英語のリスニング力をぐっと上げるコツ5つ【ポイントは聞き方です】

リスニングができるようになりたくて英語を聞いてるんだけど、全然聞き取れるようにならない。なにかコツみたいなのはあるのかな?リスニングができる人のアドバイスがあれば聞きたいな。

今回はこういった疑問に答えるために、

  • 英語がぐっと聞き取りやすくなるリスニングのコツ【5つ】
  • コツをつかむだけじゃリスニングはできるようにならない事実と解決策

をまとめていきます。

私は英語学習をはじめてから5年以上たちますが、今ではネイティブとの日常会話にも困らないほどリスニングができるようになりました。

そんな私が普段英語を聞いているときの頭の中を、「リスニングのコツ」という形であらためて文章にしてみたのが今回の記事です。

リスニングができなくて悩んでる方にとってはわりと目からウロコの内容だと思うので、是非読んでみてください。

英語がぐっと聞きやすくなるリスニングのコツ【5つあります】

英語をリスニングするときのコツは、下の5つです。

  1. 意味を考えようとしない
  2. 語順のまま、意味のわかるかたまりを意識して聞く
  3. リズムと強弱を意識して、強調されている単語をしっかり聞き取る
  4. 出だしを聞き逃さない
  5. 「音が聞き取れない=意味がわからない」と思い込まない

意識して考えてみると、私は普段こんな感じで英語を聞いてるかなと思います。

それぞれ詳しく説明していきますね。

1.意味を考えようとしない

リスニングをするときは、意味を考えようとしないでください。

リスニングの「音を聞き取ること」と「意味を理解すること」は別のスキルが必要でして、両方に意識を集中させることはできないからです。

つまり、意味を考えようとすると、その間に肝心の音を聞き逃して理解不能になるということですね。

意味を理解するためにはそもそも「音」を聞きとらないといけないのに、その音を聞き逃したら、当然リスニングはできません。

意味を考えたらダメなら、どうやって内容を理解するのさ?

こんな疑問が生まれると思うので回答しておきます。

結論としては、自分の中で「英語のまま理解できる英文をたくさん増やすこと」が解決策です。

英語のまま理解するっていうと難しく感じるかもしれませんが、例えば、

  • apple
  • I’m Japanese.
  • Do you like chocolate?

とかは、パッと読んだらすぐに意味がわかりますよね?まるで日本語かのように。

おそらく、頭の中で一々「意味を考えようと」した方はほぼいないと思います。

こういう「英語のまま理解できる英文(単語)」を、たくさん増やしていくわけです。

そうすれば、リスニングのときに「意味を考えること」に意識を集中させなくて済むので、音さえ聞き取れればそのまま無意識に意味がわかるようになります。

英語を英語のまま理解するための効果的な勉強法が、「音読」です。

【経験談】英語の音読は絶対にやるべき【5つの効果】

2.英語の語順のまま、意味のわかるかたまりを意識して聞く

1つ前のコツで、「意味を考えようとしない=英語のまま理解しないといけない」と言いました。

その時に重要なコツが、「語順のまま、意味のわかるかたまりを意識して聞くこと」です。

英語のまま理解する=日本語に訳そうとしない、ということでして、そのためには英語の語順のまま意味を理解しないといけません。

英文を後ろから訳すみたいな「返り読み」はNGだということです。

そしてさらに、意味のわかるかたまりを意識して聞くことで、長めの文を聞いても英語のまま理解できるようになります。

例えば下の英文なら、

You’ll have a good view / of the harbor / from your bed room window.
良い景色が見れる / 港の / ベッドルームの窓から

といった感じです。

この英文をまるまる英語のまま理解しろと言われたら難しく感じると思いますが、こうやって小さなかたまりに区切ったら、できそうな気がしませんか?

リスニングで意味を理解しているときって、こんな感覚なんですよね。

さらに補足しておくと、英語は文のはじめに主語や動詞など重要な内容がきて、そのあとにそれを補足する情報をポンポンと足していく言葉です。

つまり語順が決まってるので(これが文型ってやつです)、文の流れがある程度予測できるんですよね。

そして最終的には、この予測が無意識レベルでできるようになります。

そのレベルまで達すると、もはや日本語と同じような感覚で英語が聞けるモードになれるわけです。

3.リズムと強弱を意識して、強調されている単語をしっかりと聞き取る

英語には特有の「リズムと強弱」がありまして、意味的に重要な単語を強くハッキリと発音する一方で、重要じゃない単語を弱く流すように発音します。

そしてこの強弱を、一定のリズムを刻みながら話すんですね。

リスニングではこの「リズムと強弱」に意識を集中させて、「強く発音されている単語」をしっかりと聞き取ることがコツです。

そして逆に、「弱く発音されている単語」は意識的に聞き取ろうとしてはいけません。

なぜなら、弱く発音される単語は音の変化が激しいので、集中して聞き取ろうとするだけムダだからです。

そもそも話す側だって聞き取ってほしいと思ってないんですよ。だから適当に発音するんです。

そうやって強調されない部分にまで意識を集中させてたら、本来聞き取らないといけない部分を聞き逃して、わけがわからなくなります。

なので、リスニングのときは一語一句聞き取ろうとせずに、強調された単語だけを拾うように聞く意識が必要です。

英語の音の変化やリズムと強弱について詳しくは下の記事も参考にしてみてください。

英語の音声変化6パターンと聞き取る方法まとめ【音声具体例つき】

補足:弱く発音される単語は聞き取れてないの?

さっき「弱く発音する単語は聞き取ろうとしたらダメ」と言いましたが、じゃあリスニングのときにこういった単語が聞き取れてないのかというと、そうじゃありません。

弱く発音される単語は、「文法や表現上必要な単語」の場合がほとんどなので、文法や文脈などの知識で無意識に単語を補って聞いています。

その結果、文全体を正確に聞き取ってるんです。

「聞き取ってる」というよりは、「わかる」感覚に近いですね。

4.出だしを聞き逃さない

さっきちょっとだけ触れましたが、英語は重要な内容(主語+動詞)が文のはじめにくるので、「出だしを聞き逃さないこと」もリスニングのコツです。

例えばさっきの文なら、

You’ll have a good view / of the harbor / from your bed room window.

良い景色が見れる / 港の / ベッドルームの窓から

太文字の部分ですね。

これが例えばホテルにチェックインしたときの会話だったとします。ルームキーを渡されて、

「You’ll have a good view…(良い景色が見れますよ…)」

と言われたら、「部屋からの眺めが綺麗なんだな」ってだいたい想像できますよね。

逆に、

「…from your bed room window.(…ベッドルームの窓からね。)」

しか聞き取れなかったら、「え、窓から何?窓開けちゃダメとか…?」みたいになるかもしれません。

そんな感じで、リスニングのときは文の出だしさえしっかり聞き取れれば、最悪あとの方がよく聞き取れなくてもなんとかなることも多いんです。

もちろんどんなときも100%これが通用するわけでもないですが、少なくとも出だしを聞き逃さないように意識することは、かなり大切かなと思います。

5.「音が聞き取れない=意味がわからない」と思い込まない

リスニングのときは、音だけに頼って聞き取ろうとしない方がいいです。特に会話のときです。

ちょっと言い換えると、「音が聞き取れなきゃ絶対意味がわからない」と思い込まないでください、ということですね。もっとリラックスしましょう。

日本人はテストのために英語を勉強してきたからか、「英語が聞き取れない=意味(解答)がわからない」みたいに、ネイティブの英語を聞いたらそれだけでパニックを起こす方がよくいます。

ですが、実際のコミュニケーションでは音がイマイチ聞き取れなくったってなんとなく意味がわかることも多いんですよね。

シチュエーションや会話の流れ、相手の表情、イントネーションなど、音以外の情報だって使っていいんですよ。というか使ってください。

日本のラーメン屋で会計後に「ありゃあしゃぁ~」って言われても「ありがとうございました」だってわかりますよね。これを音だけに頼ったら理解不能です。

もちろん母国語だからっていうのもありますが、英語だって、そんな感じでもっとラフに聞いた方がいいんです。

そもそもリスニングの本質は内容を理解することで、音を聞き取ることじゃないですからね。

【注意】英語リスニングは「コツ」をつかむだけじゃ上達しません

リスニングのコツを5つ紹介しましたが、じゃあこういったコツを意識しながらリスニングすれば上達するのかと言いますと、それだけじゃ上達しません。

その前にまず、

  • 聞き取れない英語を聞き取れるようにする
  • 意味がわからない英語をわかるようにする

ことが必要です。

例えば単語の正しい発音を覚えたり、音が変化した英語の発音を覚えたり、単語や文法の知識を身につけないといけないんですね。

そもそもとしてこういうインプットがたくさんないと、いくらコツをつかんだところで意味がありません。

なので、リスニングができない方はまず「聞き取れるかつ意味も理解できる英文」を、自分の中にたくさん増やしていってください。

リスニング上達のスタートはそこからです。

リスニングの詳しい学習法については、下の記事が参考になるかと思います。

【英語リスニング】初心者が上達する勉強法【おすすめ教材も紹介】

まとめ:英語のリスニング上達のためにやることはハッキリしてます

最後に、本記事の内容をまとめておきます。

リスニングをするときのコツは、

  1. 意味を考えようとしない
  2. 英語の語順のまま、意味のわかるかたまりを意識して聞く
  3. リズムと強弱を意識して、強調されている単語をしっかり聞きとる
  4. 出だしを聞き逃さない
  5. 「音が聞き取れない=意味がわからない」と思い込まない

の5つでして、それに加えて、

聞き取れる、かつ意味がわかる英文をたくさんインプットする

ことが、リスニング上達の最初の一歩になります。

リスニングは英語4技能の中でも最難関ですが、上達するための方法はだいたい確立してるんですよね。やるか、やらないかです。

このブログでもリスニング上達に関する記事をいろいろ書いてるので、是非、目をとおしてみてください。

【悲報】英語のリスニングは毎日やっても上達しません【解決策を紹介】英語リスニングで理解が追いつかない原因と解決策英語のリスニングで理解が追いつかない原因2つ【解決策も解説】【英語リスニング】初心者が上達する勉強法【おすすめ教材も紹介】

リスニングの上達ルートがハッキリと見えるはずです。

あなたの英語学習を、全力で応援しています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です