洋楽で楽しみながら英語学習をするための2つの方法とおすすめ8曲

 あなたは洋楽を聞いていますか?もしそうなら、ちょっとした工夫で英語学習に活かすことができます。

普段から聞いている洋楽を使って英語学習ができるなら、これを活かさない手はありませんね。

そこで、今回は洋楽を使って楽しみながら英語学習をする2つの方法と、洋楽をあまり聞いたことがないという方のために定番のおすすめ曲を何曲か、発音記号の歌詞付きで紹介したいと思います。

洋楽を英語学習に取り入れる3つのメリット

 ではまず洋楽を英語学習に活かすとどんなメリットがあるのかを考えてみます。

聞くことが苦にならない

 英語の上達には、英語に興味を持ち続け、触れ続けることが何よりも大切です。ですが、教材を使って学習しようとすると、どうしてもつまらなかったり、わからなかったりと中々学習を続けることが難しいです。

一方で、洋楽を聞くことに抵抗がある人はいるでしょうか?きっとほとんどいないはずです。仮に英語がまったくわからなくても、曲さえ気に入ればいつまでも聞いていられますよね。

さらに、曲も4、5分と短く、今ではスマホや音楽プレーヤーさえあればどこでも音楽が聞ける時代なので、スキマ時間だろうが何だろうがいつでも聞くことができます。これほど抵抗なく簡単に英語に触れることができるきっかけを作れるのは洋楽しかありません。

語彙力をUPできる

 英会話には語彙力が必要ですが、単語の暗記は英語学習の中でも最高に苦痛であることの1つだと思います。私は暗記が大嫌いです。

そんな私の語彙力を底上げしたのが洋楽でした。あなたは洋楽に限らず、好きな曲の歌詞なら知らぬ間に丸暗記してしまっていた経験があると思います。音楽は、記憶力の向上に大きな効果があることが科学的に証明されています。好きな洋楽を聞いているだけで単語が覚えられるなんて、これを活用しない手はありませんね。

ただし、洋楽の歌詞はあくまでも”詞”であるため、日常生活で頻出するような単語を効率的に覚えていくのには向いていません。それでもやはり、語彙力はいくらあっても困ることはないので、洋楽で覚えられる単語は覚えてしまった方がいいに決まっています。

発音を上達させることができる

 英会話の上達には最低限の発音練習が必要不可欠です。ネイティブ並みを目指す必要はありませんが、少なくとも言葉が相手に伝わらないとコミュニケーションが成立たないですし、正しい発音を知らなければリスニングの上達も妨げてしまいます。

ただ、発音練習はどうしても単調になりがちで、はっきり言ってつまらないです。そこで活用したいのが洋楽です。

では洋楽を使ってどういった発音練習をしたらいいのか。おそらくお気づきかもしれませんが、歌えばいいんです。洋楽を綺麗な発音で歌えればそれだけでかっこいいですし、1曲の長さも長すぎず、短すぎないので、練習も苦になりません。大好きなアーティストがいれば、モノマネをしてみてもいいかもしれませんね。

ちなみに私は英語の発音の基礎は洋楽を歌うことで身につけました。

洋楽を使った2つの英語学習法

 では、実際に洋楽をどうやって英語学習に活かしていけばいいのか、具体的な方法を2つ紹介します。内容はとってもシンプルです。

1.歌詞を和訳してみる

 1つ目は、好きな洋楽の歌詞を和訳してみるということです。

和訳という学習は基本的にあまりおすすめしませんが、洋楽の歌詞の和訳に関しては別です。なぜなら、洋楽の歌詞は日常では使わないような表現を使ったり、意味が省略されていたりなど、解釈の仕方が色々ある場合が多いからです。

つまり、これは逆に和訳のし甲斐があるんです。自分なりに詞のストーリーを考えてみたり、登場人物の気持ちになりきって、「きっとこんなことが言いたいんじゃないかな」と、日本語に直して楽しむのです。

そしてこの過程で、知らない単語や文法項目があれば調べます。経験上、ここで調べた単語や文法はあっという間に身につきます。自ら進んで意味を考えて調べているので、強い印象が残るからです。

参考になるかわかりませんが、私は好きな洋楽を見つけたら、その曲の歌詞と自分なりの和訳をノートに書いて”洋楽ノート”を作っていました。その際に単語の意味なども簡単に書いておくと、後々見直した時に役立ちます。

2.カラオケで歌う

 2つ目はズバリ、歌うことです。もしあなたがカラオケが嫌いじゃなければ、是非、洋楽を歌ってください。実際に声に出して歌うことは、洋楽を英語学習に活かす最強の方法です。

実は、私は本格的に英語学習を始める前から洋楽を歌うことが趣味の1つでした(単純にかっこいいと思ったからです)。そして、実際に英語学習を始めた時、英語の基礎的な発音がすでに身についていたので、少しトレーニングをしただけで発音はネイティブにも褒められるほどだったんです。

おそらく、洋楽を歌わずに地道な発音練習をしようとしていたらもっと苦労していたと思いますし、発音は諦めていたかもしれません。

洋楽を歌う時は、まずは徹底的にマネをすることから始めるといいと思います。そうしていく中で、発音がよくわからない単語があれば、その単語の発音記号を調べ、どんな口の形でどんな音なのかを確認し、その通りに発音できるように練習すると、あなたの発音はどんどん上達していくこと間違いなしです。

また、このときあらかじめ歌詞の文法や単語を調べて和訳しておき、意味を考えながら歌うと、歌詞が覚えやすくなるだけでなく、文法や単語を完全に自分のものにすることができます。

まずはこの名曲から!おすすめ8曲

 では、洋楽をあまり聞いたことがないという人向けに、まずはきっとあなたも聞いたことがある世界的な名曲を8曲紹介しておきます。これらの曲は比較的歌詞もシンプルでわかりやすく、歌いやすくなっています。

ちなみに、もしあなたが普段から洋楽を聞いているのであれば、早速お気に入りの曲の歌詞をチェックしてみてくださいね。好きな曲であればどんな曲でもいいと思います。

よく、「英語学習におすすめな曲はありますか?」といった質問を見かけますが、私はリスニングやら使える表現の暗記やら、洋楽を使って勉強じみたことをする必要はまったくないと思っています。洋楽はとことん楽しんで、英語学習に活かすべきです。

では、早速紹介していきます。

I Don’t Want to Miss a Thing – Aerosmith

 映画「アルマゲドン」の主題歌です。簡単な単語、表現が多く、テンポもゆったりめなので歌いやすいです。おそらくほとんどの方が一度は聞いたことがあるはずなので、メロディーもすんなり入ってくると思います。

歌詞(発音記号)

aɪ kʊd steɪ əˈweɪk ʤʌst tu hir ju ˈbriðɪŋ

wɑʧ ju smaɪl waɪl ju ɑr ˈslipɪŋ

waɪl jʊr fɑr əˈweɪ ænd ˈdrimɪŋ

aɪ kʊd spɛnd maɪ laɪf ɪn ðɪs swit səˈrɛndər

aɪ kʊd steɪ lɔst ɪn ðɪs ˈmoʊmənt fəˈrɛvər

ˈɛvəri ˈmoʊmənt spɛnt wɪð ju ɪz ə ˈmoʊmənt aɪ ˈtrɛʒər

doʊnt ˈwɑnə kloʊs maɪ aɪz

aɪ doʊnt ˈwɑnə fɔl əˈslip

kəz aɪd mɪs ju, ˈbeɪbi

ænd aɪ doʊnt ˈwɑnə mɪs ə θɪŋ

kəz ˈivɪn wɛn aɪ drim ʌv ju

ðə ˈswitəst drim wʊd ˈnɛvər du

aɪd stɪl mɪs ju, ˈbeɪbi

ænd aɪ doʊnt ˈwɑnə mɪs ə θɪŋ

ˈlaɪɪŋ kloʊs tu ju ˈfilɪŋ jʊər hɑrt ˈbitɪŋ

ænd aɪm ˈwʌndərɪŋ wʌt jʊr ˈdrimɪŋ,

ˈwʌndərɪŋ ɪf ɪts mi jʊr ˈsiɪŋ

ðɛn aɪ kɪs jʊər aɪz ænd θæŋk gɑd wir təˈgɛðər

ænd aɪ ʤʌst ˈwɑnə steɪ wɪð ju

ɪn ðɪs ˈmoʊmənt fəˈrɛvər, fəˈrɛvər ænd ˈɛvər

aɪ doʊnt ˈwɑnə kloʊs maɪ aɪz

aɪ doʊnt ˈwɑnə fɔl əˈslip

kəz aɪd mɪs ju, ˈbeɪbi

ænd aɪ doʊnt ˈwɑnə mɪs ə θɪŋ

kəz ˈivɪn wɛn aɪ drim ʌv ju

ðə ˈswitəst drim wʊd ˈnɛvər du

aɪd stɪl mɪs ju, ˈbeɪbi

ænd aɪ doʊnt ˈwɑnə mɪs ə θɪŋ

aɪ doʊnt ˈwɑnə mɪs wʌn smaɪl

aɪ doʊnt ˈwɑnə mɪs wʌn kɪs

wɛl, aɪ ʤʌst ˈwɑnə bi wɪð ju

raɪt hir wɪð ju, ʤʌst laɪk ðɪs

aɪ ʤʌst ˈwɑnə hoʊld ju kloʊs

aɪ fil jʊər hɑrt soʊ kloʊs tu maɪn

ænd ʤʌst steɪ hir ɪn ðɪs ˈmoʊmənt

fɔr ɔl ðə rɛst ʌv taɪm, jæ, jæ, jæ!

doʊnt ˈwɑnə kloʊs maɪ aɪz

doʊnt ˈwɑnə fɔl əˈslip

kəz aɪd mɪs ju, ˈbeɪbi

ænd aɪ doʊnt ˈwɑnə mɪs ə θɪŋ

kəz ˈivɪn wɛn aɪ drim ʌv ju

ðə ˈswitəst drim wʊd ˈnɛvər du

aɪd stɪl mɪs ju, ˈbeɪbi

ænd aɪ doʊnt ˈwɑnə mɪs ə θɪŋ

aɪ doʊnt ˈwɑnə kloʊs maɪ aɪz

aɪ doʊnt ˈwɑnə fɔl əˈslip

kəz aɪd mɪs ju, ˈbeɪbi

ænd aɪ doʊnt ˈwɑnə mɪs ə θɪŋ

kəz ˈivɪn wɛn aɪ drim ʌv ju

ðə ˈswitəst drim wʊd ˈnɛvər du

ænd aɪd stɪl mɪs ju, ˈbeɪbi

ænd aɪ doʊnt ˈwɑnə mɪs ə θɪŋ

doʊnt ˈwɑnə kloʊs maɪ aɪz

aɪ doʊnt ˈwɑnə fɔl əˈslip, jæ

aɪ doʊnt ˈwɑnə mɪs ə θɪŋ

aɪ doʊnt ˈwɑnə mɪs ə θɪŋ

語彙 

  • sweet surrender : (愛に)流されること

Material Girl – Madonna

 この曲は80年代の大ヒットソングの1つですね。「愛なんかいらないから、”material”(物)をちょうだい」という、物欲たっぷりの女の子の恋愛観を歌っています。テンポが良くノリやすいので、楽しんで歌えると思います。

歌詞(発音記号)

sʌm bɔɪz kɪs mi, sʌm bɔɪz hʌg mi

aɪ θɪŋk ðɛr oʊ.keɪ.

ɪf ðeɪ doʊnt gɪv mi ˈprɑpər ˈkrɛdət

aɪ ʤʌst wɔk əˈweɪ

ðeɪ kæn bɛg ænd ðeɪ kæn plid

bʌt ðeɪ kænt si ðə laɪt, ðæts raɪt

kəz ðə bɔɪ wɪð ðə koʊld hɑrd kæʃ

ɪz ˈɔlˌweɪz ˈmɪstər raɪt, kəz wi ɑr

ˈlɪvɪŋ ɪn ə məˈtɪriəl wɜrld

ænd aɪ æm ə məˈtɪriəl gɜrl

ju noʊ ðæt wi ɑr ˈlɪvɪŋ ɪn ə məˈtɪriəl wɜrld

ænd aɪ æm ə məˈtɪriəl gɜrl

sʌm bɔɪz roʊˈmæns, sʌm bɔɪz sloʊ dæns

ðæts ɔl raɪt wɪð mi

ɪf ðeɪ kænt reɪz maɪ ˈɪntrəst ðɛn aɪ

hæv tu lɛt ðɛm bi

sʌm bɔɪz traɪ ænd sʌm bɔɪz laɪ bʌt

aɪ doʊnt lɛt ðɛm pleɪ

ˈoʊnli bɔɪz ðæt seɪv ðɛr ˈpɛniz

meɪk maɪ ˈreɪni deɪ, kəz ðeɪ ɑr

ˈlɪvɪŋ ɪn ə məˈtɪriəl wɜrld

ænd aɪ æm ə məˈtɪriəl gɜrl

ju noʊ ðæt wi ɑr ˈlɪvɪŋ ɪn ə məˈtɪriəl wɜrld

ænd aɪ æm ə məˈtɪriəl gɜrl

ˈlɪvɪŋ ɪn ə məˈtɪriəl wɜrld

ænd aɪ æm ə məˈtɪriəl gɜrl

ju noʊ ðæt wi ɑr ˈlɪvɪŋ ɪn ə məˈtɪriəl wɜrld

ænd aɪ æm ə məˈtɪriəl gɜrl

ˈlɪvɪŋ ɪn ə məˈtɪriəl wɜrld  

ˈlɪvɪŋ ɪn ə məˈtɪriəl wɜrld

bɔɪz meɪ kʌm ænd bɔɪz meɪ goʊ

ænd ðæts ɔl raɪt ju si

ɪkˈspɪriəns hæz meɪd mi rɪʧ

ænd naʊ ðɛr ˈæftər mi, kəz ˈɛvriˌbɑdiz

ˈlɪvɪŋ ɪn ə məˈtɪriəl wɜrld

ænd aɪ æm ə məˈtɪriəl gɜrl

ju noʊ ðæt wi ɑr ˈlɪvɪŋ ɪn ə məˈtɪriəl wɜrld

ænd aɪ æm ə məˈtɪriəl gɜrl

ˈlɪvɪŋ ɪn ə məˈtɪriəl wɜrld

ænd aɪ æm ə məˈtɪriəl gɜrl

ju noʊ ðæt wi ɑr ˈlɪvɪŋ ɪn ə məˈtɪriəl wɜrld

ænd aɪ æm ə məˈtɪriəl gɜrl

ə məˈtɪriəl, ə məˈtɪriəl, ə məˈtɪriəl, ə məˈtɪriəl wɜrld

ˈlɪvɪŋ ɪn ə məˈtɪriəl wɜrld

ˈlɪvɪŋ ɪn ə məˈtɪriəl wɜrld

 

語彙

  • beg : 頼む、せがむ
  • pled : 弁解する、言い訳にする

Hard to Say I’m Sorry – Chicago

 アメリカのロックバンド、シカゴの名曲で、邦題は「素直になれなくて」です。過ちを犯してしまった男性の、彼女に対する償いの気持ちを歌っています。スローテンポで歌いやすいと思います。

歌詞(発音記号)

“ˈɛvriˌbɑdi nidz ə ˈlɪtəl taɪm əˈweɪ,” aɪ hɜrd hɜr seɪ, “frʌm iʧ ˈʌðər.”

“ˈivɪn ˈlʌvərz nid ə ˈhɑləˌdeɪ fɑr əˈweɪ frʌm iʧ ˈʌðər.”

hoʊld mi naʊ. ɪts hɑrd fɔr mi tu seɪ aɪm ˈsɑri. aɪ ʤʌst wɑnt ju tu steɪ.

ˈæftər ɔl ðæt wiv bɪn θru, aɪ wɪl meɪk ɪt ʌp tu ju. aɪ ˈprɑməs tu.

ænd ˈæftər ɔl ðæts bɪn sɛd ænd dʌn,

jʊr ʤʌst ðə pɑrt ʌv mi aɪ kænt lɛt goʊ.

ˈkʊdənt stænd tu bi kɛpt əˈweɪ ʤʌst fɔr ðə deɪ frʌm jʊər ˈbɑdi.

ˈwʊdənt ˈwɑnə bi swɛpt əˈweɪ, fɑr əˈweɪ frʌm ðə wʌn ðæt aɪ lʌv.

hoʊld mi naʊ. ɪts hɑrd fɔr mi tu seɪ aɪm ˈsɑri. aɪ ʤʌst wɑnt ju tu noʊ.

hoʊld mi naʊ. aɪ ˈrɪli wɑnt tu tɛl ju aɪm ˈsɑri. aɪ kʊd ˈnɛvər lɛt ju goʊ.

ˈæftər ɔl ðæt wiv bɪn θru, aɪ wɪl meɪk ɪt ʌp tu ju. aɪ ˈprɑməs tu.

ænd ˈæftər ɔl ðæts bɪn sɛd ænd dʌn,

jʊr ʤʌst ðə pɑrt ʌv mi aɪ kænt lɛt goʊ.

ˈæftər ɔl ðæt wiv bɪn θru, aɪ wɪl meɪk ɪt ʌp tu ju. aɪ ˈprɑməs tu.

jʊr ˈgɑnə bi ðə ˈlʌki wʌn.

語彙

  • make it up : 仲直りする、埋め合わせをする

Hero – Mariah Carey

 世界を代表する歌姫の1人、マライアキャリーの大ヒットバラードです。どんな困難があっても、自分の中にいるヒーローを信じて乗り越えてという思いが込められています。

歌詞(発音記号)

ðɛrz ə ˈhɪroʊ

ɪf ju lʊk ɪnˈsaɪd jʊər hɑrt

ju doʊnt hæv tu bi əˈfreɪd

ʌv wʌt ju ɑr

ðɛrz ən ˈænsər

ɪf ju riʧ ˈɪntu jʊər soʊl

ænd ðə ˈsɑroʊ ðæt ju noʊ

wɪl mɛlt əˈweɪ

ænd ðɛn ə ˈhɪroʊ kʌmz əˈlɔŋ

wɪð ðə strɛŋkθ tu ˈkæri ɑn

ænd ju kæst jʊər fɪrz əˈsaɪd

ænd ju noʊ ju kæn sərˈvaɪv

soʊ wɛn ju fil laɪk hoʊp ɪz gɔn

lʊk ɪnˈsaɪd ju ænd bi strɔŋ

ænd jul ˈfaɪnəli si ðə truθ

ðæt ə ˈhɪroʊ laɪz ɪn ju

ɪts ə lɔŋ roʊd

wɛn ju feɪs ðə wɜrld əˈloʊn

noʊ wʌn ˈriʧəz aʊt ə hænd

fɔr ju tu hoʊld

ju kæn faɪnd lʌv

ɪf ju sɜrʧ wɪˈðɪn jərˈsɛlf

ænd ði ˈɛmptinəs ju fɛlt

wɪl ˌdɪsəˈpɪr

ænd ðɛn ə ˈhɪroʊ kʌmz əˈlɔŋ

wɪð ðə strɛŋkθ tu ˈkæri ɑnænd

ju kæst jʊər fɪrz əˈsaɪd

ænd ju noʊ ju kæn sərˈvaɪv

soʊ wɛn ju fil laɪk hoʊp ɪz gɔn

lʊk ɪnˈsaɪd ju ænd bi strɔŋ

ænd jul ˈfaɪnəli si ðə truθ

ðæt ə ˈhɪroʊ laɪz ɪn ju

lɔrd noʊz

drimz ɑr hɑrd tu ˈfɑloʊ

bʌt doʊnt lɛt ˈɛniˌwʌn

tɛr ðɛm əˈweɪ

hoʊld ɑn

ðɛr wɪl bi təˈmɑˌroʊ

ɪn taɪm

jul faɪnd ðə weɪ

ænd ðɛn ə ˈhɪroʊ kʌmz əˈlɔŋ

wɪð ðə strɛŋkθ tu ˈkæri ɑn

ænd ju kæst jʊər fɪrz əˈsaɪd

ænd ju noʊ ju kæn sərˈvaɪv

soʊ wɛn ju fil laɪk hoʊp ɪz gɔn

lʊk ɪnˈsaɪd ju ænd bi strɔŋ

ænd jul ˈfaɪnəli si ðə truθ

ðæt ə ˈhɪroʊ laɪz ɪn ju

ðæt ə ˈhɪroʊ laɪz ɪn ju

ðæt ə ˈhɪroʊ laɪz ɪn ju

語彙

  • sorrow : 悲しみ
  • melt away : 次第に消える
  • emptiness : 虚しさ
  • Lord : 神、わが主(キリスト)

I Want It That Way – Backstreet Boys

 世界的人気を誇るボーイズグループ、バックストリートボーイズの代表曲です。シンプルな歌詞でかつ馴染みやすいメロディーなので、洋楽を歌ったことがない方にもおすすめできます。

歌詞(発音記号)

ju ɑr maɪ ˈfaɪər

ðə wʌn dɪˈzaɪər

bɪˈliv wɛn aɪ seɪ

aɪ wɑnt ɪt ðæt weɪ

bʌt wi ɑr tu wɜrldz əˈpɑrt

aɪ kænt riʧ tu jʊər hɑrt

wɛn ju seɪ

aɪ wɑnt ɪt ðæt weɪ

tɛl mi waɪ

eɪnt ˈnʌθɪn bʌt ə ˈhɑrˌteɪk

tɛl mi waɪ

eɪnt ˈnʌθɪn bʌt ə mɪsˈteɪk

tɛl mi waɪ

aɪ ˈnɛvər ˈwɑnə hir ju seɪ

ðæt aɪ wɑnt ɪt ðæt weɪ

æm aɪ jʊər ˈfaɪər

jʊər wʌn dɪˈzaɪər

jɛs aɪ noʊ, ðæt ɪts tu leɪt

bʌt aɪ wɑnt ɪt ðæt weɪ

tɛl mi waɪ

eɪnt ˈnʌθɪn bʌt ə ˈhɑrˌteɪk

tɛl mi waɪ

eɪnt ˈnʌθɪn bʌt ə mɪsˈteɪk

tɛl mi waɪ

aɪ ˈnɛvər ˈwɑnə hir ju seɪ

ðæt aɪ wɑnt ɪt ðæt weɪ

naʊ aɪ kæn si ðæt wir ˈfɑlɪŋ əˈpɑrt

frʌm ðə weɪ ðæt ɪt juzd tu bi,

noʊ ˈmætər ðə ˈdɪstəns, aɪ wɑnt ju tu noʊ

ðæt dip daʊn ɪnˈsaɪd ʌv mi…

ju ɑr maɪ ˈfaɪər

ðə wʌn dɪˈzaɪər

bɪˈliv wɛn aɪ seɪ

ju ɑr, jʊr ði ˈoʊnli weɪ

tɛl mi waɪ

eɪnt ˈnʌθɪn bʌt ə ˈhɑrˌteɪk

tɛl mi waɪ

eɪnt ˈnɑθɪn bʌt ə mɪsˈteɪk

tɛl mi waɪ

aɪ ˈnɛvər ˈwɑnə hir ju seɪ

ðæt aɪ wɑnt ɪt ðæt weɪ

tɛl mi waɪ

doʊnt ˈwɑnə hir ju seɪ

tɛl mi waɪ

eɪnt ˈnʌθɪn bʌt ə mɪsˈteɪk

tɛl mi waɪ

aɪ ˈnɛvər ˈwɑnə hir ju seɪ

ðæt aɪ wɑnt ɪt ðæt weɪ

語彙

  • desire : 欲求する、強く望む、欲求

I’m in the Mood for Dancing – The Nolans

 アイルランド出身の姉妹ボーカルグループ、ノーランズの代表曲です。邦題は、「ダンシング・シスター」。CMにも使われたことがある曲なので、聞いたことがある方が多いと思います。歌詞の繰り返しが多く曲自体も短いので、簡単に覚えられると思います。

歌詞(発音記号)

aɪm ɪn ðə mud fɔr ˈdænsɪŋ, roʊˈmænsɪn

u, aɪm ˈgɪvɪn ɪt ɔl təˈnaɪt,

aɪm ɪn ðə mud fɔr ˈʧænsɪn

aɪ fil laɪk ˈdænsɪn

u soʊ kʌm ɑn ænd hoʊld mi taɪt.

ˈdænsɪn, aɪm ɪn ðə mud beɪb,

soʊ lɛt ðə ˈmjuzɪk pleɪ,

u, aɪm ˈdænsɪn, aɪm ɪn ðə gruv beɪb,

soʊ gɛt ʌp ænd lɛt jʊər ˈbɑdi sweɪ.

aɪm ɪn ðə mud fɔr ˈdænsɪn, roʊˈmænsɪn

ju noʊ aɪ shan’t ˈɛvər stɑp təˈnaɪt,

aɪm ɪn ðə mud fɔr ˈʧænsɪn

aɪ fil laɪk ˈdænsɪn

u frʌm hɛd tu maɪ toʊ,

teɪk mi əˈgɛn,

ænd ˈhɛvən hu noʊz,

ʤʌst wɛr ɪt wɪl ɛnd,

soʊ dæns, jæ lɛts dæns, , kʌm ɑn ænd dæns,

dæns, jæ lɛts dæns, kʌm ɑn ænd dæns

aɪm ɪn ðə mud fɔr ˈdænsɪŋ, roʊˈmænsɪn

u, aɪm ˈgɪvɪn ɪt ɔl təˈnaɪt,

aɪm ɪn ðə mud fɔr ˈʧænsɪn

aɪ fil laɪk ˈdænsɪn

u soʊ kʌm ɑn ænd hoʊld mi taɪt.

ˈdænsɪn ʤʌst fil ðə bit beɪb, ðæts ɔl juv ˈgɑtə du,

aɪ kænt stɑp ˈdænsɪn,

soʊ muv jʊər fit beɪb, kəz ˈhʌni wɛn aɪ gɛt ʌp kloʊs tu ju

aɪm ɪn ðə mud fɔr ˈdænsɪn, roʊˈmænsɪn,

ju noʊ aɪ shan’t ˈɛvər stɑp təˈnaɪt,

aɪm ɪn ðə mud, aɪm ɪn ðə mud,

aɪm ɪn ðə mud tu dæns,

jæ lɛts dæns, kʌm ɑn ænd dæns,

aɪm ɪn ðə mud soʊ ˈbeɪbi dæns,

jæ lɛts dæns, kʌm ɑn ænd dæns,

aɪm ɪn ðə mud tu teɪk ə ʧæns,

jæ lɛts dæns, kʌm ɑn ænd dæns,

gɛt ɑn jʊər fit naʊ ˈbeɪbi dæns,

jæ lɛts dæns, kʌm ɑn ænd dæns,

kænt ju hir ðə ˈmjuzɪk ˈbeɪbi dæns,

jæ lɛts dæns, kʌm ɑn ænd dæns…

語彙

  • groove : 楽しい時、楽しむ
  • sway : 身体をゆさぶる、振り動かす
  • shan’t : shall not の短縮形 ~したくない

Last Christmas – Wham!

イギリスのミュージシャン、ワム!による大ヒットソングです。日本を含め、世界中のアーティストにカバーされています。クリスマスでの一夜限りの恋を忘れられずにいる男性の気持ちを歌っています。とても綺麗な発音のイギリス英語なので、イギリス英語を話せるようになりたい方は是非マスターしてみてください。

歌詞(発音記号)

læst ˈkrɪsməs aɪ geɪv ju maɪ hɑrt

bʌt ðə ˈvɛri nɛkst deɪ ju geɪv ɪt əˈweɪ.

ðɪs jɪr tu seɪv mi frʌm tɛrz

aɪl gɪv ɪt tu ˈsʌmˌwʌn ˈspɛʃəl.

læst ˈkrɪsməs aɪ geɪv ju maɪ hɑrt

bʌt ðə ˈvɛri nɛkst deɪ ju geɪv ɪt əˈweɪ.

ðɪs jɪr tu seɪv mi frʌm tɛrz

aɪl gɪv ɪt tu ˈsʌmˌwʌn ˈspɛʃəl.

wʌns ˈbɪtən ænd twaɪs ʃaɪ

aɪ kip maɪ ˈdɪstəns bʌt ju stɪl kæʧ maɪ aɪ.

tɛl mi, ˈbeɪbi, du ju ˈrɛkəgˌnaɪz mi?

wɛl, ɪts bɪn ə jɪr, ɪt ˈdʌzənt sərˈpraɪz mi

(ˈmɛri ˈkrɪsməs)

aɪ ræpt ɪt ʌp ænd sɛnt ɪt

wɪð ə noʊt ˈseɪɪŋ, “aɪ lʌv ju,” aɪ mɛnt ɪt

naʊ aɪ noʊ wʌt ə ful aɪv bɪn.

bʌt ɪf ju kɪst mi naʊ aɪ noʊ jud ful mi əˈgɛn.

læst ˈkrɪsməs aɪ geɪv ju maɪ hɑrt

bʌt ðə ˈvɛri nɛkst deɪ ju geɪv ɪt əˈweɪ.

ðɪs jɪr tu seɪv mi frʌm tɛrz

aɪl gɪv ɪt tu ˈsʌmˌwʌn ˈspɛʃəl.

læst ˈkrɪsməs aɪ geɪv ju maɪ hɑrt

bʌt ðə ˈvɛri nɛkst deɪ ju geɪv ɪt əˈweɪ.

ðɪs jɪr tu seɪv mi frʌm tɛrz

aɪl gɪv ɪt tu ˈsʌmˌwʌn ˈspɛʃəl.

oʊ, oʊ, ˈbeɪbi.

ə ˈkraʊdəd rum, frɛndz wɪð ˈtaɪərd aɪz.

aɪm ˈhaɪdɪŋ frʌm ju ænd jʊər soʊl ʌv aɪs.

maɪ gɑd aɪ θɔt ju wɜr ˈsʌmˌwʌn tu rɪˈlaɪ ɑn.

mi? aɪ gɛs aɪ wʌz ə ˈʃoʊldər tu kraɪ ɑn.

ə feɪs ɑn ə ˈlʌvər wɪð ə ˈfaɪər ɪn hɪz hɑrt.

ə mən ˈʌndər ˈkʌvər bʌt ju tɔr mi əˈpɑrt, u-hu.

naʊ aɪv faʊnd ə riəl lʌv, jul ˈnɛvər ful mi əˈgɛn.

læst ˈkrɪsməs aɪ geɪv ju maɪ hɑrt

bʌt ðə ˈvɛri nɛkst deɪ ju geɪv ɪt əˈweɪ.

ðɪs jɪr tu seɪv mi frʌm tɛrz

aɪl gɪv ɪt tu ˈsʌmˌwʌn ˈspɛʃəl.

læst ˈkrɪsməs aɪ geɪv ju maɪ hɑrt

bʌt ðə ˈvɛri nɛkst deɪ ju geɪv ɪt əˈweɪ.

ðɪs jɪr tu seɪv mi frʌm tɛrz

aɪl gɪv ɪt tu ˈsʌmˌwʌn ˈspɛʃəl.

ə feɪs ɑn ə ˈlʌvər wɪð ə ˈfaɪər ɪn hɪz hɑrt (aɪ geɪv ju maɪ hɑrt)

ə mən ˈʌndər ˈkʌvər bʌt ju tɔr hɪm əˈpɑrt

ˈmeɪbi nɛkst jɪr aɪl gɪv ɪt tu ˈsʌmˌwʌn

aɪl gɪv ɪt tu ˈsʌmˌwʌn ˈspɛʃəl.

ˈspɛʃəl…

ˈsʌmˌwʌn…

語彙

  • bitten : bite の過去分詞 ~を噛む、食いつく
  • recognize : わかる、見覚えがある

My Heart Will Go on – Celine Dion

この曲は、大ヒット映画「タイタニック」の主題歌でお馴染みですね。壮大なメロディーのバラードで、世界的な名曲です。これをマスターできれば、発音の上達だけにとどまらずカラオケで注目の的になること間違いなしです。

歌詞(発音記号)

ˈɛvəri naɪt ɪn maɪ drimz

aɪ si ju, aɪ fil ju,

ðæt ɪz haʊ aɪ noʊ ju goʊ ɑn

fɑr əˈkrɔs ðə ˈdɪstəns

ænd ˈspeɪsəz bɪˈtwin ʌs

ju hæv kʌm tu ʃoʊ ju goʊ ɑn

nɪr, fɑr, wɛˈrɛvər ju ɑr

aɪ bɪˈliv ðæt ðə hɑrt dʌz goʊ ɑn.

wʌns mɔr ju ˈoʊpən ðə dɔr

ænd jʊr hir ɪn maɪ hɑrt

ænd maɪ hɑrt wɪl goʊ ɑn ænd ɑn

lʌv kæn tʌʧ ʌs wʌn taɪm

ænd læst fɔr ə ˈlaɪfˌtaɪm

ænd ˈnɛvər lɛt goʊ tɪl wir gɔn

lʌv wʌz wɛn aɪ lʌvd ju

wʌn tru taɪm aɪ hoʊld tu

ɪn maɪ laɪf wil ˈɔlˌweɪz goʊ ɑn

nɪr, fɑr, wɛˈrɛvər ju ɑr

aɪ bɪˈliv ðæt ðə hɑrt dʌz goʊ ɑn

wʌns mɔr ju ˈoʊpən ðə dɔr

ænd jʊr hir ɪn maɪ hɑrt

ænd maɪ hɑrt wɪl goʊ ɑn ænd ɑn

jʊr hir, ðɛrz ˈnʌθɪŋ aɪ fɪr,

ænd aɪ noʊ ðæt maɪ hɑrt wɪl goʊ ɑn

wil steɪ fəˈrɛvər ðɪs weɪ

ju ɑr seɪf ɪn maɪ hɑrt

ænd maɪ hɑrt wɪl goʊ ɑn ænd ɑn

語彙

  • go on : 進む、続ける

 

おまけ

 英語の母音・子音の発音記号と音は、下の動画で確認してみてください。

記事の内容が役に立ったらシェアしていただけると嬉しいです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です