まずはこれだけ!買い物に使える英会話フレーズ~ファッション編~

 海外旅行先での大きな楽しみの1つがショッピングではないでしょうか?特に洋服店に行くと、日本にはないブランドのものが買えたり、同じものでも日本よりずっと安く買えたりしてテンション上がりますよね。

ですが、そんな楽しいショッピングの時に英語がうまく話せなくてもどかしい思いをしたことがある方、きっと多いはずです。

気に入った服が見つかったのに「試着してもいいですか?」の一言が出てこなくて、結局ちょっと大きいサイズのものを買ってしまった…。デザインは好きなのに、自分の好きな色のものが見当たらなくて諦めてしまった…。ショーケースに入った財布を取って触ったみたかったのに、英語がわからなくて近くをうろうろ…。

本当は、ちょっと簡単な英語を話せるだけで、こんな悲しい思いはしなくていいんですよね。

そんなわけで今回は、洋服店や靴屋などファッション系のお店で買い物する時にそのまま使える英会話フレーズをまとめて紹介します。

旅行先での楽しいショッピング、絶対後悔しないようにここで簡単な英語をマスターしておきましょう!

まずは挨拶から!

 お店に入ると、大抵の場合、

Hi, how are you doing today?

Welcome! How’s your day going?

など、店員さんが挨拶してくれます。日本語だと「調子はどうですか?」という意味になりますが、日本でいう「いらっしゃいませ」のようなものなので、シンプルに、

[su_note note_color=”#FFFFCC”]

Good, thanks.

[/su_note]

と挨拶し返してあげましょう。

日本ではわざわざ店員さんに挨拶することなんて中々ないので戸惑ってしまいがちでが、英語圏の国ではこれが普通です。愛想笑いで済ませず、一言でも笑顔で挨拶し返してあげると、その後のコミュニケーションもスムーズにいきやすくなるはずです。「これから英語を話すんだ」という自分の緊張もほどけますしね!

こういった英語の挨拶への答え方は、こちらの記事も参考にしてみてくださいね。

How are you?英語の基本の挨拶と簡単で自然な答え方まとめ

店員さんに話しかけられた!基本的な答え方2パターン

 海外のお店では、店員さんが「何かお手伝いしましょうか?」と話しかけてくることがあります。

例えば、

  • May(Can) I help you? 

「何かお手伝いしましょうか?」

  • Are you looking for anything in particular today?

「今日は特に何かお探しでしたか?」※in particular:特に

などです。

このときの答え方として、まず覚えておきたいフレーズは下の2つです。

1.見ているだけなので大丈夫です、ありがとう。

[su_note note_color=”#FFFFCC”]I’m just looking, thanks.[/su_note]

「何かお手伝いしましょうか?」と聞かれたとき、特に店員さんの助けが必要なければこのフレーズを使いましょう。決まり文句として覚えておくといいですね。

また一緒に、「I’ll ask you if I need a help.(もし何かあれば呼びますね。)」というフレーズも使えます。

2.〇〇を探しているのですが。

[su_note note_color=”#FFFFCC”]I’m looking for 〇〇.[/su_note]

もし目当てのものがある程度決まっているなら、「〇〇を探しているのですが。」と店員さんに直接聞いてしまってもいいでしょう。

ただし、この場合はサイズや好みを聞かれたり、おすすめを紹介してくれたりなど、英語でべらべら話されてしまうことがあるので、ちょっとした覚悟が必要です。

 

お気に入りのアイテムを探そう!基本の5フレーズ

 店内を見て回ってすぐに気に入ったものが見つかるといいのですが、デザインは好きでも自分のサイズがなかったり、別の色が欲しかったりと、中々バッチリ「これだ!」というアイテムが見つからないこともありますよね。

ここからは、そんなときに使える基本フレーズを5つ、まとめて紹介していきます。

1.〇〇はありますか?

[su_note note_color=”#FFFFCC”]

Do you have any 〇〇?

[/su_note]

探しているアイテムが中々見つからないときに使えるフレーズです。「〇〇はおいていますか?」というニュアンスですね。

  • Excuse me, do you have any sunglasses?

「すいません、サングラスはおいていますか?」

 

2.これの〇〇のものはありますか?

[su_note note_color=”#FFFFCC”]

Do you have this in 〇〇?

[/su_note]

気になるアイテムを見つけたけど、色が気に入らなかったり、他のサイズのものが欲しかったりしたときに使える便利なフレーズです。

使い方は簡単で、「〇〇」の部分に指定の色やサイズなどを入れるだけです。いくつか使える例をあげておきますね。

  • Do you have this in white?

「こちらの白いものはありますか?」

  • Do you have this in another color? ※ another size(他のサイズ)も同様に使えます。

「こちらの他の色のものはありますか?」

  • Do you have this in a [small/medium/large]?

「こちらの[S/M/L]サイズはありますか?」

  • Do you have this in a [smaller/bigger] size?

「こちらの[もっと小さい/もっと大きい]サイズのものはありますか?」

  • Do you have this in a [lighter/darker] color?

「こちらの[もっと明るい/もっと暗い]色のものはありますか?

 

 

3.〇〇を見せてもらってもいいですか?

[su_note note_color=”#FFFFCC”]

Can/Could I see 〇〇?

[/su_note]

気になるアイテムがショーウィンドウに入っていたり、手の届かないところにあるなど、店員さんに取って見せてもらいたいときに使えるフレーズです。

この後のフレーズにも同じことが言えますが、この場合「Can」と「Could」のニュアンスの違いはほとんどありません。「Could」の方が少しだけ丁寧になりますが、どちらか言いやすい方を使ってOKです。

  • Could I see that neckless?

「そちらのネックレスを見せてもうことはできますか?」

 

4.これは何サイズですか?

[su_note note_color=”#FFFFCC”]

What size is this?

[/su_note]

気になるアイテムのサイズがわからないときは、このフレーズを使って聞いてみましょう!

5.これはいくらしますか?

[su_note note_color=”#FFFFCC”]

How much is this?

[/su_note]

ショッピング英会話の基本フレーズですね。値札が見当たらないときは店員さんに聞いてみましょう。

 

試着してみよう!便利な7フレーズ

 気になるアイテムが見つかれば、早速試着です。試着室には店員さんがついていてくれることも多いので、そこでやりとりするときに覚えておきたいフレーズを7つまとめていきます。

海外の商品は日本とサイズ規格が違うことが多いので、あとで後悔しないように、ここでまとめたフレーズを覚えてしっかり試着しておきましょうね!

1.試着してみてもいいですか?

[su_note note_color=”#FFFFCC”]Can/Could I try this on?[/su_note]

試着室に店員さんがいないときは、近くの店員さんに「試着してみてもいいですか?」と声をかけてみましょう。試着室まで案内してくれるはずです。

もし試着したいアイテムが何品かある場合は、「this」を複数の「these」に変えればOKです。

2.サイズがあまり合いませんでした。

[su_note note_color=”#FFFFCC”]It didn’t fit me well.[/su_note]

試着してみてサイズがイマイチ合わなかったとき、シンプルに使えるのがこのフレーズ。このあと、先ほど紹介した「Do you have this in another size?」のフレーズを使って、他のサイズがないか聞いてみてもいいですよね。

3.〇〇過ぎました。

[su_note note_color=”#FFFFCC”]It was too 〇〇.[/su_note]

サイズが合わなかったことを具体的に伝えたいときはこのフレーズが使えます。また、「too」の前に「a little」を入れると、「ちょっと〇〇過ぎました。」という意味になります。

  • It was too [small/big].

「[小さすぎ/大きすぎ]ました。」

  • It was too [short/long].

「[短すぎ/長すぎ]ました。」

  • It was a little too [tight/loose].

「ちょっと[キツすぎ/ゆるすぎ]ました。」

 

4.私には似合いませんでした。

[su_note note_color=”#FFFFCC”]I didn’t like it on me.[/su_note]

試着をしてみると、サイズ感は良いものの、「なんだか思ってた感じと違うなぁ。」なんて思うことよくありますよね。そんなときに便利なのがこのフレーズです。

「I won’t need this.(これはいらないです。)」などとハッキリ言うよりもソフトな断り方なので、是非覚えておいてくださいね。

5.もう少し見て回ってもいいですか?

[su_note note_color=”#FFFFCC”]Can/Could I look around a little more? [/su_note]

試着してみたアイテムがやっぱり気に入らなかったとき、覚えておくととっても便利なフレーズです。またゆっくりショッピングを楽しみましょう。

6.これを預かってもらえますか?

[su_note note_color=”#FFFFCC”]Can/Could you hold this for me?[/su_note]

試着して気に入ったアイテムがあっても、購入は後にしてまだショッピングを楽しみたい時に使えるのがこのフレーズです。店員さんがアイテムをレジで預かってくれます。預かってもらいたいものがいくつかあったら、「this」を「these」に変えてくださいね。

7.これを買います。

[su_note note_color=”#FFFFCC”]I’ll take this, please.[/su_note]

試着してみてそのアイテムを買うことに決めたら、このフレーズを使って店員さんに伝えましょう。レジへ持って行ってくれます。

 

あとはお会計を済ませるだけ!使える3フレーズ

 さあ最後はお会計ですね。ここで躓くことはあまりないかもしれませんが、覚えておくと便利なフレーズを3つ紹介します。

1.クレジットカードは使えますか?

[su_note note_color=”#FFFFCC”]Do you take credit cards?[/su_note]

お会計をクレジットで支払いたい場合は、このフレーズを使ってあらかじめ確認しておくと安心です。

また、「credit cards」の部分を特定のカードブランド名に変えて、「Do you take JCB?(JCBは使えますか?)」という使い方もできます。

2.現金/カードで払います。

[su_note note_color=”#FFFFCC”]I’ll pay in cash/by card.[/su_note]

レジでは「How would you like to pay?(お支払方法はどうなさいますか?)」など、支払方法を聞かれることがあります。このときの答え方として使えるのがこのフレーズです。

ただし、現金なら「in cash」、カードなら「by card」であることに注意してくださいね。

3.ギフト用に包んでもらえますか?

[su_note note_color=”#FFFFCC”]Can/Could I get this gift wrapped?[/su_note]

買ったアイテムをプレゼント用に包んでもらいたいときは、このフレーズが使えます。

またその際、「Would you like a gift receipt?(ギフトレシートはいかがですか?)」と聞かれることがあります。ギフトレシートとは、プレゼントとして渡す商品の返品・交換用レシートのことです。このレシートには値段が書かれていないので、贈った相手が何かの理由で商品を返品・交換したいときに使えるようになっています。必要であればもらっておきましょう。

 

英語で買い物はこれでバッチリ!まとめ

 では最後に、ここまで紹介してきたフレーズをもう一度まとめておきます。まずはこれだけ覚えておけば、旅行先のショッピングはさらに楽しく、有意義になること間違いありません!

店員さんに話しかけられたらどうする?

  • I’m just looking, thanks

「見ているだけです。ありがとう。」

  • I’m looking for a bikini.

「ビキニを探しているのですが。」

 

お気に入りのアイテムを探す!

  • Do you have any sunglasses?

「サングラスはおいていますか?」

  • Do you have this in small?

「これのSサイズはありますか?」

  • Could I see that neckless?

「そちらのネックレスを見せて頂いてもいいですか?」

  • What size is this T-shirt?

「このTシャツは何サイズですか?」

  • How much is this?

「これはいくらですか?」

 

試着をする!

  • Can I try this on?

「これを試着してみてもいいですか?」

  • It didn’t fit me well.

「サイズがあまり会いませんでした。」

  • It was a little too long.

「ちょっと長すぎました。」

  • I didn’t like it on me.

「私には似合わなかったです。」

  • Can I look around a little more?

「もうちょっと見て回ってもいいですか?」

  • Could you hold these for me?

「これらを預かっていいただけますか?」

  • I’ll take this T-shirt.

「このTシャツを買います。」

 

お会計をする!

  • Do you take JCB?

「JCBは使えますか?」

  • I’ll pay in cash.

「現金で払います。」

  • Can I get this gift wrapped?

「これをギフト包装してもらえますか?」

英語を話すことって難しく感じるかもしれませんが、実はこういった決まったシチュエーションなら、簡単なフレーズをいくつか覚えるだけでコミュニケーションをとることができます。

そして、もしあなたが英会話を上達させたいと思っているなら、まずはこうして使えるフレーズを覚えていくことがスタートです。初心者のうちは簡単なフレーズを覚えて、少しでも「英語が話せた!」という体験をすることが何よりも大切なんです。

今回紹介したフレーズを覚えて、是非「英語が話せる自分」に向かって一歩前進してくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です