「見る」という英単語「look,see,watch」の違いと使い分け方

 

 「look」、「see」、「watch」。

日本語ではどれも「見る」という訳になりますが、単語が違うのですから、当然その意味も違います。

例えば、「昨日東京駅でお前の彼女を見たよ。」と友人に言いたいとき、

I watched your girlfriend in Tokyo station yesterday.

と言えば、その友人に殴られてしまうかもしれません。なぜでしょうか?

今回は、英単語「see」、「look」、「watch」の簡単な使い分け方と、実用的な例文をセットでお伝えしていきます。

こういった日本語の訳では区別しづらい基本単語の使い分けができれば、あなたの英会話力はワンランクUPすること間違いなしです。

 

「see」、「look」、「watch」の基本ニュアンスは?

 ではまず、「see」と「look」、「watch」の3つの単語がそれぞれどんなニュアンスを持っているのか、簡単にまとめておきますね。

[su_note note_color=”#fff” radius=”0″]
  • look | 何かに目を向ける動作そのもの
  • see |  何かが視界に入ってくる状態(見える)
  • watch |  動いたり変化するものを目で追ったり、注意して見続ける動作
[/su_note]

なんとなく違いがわかりましたか?

こうしてニュアンスの違いが分かっていれば、冒頭の

I watched your girlfriend in Tokyo station yesterday.

なんていう発言はちょっとヤバいことがわかりますよね。

この文だと、「昨日東京駅でお前の彼女を観察したよ(じっと見続けたよ)。」というようなニュアンスになってしまいます。これではただのストーカー行為です。

この場合の正しい英語はというと、

I saw your girlfriend in Tokyo station yesterday.

です。

東京駅に行ったら、たまたま友人の彼女を見かけた(自然と目に入った)、ということですね。

では次に、それぞれの単語の使い方について、例文を含めて詳しく説明していきます。

 

「look」は何かに目を向けるという”動作”

 まずは「look」のニュアンスから。「look」は、「何かに目を向ける動作そのもの」を表す単語です。視線を送るといった感じに近いですね。

例えば、今あなたは公園のベンチに座っていたとします。すると、後ろの方から突然動物の鳴き声がしました。あなたはびっくりして後ろを見ました。

このときの動作が「look」です。この場合だと、犬の鳴き声がした方向(後ろ)に目を向けたんですね。「look back」です。

 

「look」の基本的な使い方

では、「look」の基本的な使い方を簡単に説明していきますね。

まず先ほどお伝えした通り、「look」は目を向ける動作そのものを表す単語です。そこで大体セットになるのが、「何(どこ)に目を向けたのか」という情報です。「look」の後にこの情報をつけたすことで、「~を見る」と表すことができます。

いくつか例をあげておきます。

[su_note note_color=”#fff” radius=”0″]
  • (名詞=人やモノ、事などの具体的な点を指して)~を見る:look at ~
  • 上を見る:look up
  • 下を見る:look down
  • 右を見る:look to the right
  • 左を見る:look to the left 
  • 前を見る:look ahead
  • 後ろを見る:look back
  • 周りを見る:look around
[/su_note]

一気に全部覚えようとする必要はありません。こんな風に使うんだな程度の理解で結構です。ここではまず「look at + 名詞」「~を見る」だけ覚えておきましょう。

[su_note note_color=”#f8fbfe” radius=”0″]

Look at that!

「あれを見て!」

Please look at the map.

「地図を見てください。」

[/su_note]

また特に何を見るのかを示す必要がない場合は、「look」のままで使えます。例えばショッピングなんかでよく使われるのが、

[su_note note_color=”#f8fbfe” radius=”0″]

I’m just looking, thank you.

「見ているだけです、ありがとう。」

[/su_note]

という表現です。

わざわざ「~を」という情報をつけ足さなくても意味が伝わりますよね。

 

「look」のその他の使い方

また、「look」の後に「for」や「after」、「forward to」などの前置詞をつけることで、いろいろな意味を表すことができます。いくつか例をあげておきますね。

  • look for | ~を探す

I’m looking for my iphone have you seen it? 

「iphoneを探してるだけど見なかった?」

  • look after | ~の世話をする

I have to look after my sister’s cat tonight. 

「今夜は姉の猫の世話しなきゃいけないの。」

  • look forward to | ~を楽しみにする

I’m really looking forward to Christmas! 

「クリスマスが本当に楽しみ!」

 

「see」は何かが視界に入っている”状態”

 「see」は、「何かが視界に入っている状態」を表す単語です。目を閉じると何も見えなくなりますが、目を開くと目の前にあるものが視界に入りますよね。これが「see」の感覚です。日本語で言うと、「見える」に近い感覚ですね。

つまり、自分が意図的に見ようとしたかどうかは関係なく、単に対象物を認識している状態が「see」なんです。

例えば、後ろから動物の鳴き声が聞こえて振り返って見ると、そこに犬がいたとします。このときの、あなたの視界に犬が入っている状態が「see」です。見る動作自体は「look」でしたよね。

 

 

「see」の基本的な使い方

「see」の基本的な使い方は簡単です。単純に、「see ~」で「~を見る」という意味になります。

[su_note note_color=”#f8fbfe” radius=”0″]

I want to see the sunset.

「夕日が見たいな。」

Have you ever seen Harry Potter?

「ハリーポッター見たことある?」

[/su_note]

また、「視界に入っている=認識できる状態」というニュアンスから派生して、「会う」、「理解する」、「確かめる」などの意味も表すことができます。

[su_note note_color=”#f8fbfe” radius=”0″]

I’m going to see a friend this afternoon.

「午後から友達に会う予定なんだ。」

I see what you mean.

「君の言いたいことはわかるよ。」

Can you see who’s at the front door? 

「玄関に誰がいるのか確かめてもらってもいい?」

[/su_note]

 

「watch」は何かの動きや変化に注意して目で追う”動作”

 最後に「watch」ですが、この単語は「特に動きのあるものに対して、その動きや変化に注意して目で追う動作」を表します。日本語の「観察」に近い感覚ですね。

例えば、鳴き声がして振り返った先に犬がいました。そしてその犬が何かを食べていたとします。あなたは気になってその犬を見ていました。

このときの、犬が何かを食べているのを見る動作が「watch」です。

[su_note note_color=”#fff” radius=”0″]
  • 鳴き声がして、振り返って目を向ける動作が「look」
  • その先に犬がいて、それが見えた(確認できた)状態が「see」
  • その犬が気になって、その動きをじっと見る動作が「watch」
[/su_note]

だというわけです。

 

「watch」の基本的な使い方

「watch」の使い方も簡単です。単純に、「watch ~」で「~を見る」という意味になります。

[su_note note_color=”#f8fbfe” radius=”0″]

I fell asleep while watching a DVD.

「DVDを見ながら寝ちゃった。」

Watch your step. These stairs are slippery.

「足元に注意してね。この階段滑るから。」

I’m going to watch a soccer game this weekend.

「週末はサッカーの試合を見る予定だよ。」

[/su_note]

 

まとめ

 英語の「見る」の使い方、なんとなくおわかりいただけたでしょうか?

最後にもう一度、おさらいをしておきましょう。

[su_note note_color=”#fff” radius=”0″]
  • look」・・・何かに目を向ける動作を表す
  • see」・・・何かが視界に入ってくる状態を表す
  • watch」・・・何か動いたり変化したりしているものを、注意して目で追う動作を表す

~例~

Look at that star!

「あの星を見て!」

I saw him at the airport.

「彼を空港で見かけたよ。」

I watched baseball game on TV last night.

「昨日の夜はテレビで野球の試合を見ました。」

[/su_note]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です