ネイティブイングリッシュの”まともな”口コミ&評価【購入前に必読】

ネイティブイングリッシュ

ネイティブイングリッシュを使ってみたので、正直に口コミ・評価します。

ネイティブイングリッシュ

ネイティブイングリッシュ」は、ネイティブの「生のフレーズ」を「流して聞くだけ」で、リスニングだけでなくスピーキングもできるようになると謳った英会話教材です。

この教材、楽天の教材ランキングではよく1位になっているのを見かけますし、ネットのレビュー記事でも良い口コミが多いです。ですが公式ページを見た限りだと、正直「本当かよ?」と疑ってしまいます。

そんなわけでネイティブイングリッシュ、私も購入・実践してみました。

このページでは、独学で一から英会話を上達させてきた私の経験や知識をもとに、

  • ネイティブイングリッシュを実践してわかった魅力と欠点
  • ネイティブイングリッシュで本当に英会話は上達するか?
  • ネイティブイングリッシュはどんな人におすすめできるorできないか

などを、正直に口コミ・評価していきます。

もしあなたがネイティブイングリッシュを購入しようか迷っているなら、その前に是非、参考にしてみてください。

教材名 native english(ネイティブイングリッシュ)
販売会社 株式会社インフォファクトリー
教材内容 ・教材テキスト(1冊) 192ページ
・Listening CD 計6枚
・Speaking CD 計6枚
・英語(ナチュラルスピード) CD 計3枚
・ニュアンス解説 CD 計3枚
・その他特典※詳しくは公式ページを確認してください。
価格 29,800円(税込)
返金保証 あり(全額:購入より60日以内)

ネイティブイングリッシュの口コミ・評価:結論

詳しい口コミに入る前に、ネイティブイングリッシュを実際に使ってみた私の評価を、結論からお伝えします。

この教材、

「まずは幅広い日常英会話に触れて、無理なく簡単なフレーズが言えるようになりたい!」

という初心者にはおすすめですが、

「実践に向けて、どんなに努力してでも確実に英会話を身につけていきたい!」

といった本気の方にはあまりおすすめできません(そもそもそういった方には英会話教材自体おすすめできません)。

基本的な日常英会話を網羅的に学習できるようになっていて、収録フレーズも実用的なのが魅力ですが、一方で「フレーズ暗記の教材」なので、話せる(聞き取れる)ようになる英会話は限られています。

ただ、収録されている英会話のボリュームでこれに勝るものはほとんどないので、この教材1つあれば工夫次第で色んな学習ができます。

と、マイナスよりな書き方になってしまいましたが、「英語も勉強自体も苦手だし、これといった目的もないけど、簡単な英会話を少しずつ身につけたい」という初心者の方は迷わず購入しましょう。ネイティブイングリッシュがピッタリです。

ネイティブイングリッシュの公式ページを見てみる

また、ネイティブイングリッシュの効果については下の記事で徹底解説しているので、こちらも合わせて参考にしてみてください。

ネイティブイングリッシュは効果ある?使ってみてわかった「現実」

2018.02.16

では、詳しい口コミをお伝えしていきますね。

ネイティブイングリッシュの口コミ~実践して感じた4つの魅力

でははじめに、ネイティブイングリッシュを実践してみて感じた魅力についてまとめていきますね。

私が感じたネイティブイングリッシュの魅力は、

  1. 収録されているシチュエーションが、基本的な日常会話・旅行英会話を網羅している
  2. 使えるフレーズをダイヤログ(会話文)の中で学べる
  3. テキストがシンプルでわかりやすい
  4. 「ニュアンス解説CD」がおもしろい

の4つです。

それぞれ詳しく口コミしていきます。

1.収録されているシチュエーションが、基本的な日常会話・旅行英会話を網羅している

ネイティブイングリッシュ 収録シチュエーション

まず一番魅力的に感じたのが、収録されている英会話の内容です。

ネイティブイングリッシュには全部で72の会話シチュエーション(+12のニュース・雑誌記事)が収録されており、このシチュエーションごとに、「使えるフレーズ」を身につけていく構成になっています。

ネイティブイングリッシュの収録シチュエーション~例~

・基本のあいさつとその返答 
・天気についての英会話 
・自己紹介でのやりとり 
・相手への質問の仕方    
・よく使う相槌や返事  
・頼みごとの仕方
・電話でのやりとり
・日本について紹介
・ホテルでのチェックインやトラブル対応
・タクシーの呼び方
・レストラン英会話(予約や注文、会計、トラブル対応など)
・飛行機内での英会話
・空港での搭乗手続きや入国手続き
・バスや電車の乗り方
・レンタカーを借りる
・ツアーの申し込み方やガイドとのやりとり
・写真を撮る、撮ってもらう
・ショッピング英会話(試着や店員とのやりとり、値段交渉など)
・両替や免税手続きの仕方
・旅行先で体調が悪くなった時の対応
・道に迷ってしまった時の対応

など

この会話シチュエーション、初心者がはじめに身につける英会話としてとても実用的で無駄がありません。最低限の日常英会話・旅行英会話を網羅しています。

英語が話せるようになるために初心者が真っ先にはじめるべきことは、こういった 「実際にありそうな場面で使える英会話」を、 「フレーズ単位で少しずつ」話せるようにしていくことです。

「まずは文法と単語から」だの、「英語感覚を身につける」だの、そんなことやっていて、例えば次の海外旅行のレストランでおすすめの料理すら聞けなかった、じゃあまりにもむなしすぎますからね。こういう「典型的な日本人の英語初心者」になっちゃいけません。

その点、まさに「初心者が実際に英語を話しそうな場面の英会話」を万遍なく学習していくことができるネイティブイングリッシュは、これから英会話の学習をはじめたい初心者にはとてもおすすめできます。

収録シチュエーションが多い分、どうしても「広く、浅く」といった印象もありますが、それでも英会話初心者の第一歩としては「文句なし」ですね。

2.使えるフレーズをダイヤログ(会話文)の中で学べる

ネイティブイングリッシュ ダイヤログ

ネイティブイングリッシュの2つ目の魅力。それは、先にお伝えした日常会話・旅行英会話のシチュエーションのすべてに、ダイヤログ(会話文)がついていることです。これは素晴らしいですね。

なのでフレーズ1つにしても、 実際のやり取りの中でどんな風に使われるのかがわかりやすいだけでなく、覚えるときに「感情」を込めやすくなります。これ、すごく大切なことです。

当然ですが、そもそも英語は「言葉」ですから、実際に話すときはそこに必ず「相手とのやり取り」がありますし、伝えたい思いや考え、意志などの「感情」があります。

なのでフレーズを覚えるときも、この「やり取り」や「感情」と一緒に、つまり、 そのフレーズを「言葉」として使うイメージをしながら覚えないと、実際の会話では使い物になりません。

フレーズ集などでただ「日本語訳」と一緒に丸暗記するだけでは、それはコミュニケーションで使える「言葉」ではなく、勉強で使える「知識」にしかならないということです。

英会話はとにかくフレーズ暗記から!その理由と上達の5つのコツ

2018.09.03

その点、 使えるフレーズを自然な会話の中で学べるネイティブイングリッシュは、「話せる英語」を増やすフレーズ暗記の教材としてとても効果的です。

また、これだけの量のダイヤログが収録されていれば、使い方次第でいくらでも英語力を上げることができます。

教材の構成自体は初心者向けですが、上級者になってからでも使い込めるので、長く使えるのが嬉しいなと感じました。

3.テキストがシンプルでわかりやすい

ネイティブイングリッシュ テキスト

ネイティブイングリッシュは、基本的な日常会話・旅行英会話で使えるフレーズをダイヤログと一緒に学習していけることが大きな魅力です。

そして、ネイティブイングリッシュのテキストは、各シチュエーションごとに見開きページで

  • 左側に「ダイヤログ」と日本語訳、単語の意味
  • 右側に「使えるフレーズ」とその使い方やニュアンスの解説

というシンプル&わかりやすい構成になっているのが魅力的に感じました。

ダイヤログの英語は難しすぎず(中学レベル)、日本語訳や一部単語の意味もついているので安心して学習できます。

ネイティブイングリッシュ フレーズ

また フレーズの方も、使い方やニュアンス、簡単な文法解説などがついていてわかりやすいです。

こうして「ダイヤログ」と「使えるフレーズ」が、テキストにわかりやすくまとめられているので、

  • まずはダイヤログ読んで(聞いて)みて、場面を想像する
  • その中で、実際に使えるフレーズを、その使い方とニュアンスも含めて覚える

というように、初心者でも混乱せずに学習を進めることができます。

ネイティブイングリッシュのテキストは公式ページにサンプル画像が載ってるので、一度見てみるといいと思います。

ネイティブイングリッシュのテキストを詳しく見てみる

4.「ニュアンス解説CD」がおもしろい

ネイティブイングリッシュには、他の教材にはない「ニュアンス解説CD」というものがついてます。これ、おもしろいですね。

このCDは、英会話初心者から集められた質問に、ネイティブスピーカーかつプロのDJであるマイケルリーバスさんが丁寧に答えていくものです。

そしてこの集められた質問が、初心者にとって「まさにそれが知りたかった!」というようなものばかりで、「なるほど!」、「そうだったのか!」の連続です。

ためになるのはもちろん、聞いているうちに英語への学習意欲がどんどん湧いてくること間違いありません。

収録時間はたっぷり3時間分。ラジオ番組を聞いている感覚で楽しみながら英語を学ぶことができるので、 家事をしながら、通勤中の車の中などで流して聞くのがおすすめです。

ニュアンス解説CDの内容~例~

・「How are you?」「How’s it going?」英語の挨拶のニュアンスの違いと答え方
・ホテルでのトラブルへの具体的な対応方法と使えるフレーズ、そのニュアンス
・レストランで英会話を楽しむためのポイントや使えるフレーズ、そのニュアンス

ニュアンス解説CDについても公式ページにサンプル音声があるので、一度聞いてみることをおすすめします。

ネイティブイングリッシュのニュアンス解説CDを試聴してみる

ネイティブイングリッシュの口コミ~実践して感じた3つの欠点

ではここから、ネイティブイングリッシュの欠点をまとめていきます。

私がネイティブイングリッシュを実践してみて感じた欠点は、

  1. 結局、「聞くだけ」じゃ身につかない
  2. 幅広いシチュエーションを学べる分、内容が浅い
  3. リスニングCDとスピーキングCDが別なので、CDプレイヤーを使った学習が少し面倒

の3つです。

それぞれ詳しく口コミしていきますね。

結局、「聞くだけ」では身につかない

これはまあ、欠点というよりは「忠告」です。

ネイティブイングリッシュの公式ページでは、とにかく「聞くだけで身につく」というワードが強調されていますが、結局、聞くだけで英会話をマスターなんて無謀なんですよね。

リスニングだけならまだわかりますが、スピーキングを聞くだけでマスターなんて、「鍵盤の並びと指の動きを完全にマスターすれば、あとはイメトレだけでピアノが弾けるようになる!」と言っているようなもんです。ありえない話ですよね。

なので、ネイティブイングリッシュの購入を考えているなら、「しっかりと声に出して練習しなければ、まともに話せるようにはならない」ということを前提としてください。

幸い、ネイティブイングリッシュのスピーキング用CD音声は「日本語→空白→英語」となっていて、しっかりと声に出す練習ができるのが救いです。よくある「聞き流し教材」では、この練習すらできないものも多いので。

とまあ、使い方によってはしっかりと話せるようになるんですが、「聞くだけで英会話が身につくなら欲しい!」と期待してしまっている方も多いと思うので、こうして欠点という形でお伝えしておきます。

幅広いシチュエーションを学べる分、内容が浅い

先にお伝えした通り、幅広いシチュエーションの英会話を学べるのがネイティブイングリッシュ最大の魅力です。

ですがその分、シチュエーション1つ1つの英会話の内容が浅く、「最低限」になっています。そもそもフレーズ暗記だけで英会話を身につけるのには限界がありますしね。

なので、実際にそのシチュエーションになっても、ネイティブイングリッシュで覚えたフレーズだけでは対応しきれないことも多いでしょう。「実践的かどうか」という点で、少し弱いかなと感じました。

ただ、日常会話で使える基本フレーズがたくさん詰まっていることは確かですから、 初心者が最初の一歩として「話せるフレーズのレパートリーを増やしていく」という分にはとてもおすすめです。

1つ問題なのは、公式ページには「ネイティブが日常で使っているすべてのフレーズが身につく」、「日常会話に困ることは一切なくなる」と、明らかに過剰な表現があることですね。これは言い過ぎどころじゃありません。

この点に関しても絶対に期待してしまっている方が多いと思うので、欠点としてお伝えしておきます。

リスニングCDとスピーキングCDが別なので、CDプレイヤーを使った学習が少し面倒

これは学習を進めていく上での欠点です。

ネイティイブイングリッシュではリスニングCDとスピーキングCDが別になっているので、リスニング学習とスピーキング学習をスムーズに切り替えることができません。

同じ会話シチュエーションの学習でもその都度CDを入れ替える必要があり、少し面倒に感じました。

ただ、オーディオプレイヤーなどに音声をデータ化して取り込んでしまえば、この欠点はカバーできます。

ネイティブイングリッシュで本当に英語が話せるようになる?

ではここから、ネイティブイングリッシュを使って本当に英語が話せるようになるのか、教材の効果についてまとめていきます。

結論からお伝えしますと、簡単なコミュニケーションを取れるレベルにはなれます。

簡単なフレーズが聞き取れるようになったり、基本的な挨拶や自己紹介、旅行先などのお決まりのシチュエーションで最低限の会話ができるようになるくらいのレベルですね。

ただし、言いたいことを自由に話せるようにはなりませんし、ネイティブの英語を難なく聞き取れるようにもなりません。

理由はシンプルに、ネイティブイングリッシュは「日常会話で使う最低限のフレーズ(会話)」を「暗記」する教材だからです。

つまり基本的にはそのまま最低限のフレーズが言えるようになる、聞き取れるようになるで終了ですね。

ただ、そもそも初心者がはじめからこれ以上のレベルを目指そうとすること自体が無謀だと思った方がいいでしょう。ネイティブイングリッシュに限らず、「教材で身につけられる英会話力」としては、これが限界かつ十分です。

ネイティブイングリッシュの効果について詳しい内容は下の記事でもまとめているので、合わせて参考にしてみてくださいね。

ネイティブイングリッシュは効果ある?使ってみてわかった「現実」

2018.02.16

ただ、基本的な日常会話や実用フレーズとその音声がたっぷり収録されていることには変わりないので、使い方(学習法)によっては、ポテンシャル以上の効果を見込める教材ではあります。

ネイティブイングリッシュを使った効果的な学習法に関しては、また別の機会に記事にしたいと思います。

ネイティブイングリッシュの口コミ・評価~まとめ~

いきなり上達を目指すのではなく、まずは簡単な日常会話や旅行会話など幅広い英会話を学び、その中で実用フレーズを少しずつ覚えていける「超豪華版フレーズ集」。それが「ネイティブイングリッシュ」です。

基本的な日常会話・旅行英会話のシチュエーションが網羅されており、基本的なフレーズを少しずつでも無理なく覚えていける内容は、 「まずは英会話に慣れたい!」という初心者におすすめです。

また、「まずは簡単な挨拶ができるようになろう!」「旅行先のカフェでスムーズに注文できるようになろう!」というように、 小さな目標を意識した学習ができるのが魅力的ですね。

とはいえ、結局は「フレーズ暗記の教材」に過ぎないため、 話せるようになる英語は限られています。また、文法力やリスニング力、言いたいことを英語にする力を身につけるのにもあまり向いていません。

全体を通してマイナスなことも多く書いていますが、そもそも英会話教材、フレーズ集、アプリ、参考書、英会話スクール、オンライン英会話、留学、なんにしても、それだけで英語が話せるようになる方法なんてありません。

英会話初心者は、はじめから「自由に話せるようになろう」なんて考えず、ネイティブイングリッシュのようなフレーズ暗記の教材を使って、まずは「話せる英語」を増やしていくことが何よりも大切です。

そういった意味で、幅広い日常会話で使えるフレーズをダイヤログ(会話文)つきで学べるネイティブイングリッシュは、英会話初心者のはじめの一歩として十分おすすめですよ。

60日の返金保証もありますし、ボリュームはたっぷりでいろんな学習ができるので、上達を焦っていない初心者の方は、この教材1つ買っておけばそれで十分です。

ネイティブイングリッシュを買わない方がいい人

・本気で英会話を身につけたくて、そのためならどんな努力も惜しまない方
「楽してペラペラになれなきゃ嫌だ」と思ってしまっている方
・英語を話せるようになりたい目的がはっきりしている
・すでに簡単な日常会話程度なら話せる

 
2つ以上当てはまれば、ネイティブイングリッシュの購入は見送りましょう。
ネイティブイングリッシュを買った方がいい人

英語は苦手だけど、簡単な英語くらいは話せるようになりたい
無理せずに、のんびり少しずつ英会話を身につけたい方
文法や単語の勉強からはじめて挫折してしまったことがある方
・まずは少しでも英語に触れる習慣を作りたい
日常会話や旅行英会話で使えるフレーズを覚えたい

同じく2つ以上当てはまれば、ネイティブイングリッシュはあなたにピッタリな教材です。購入をおすすめします。

ネイティブイングリッシュの公式ページ

もし教材の詳しい内容や効果、勉強法などに関して少しでも気になる点があれば、下の問合わせフォームより遠慮なく私に質問してくださいね!しっかりとお答えします。

あなたの英語学習を全力で応援しています!

記事の内容が役に立ったらシェアしていただけると嬉しいです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です