップになります。

  1. 音声を2~3回聞く:省略OK
  2. ディクテーションをする:省略OK
  3. スクリプトを確認して、英文を語順のまま読めるようにする:必須
  4. 意味のわかるかたまりを意識しながら、音声の真似をして音読する:必須
  5. 音声だけをひたすら聞く:省略OK

「省略OK」のステップは、「やれば上達が加速するステップ」です。

逆に、「必須」のステップは、「やらないと上達しないステップ」です。

自分の学習スタイルや時間、労力などを考えて、アレンジしてみても大丈夫ですよ。

では、各ステップについて詳しく説明してきます。

1.英文の音声を2~3回聞く

まずは用意した素材の音声を「内容を理解すること」を重視して、何回か聞いてみてください。2~3回がいいかなと思います。

このステップの目的は、「シンプルにリスニングの練習」と「自分の実力チェック」です。

このステップは省略してもいいですが、やっておくと

  • リスニング学習を続けていく中で、上達が実感できる
  • 音を聞いて内容を理解するという、リスニングの基本練習ができる

というメリットがあります。

2.ディクテーションをする

次は、音声を聞いて英語を書き取る「ディクテーション」をやります。

「これ以上書き取れない」と思うまで、音声を聞き込みます。5~10回くらいですかね。

このステップの目的は、「自分が聞き取れない英語をハッキリさせること」です。

自分が聞き取れない英語がハッキリすると、その音が圧倒的に記憶に残りやすくなります。その分リスニングの上達が加速するということです。

ディクテーションはとても効果的なリスニング学習法なんですが、「時間がかかる&めんどくさい」ので、省略してもOKです。

ディクテーションの詳しいやり方は、下の記事も参考にしてみてください。

ディクテーションの効果と具体的なやり方まとめ【やる意味ある?】

3.スクリプトを確認して、英文を語順のまま読めるようにする

次は、スクリプト(英語音声を文字にしたもの)の英文を、「意味のわかるかたまり」ごとに、語順のまま読めるようにします。

もう一度さっきの例をあげますが、

I’m looking forward to spending time with my family.

(私は家族と過ごすのを楽しみにしています。)

 

I’m looking forward to(私は楽しみにしている)/

spending time(時間を過ごすことを)/

with my family.(家族との)

といった感じですね。

このステップは必須でして、これを「ただ日本語訳と照らし合わせる」だけだと上達しないので気をつけてください。

目的ははじめにも言いましたが、「英文の意味を前から理解できるようになること」です。これができないとリスニングはできません。

読めるようになるためには当たり前ですが、わからない文法や単語、表現があれば、調べてください。

  • I’m looking forward to (動詞)ing~
    「私は(動詞)することを楽しみにしている」
  • spend
    「過ごす、費やす」

慣れるまではちょっと難しいかもしれませんが、続けていくと絶対に前からスラスラ読めるようになるので、安心してくださいね。

4.「意味のわかるかたまり」を意識しながら、音声を真似して音読する

4つめのステップです。

ここでは、前のステップで読めるようにした「意味のわかるかたまり」を意識しながら、音声をそっくり真似して音読します。

このステップの目的は、

  • 正しい発音を覚えて、聞き取れるようにすること
  • 音を聞いて、語順どおり前から理解できるようになること

の2つです。

リスニングで重要な事実に、「自分が発音できる音は聞き取れる」という科学的な根拠があります。

つまり、実際に音声のマネをして発音することで、その英語の音が記憶され、聞き取れるようになるんですね。

さらに、内容を考えながら音読することで、強制的に音声を聞いて前から語順どおりに意味を理解する練習になります。

音読の具体的なやり方は、また別の記事で詳しくまとめるので待っててくだい。

正確に言うと絶対音読しなきゃいけないわけでもないんですが、その方が圧倒的に効果的ですし、とにかく「文字と発音をセットで覚えること」は必須なので、丁寧にやりましょう。

補足:あらかじめ発音を勉強しておくべき?

発音についてですが、できれば学んでおいた方がいいです。

あらかじめ発音を学んでおけば当然「マネ」の精度が上がりますし、精度が上がればそれだけ聞き取り力がUPしますからね。

ただやってみるとわかるんですが、発音って「どのレベルで完成とするか」が判断しづらいので、やり込んだらキリがなくなるんですよね。

なので、発音の勉強は最低限、母音と子音の「口の形(音の出し方)」、「実際の音」を知っておく程度にしておいて、「自分がキレイに発音できるかどうか」には、最初はこだわらなくていいと思います。

5.音声だけをひたすら聞く

最後のステップでは、音声だけでひたすら聞き込んでください。

家事をしながら、運転しながらなど、「ながら聞き」でOKです。

このステップの目的は、「完全にリスニングができるようになった英語を、長期記憶に変えること」です。

4つめのステップまでで、その英文は「完全に聞き取れる&意味も理解できる」ようになるわけですが、ここで終わってしまうと、時間が経ったらまた聞き取れなくなることがあります。

これを避けるために、普段のながら聞きで何度も繰り返し音声を聞いて、「いつ聞いても聞き取れる状態」を目指します。

このステップは省略OKですが、ここまでやるとリスニング力はかなり定着していきますよ。

初心者におすすめの英語リスニング教材・アプリ

 

ここからは、初心者のリスニング学習におすすめの教材・アプリを3つ紹介します。

リスニング学習法は先にまとめたとおりなので、是非やってみてください。

  1. 一億人の英文法
  2. スタディサプリENGLISH
  3. ぜったい音読 入門編

また、おすすめのリスニングアプリを別の記事でもまとめてるので、そちらも合わせて参考にしてみてくださいね。

英語リスニングに最強におすすめのアプリ10選【3日坊主にならない】

1.一億人の英文法

有名な文法書です。

各例文に音声がついてるので、それを使ってリスニング学習をやっていきます。

文法書なので、文法が苦手な方のリスニング向けですね。解説を読みつつ、文法項目ごとに特化してリスニングできるのがメリットかなと思います。

文法に特化したリスニングは効率的ですが、あんまり楽しくはないです。

音声は別売りのCDでも手に入りますが、「東進ブックス」のアプリを使えば、リスニングの学習形式を細かくアレンジできるので、超絶おすすめですね(※iPhone版のみ)。

東進ブックスStore

東進ブックスStore
無料
posted withアプリーチ

2.スタディサプリENGLISH

スタディサプリENGLISH

このブログではたびたび紹介している、有名な英会話学習アプリです。

自分のレベルに合った楽しいストーリーに沿って、徹底的にリスニングをやり込めます。

学習モードには、

  • 会話音声を聞いて内容を理解する練習ができる「内容理解チェック」
  • 会話音声の「ディクテーション」
  • 文法や単語の解説
  • 会話の登場人物になりきって発音練習ができる「なりきりスピーキング」

などがありまして、先に紹介した初心者むけリスニング学習がこのアプリだけでサクサクできるので、かなりおすすめです。

ただ、文法は網羅的に解説されてるわけではないので、「Do you like soccer?」くらいの英語もイマイチよくわからないという方は、さすがに使わない方がいいですね。

あと、TOEICなどの試験のために英語を勉強している方にも、あまり向いてないです。

スタディサプリENGLISHは私も使って長いので、詳しくは下の記事でまとめています。

スタディサプリENGLISHスタディサプリEnglishの全機能をまとめて紹介!どんな人におすすめ?

3.ぜったい音読 入門編

中学の英語の教科書から選ばれた素材をリスニングできる、音読教材です。

素材が中学の英語の教科書なので、ターゲットが完全に基礎英語なのが最高ですね。

この教材の英語が全部完璧に聞き取れるようになれば、リスニング力がワンランクUPすることは間違いありません。

ただ、日本語訳や文法解説は一切ないので、中学レベルの英語の内容をある程度理解している方向けです。

さいごに:リスニング上達は難しくない。あとは「続けられるかどうか」

初心者にとってリスニングは何をどうやったらできるようになるかわからないと思いますが、やること自体はわりとシンプルです。

  • 英文と発音セットで覚える(=聞き取れる英語を増やす)
  • 語順のまま英語を理解できるようになる(=聞いた英語を理解できるようにする)

まずはこの2つを中学レべㇽの英語を使ってたくさんやり込むだけですからね。

結局難しいのは、これを「続けること」です。

やれば絶対リスニングが上達するのに、ほとんどの人は学習自体を続けられないんですよね。私もそうでした。

だからこそ言っておきますが、いきなり頑張ろうとしたらダメです。

まずは1日1文でもいいので、さっそく今日からリスニング学習をはじめてみてください。習慣になれば勝ちです。

本当に、やるか、やらないかですよ。

あなたの英語学習を全力で応援しています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です