英会話フレーズを”使って”覚える。英語学習アプリ「TALKING Marathon(トーキングマラソン)」

英語学習教材のパイオニア「アルク」が、新しい英語学習アプリの販売を開始

 今月12月初めに、単語帳「キクタン」やリスニング教材「ヒアリングマラソン」などでおなじみの株式会社アルクが、iOS向けに英語学習アプリ「TALKING Marathon(トーキングマラソン)」の販売を開始しました。※android版は来年の販売になるようです。:2017.12.13現在の情報

英語学習書籍として高く評価されているアルクの「キクタン英会話」がベースとなっており、日常英会話や旅行英会話など、幅広いシチュエーションで使える厳選された英会話フレーズを”使える”ようになることを目的にしています。

利用料金は月額制(3,980円税別)で、現在2週間の無料お試しサービスが利用できるので、早速使ってみることにしました。

TALKING Marathon 公式ページ

英語を話す練習に特化したアプリ。「TALKING Marathon(トーキングマラソン)」とは?

 簡単な英語でも、いざ話そうとすると口から出てこない。英会話を学習したことがある方なら、誰しも経験したことがある思います。

トーキングマラソンは、この”口から英語が出てこない”という悩みを解決するための、英語を話す練習に特化したアプリです。文法は大体理解しているつもりだし、リスニングはある程度できるのに、話せない。そんな英語中級者向けの学習アプリですね。

では、トーキングマラソンがどんなアプリなのか、簡単に説明していきます。

実際にフレーズを”使って”覚えていく

トーキングマラソンは、実用的なフレーズや表現パターンをまるごと覚えていくスタイルの学習を基本としています。文法や単語を組み立てて会話をする練習というよりも、まずはフレーズを確実に覚えて、とっさの一言が口から出てくるようにするための練習をしていくということです。

そしてこのアプリの最大の特徴は、実際のシチュエーションを想定した会話の中で、フレーズを”使って”覚えていく、という点です。

ただフレーズを繰り返し聞いたり、音読して覚えるだけではなく、実際に会話のキャッチボールとしてフレーズを使いながら覚えていくことができるんですね。肝心の「会話」に慣れることができるという点で、とても魅力的な仕組みです。

3つのステップでフレーズを”使える”ように

トーキングマラソンには、日常会話や旅行先など様々なシチュエーションでの会話が用意されています。そしてその会話ごとに、使えるフレーズを学習していくのが基本的な流れです。

フレーズの学習は以下の3つのステップで構成されています。

  1.  RUN:まずは会話してみて、自分が話せないフレーズを確認
  2.  WORK OUT:フレーズを繰り返し音読して覚える
  3.  RUN AGAIN:もう一度会話にチャレンジし、覚えたフレーズを使ってみる

この3ステップがたったの5分程度で学習できるようになっているので、英語学習に中々時間が取れない方でも続けやすくなっているのがありがたいですね。

では各ステップについて簡単に説明していきます。

1.「RUN」

まずはいきなり実践からです。会話の主人公になったつもりで、相手の英語に受け答えていきます。ただし、会話の内容はあらかじめ決まっているので、こちら側は表示された日本語を英語になおして会話を進めていくことになります。

返答の時間は6秒。会話に必要な瞬発力が試されますね。

2.「WORK OUT」

次に、会話中に出てきたフレーズを集中的に学習していきます。フレーズの日本語訳が表示されて、それを6秒以内に英語になおすというシンプルなものです。一度で言えなかったフレーズは、言えるようになるまで何度も復習されます。

また、会話中に出てきた表現を応用した別のフレーズも学習できるので、単にフレーズを丸暗記していくのではなく、その表現の使い方を感覚的に学習できる仕組みになっています。

例えば、会話中に「How come you’re late?.(どうして遅れたの?)」というフレーズがあれば、「WORK OUT」ではそれに加えて、「How come he’s here?.」、「How come you never call?.」などの似たようなフレーズを学習できます。

3.「RUN AGAIN」

最後に、もう一度実践です。流れは最初のステップ「RUN」とまったく同じで、表示された日本語を英語になおして会話を進めていきます。

2つ目のステップ「WORK OUT」でしっかりとフレーズを覚えていれば、スムーズな会話ができるようになっているはずです。

3つのステップが完了したら、次の会話へ

この3ステップを終えると、最初の「RUN」の達成率と、最後の「RUN AGAIN」の達成率が比較されるので、自分の上達具合が一目でわかります。

また、ここでは会話の全文とその訳、「WORK OUT」で学習した全フレーズとその訳を確認することもできます。

月に一度、25分間無料のオンライン英会話ができる

トーキングマラソンには、毎月一度、25分間のオンライン英会話を無料で利用できるサービスも付いています(外部サービス「QQEnglishオンライン」を利用※会員登録制)。

初回は、日本人ガイダンスによるレッスン受講説明とレベルチェックテスト、無料体験レッスンの2つを利用できるようです。

「覚えたフレーズを使ってみる」という新しい学習スタイルに期待

 フレーズを学習できるサービスや教材はたくさんあります。ですが、フレーズを覚えるだけでなく、実際にそれを使って会話をする練習ができるものは、私が知る限り、このトーキングマラソンがはじめてです。

フレーズ学習の魅力は、覚えてしまえばそれだけ英会話の幅が広がることです。「話せる英語」が増えていくんですね。

英会話を上達させるためには、初めから言いたいことを自由に言えるようになろうと文法や単語の勉強ばかりするのではなく、まずは実用的なフレーズを覚えて、少しでも「話せる英語」を増やしていくことが大切だと考えています。このブログでは何度もお伝えしていますが、「英語が話せる=ペラペラ」ではありません。

実用的なフレーズを覚えて、それを実際に会話で使う練習をする。トーキングマラソンは、「話せる英語」を確実に増やしていくための英語学習アプリとして、大いに期待できますね。

TALKING Marathon 公式ページ

ちなみに、私自身このアプリの2週間無料お試しをしている最中なので、また後日、使ってみた感想や簡単なレビューや評価など、トーキングマラソンについてより詳しい内容をこのブログでお伝えしたいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です