あなたには、英語を習得した後それを活かせる行動力はありますか?

あなたは英語を習得したいですか?とてもいいことだと思います。

英語が話せるようになれば、ネイティブの友達や恋人ができたり、海外で生活できたり、ビジネスで世界中を飛び回れるチャンスもつかめます。

英語を習得して損することは何一つないでしょう。

ただ、あなたには本当にそういったチャンスをつかむだけの行動力はありますか?当然ですが、英語が話せるようになっただけで、その後のアクションがなければいきなり人生は変わりません。

もしかすると、あなたにとって英語の習得は単なる”あこがれ”になっていないでしょうか。

 

英語の習得が目的になってはいないか?

 日本の英語ムードはかなり独特です。

「シャドーイング」や「ディクテーション」などのマニアックな学習法が流行って、書店に行けば大量の英語学習法の本。

ネットでは「〇〇を使った効果的な英語学習法」という記事がSNSでシェアされて、「日本人が英語を話せないのは〇〇だからだ!」といういろんな議論が交わされる。

その一方で、実際に英語を話せる人は限りなく少なく、「聞き流すだけ」という教材が売れたり、根拠もなく毎月高いお金を払って英会話スクールに通う人がたくさんいる。

英語ビジネスも相当儲かっているらしいです。

なんでしょうか、このムードは・・・

もちろん、効果的な学習法などを否定しているわけではありません。現に私のブログにもそういった記事はあります。

ですが日本人は、英語が何か最強のアイテムとでも思っている人が多すぎるように思うんです。英語を習得を目的に学習しようとする人がたくさんいるということです。

もちろん、それはそれで悪いことではありません。はじめにも言った通り、英語を習得して損することなんてないですからね。

ですが問題なのは、ほとんどの人がまともに学習を続けられていないということです。

楽にできる学習は続けられても、効果が出ないと嘆いて、逆に効果的な学習法を参考にして頑張ろうとすると、挫折する。

あなたはこの現実を見てどう思いますか?

 

「英語が話せるようになって人生変わった」というエピソード

 ネットの記事では、「英語を話せるようになって人生変わった!あなたにも英語で素晴らしい人生を送ってほしい!」みたいなエピソード&勇気づける言葉をよく見かけます。

なんだか、この時点で胡散臭いなと感じます。どうしてそんなに必死なのでしょうか?

私は、英語が話せるようになりたいという悩みに付け込んだ”ビジネス”が裏に隠れているんじゃないかと疑ってしまいます。

確かに、中には本当に人生が180度変わったから、本気で英語の習得をおすすめしたいという方もいるでしょう。ですがそれは、そもそもその人に英語を使って何か変えてやるという強い動機と目的があったからではないでしょうか?

趣味でなんとなく英語を習得して、結果的に必然と人生が変わったなんて人はほとんどいないと思います。

あなたには、英語を習得した後真っ先に海外へ飛ぶ行動力はありますか?もし何も考えていないなら、英語学習のハードルを下げてみてはどうでしょうか。

 

英語の”習得”にこだわる必要はない

 あるアンケート調査によると、英語が話せるようになりたいという人の動機のほとんどが、「海外旅行を楽しみたいから」だそうです。

はじめにお伝えした日本の英語ムードととっても矛盾していると思いませんか?

海外旅行を楽しみたいだけなら、数ヵ月もあれば十分な英語力を身につけることができます。そんなにかからないかもしれません。

にもかかわらず、英語ペラペラや習得を目指している人がどうして多いんでしょうか。英語が話せることで得られる喜びや楽しさは、そんなに頑張らなくたって得られます。

それなら、まずは目先の価値にためにちょっと努力してみるというスタンスに変えるべきじゃないかと思います。

 

まずはできることからはじめよう

 英語が話せるようになりたいと思ったら、まずはどんなに非効率でもできることからはじめましょう。

よく使う決まったフレーズを家中に貼って、目に入ったら音読する。

通勤時間にはそのフレーズの音声を聞き流す。

ちょっと時間があれば、発音を学んでフレーズをカッコよく発音できるようにシャドーイングをやってみる。

休みの日は、簡単な英語音声を用意して、リスニングをしてみる。

ペラペラには程遠いかもしれませんが、こういったちょっとした学習でも、少しでも英語は上達します。海外旅行くらいなら、簡単なコミュニケーションも取れるようになります。

そうして実際に英語でコミュニケーションをとって、「楽しさ」や「喜び」を見い出せたら、もしかすると英語が大好きになり、本当に人生を変えたいという強い動機が生まれるかもしれません。

英語学習を必死に頑張るのは、その後からでも遅くないのではないでしょうか。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です