英語学習が続かない原因と、続けるために考えるべき根本的なこと

 

 英語学習で挫折を繰り返している方へ。もうこれで”続かない英語学習”とはさよならしましょう。

どうも、Kokiです。

日本には英語に興味がある人がたくさんいるのに、実際に話せる人ととなると中々いません。

学習法がいけないのか。日本語と英語が違い過ぎるのか。学校英語が悪いのか。

色んな理由があるかもしれませんが、最大の理由はこれです。

”そもそも学習が続かないから”

もう言い切ってしまってもいいです。学習が続かないんですから、話せるようになるわけがありません。

今回は英語学習における最大の壁である、この”学習が続かない”をどうやって解決するのか、英語学習に対する根本的な考え方についてのお話です。

 

どうして英語学習は続かないのか?

 解決策についてお話しする前に、まずはその原因について考えていきます。原因がわかれば、おのずと解決策への手がかりが見つかるはずです。

どうして英語学習は続かないのか。

人によって色んな原因があると思いますが、私が考える主な原因は、

  • そもそも動機が弱い
  • はじめから高いレベルを目指しすぎ
  • 頑張ろうとしすぎ

の3つです。

それぞれちょっと詳しく説明していきますね。

 

そもそも動機が弱い

まずはこれです。

英語学習に対する動機が弱く、漠然としている

日本で今すぐ英語が必要な人なんてほとんどいません。英語が話せなくなって十分暮らしていける人が大半です。

また、あなたは本気で英語が話せるようになりたいと思っていますか?そしてそこにしっかりとした目的はありますか?

きっと、ほとんどの方が”そこまでじゃない”と思うんです。ただなんとなく、

「海外旅行を楽しみたいから」

「かっこいいから」

「将来使いそうだから」

といった漠然とした理由で、「英語が話せたらいいな」くらいの願望でしかない方がほとんどではないでしょうか。

必要性もない、使う機会もない、特別英語を習得して達成したい大きな目的もない…

こんな風に動機が弱くては、中々学習が続けられません。優先順位が低いんですよね。

ですが、こればっかりはどうしようもありません。動機が弱いことは学習が続かない原因の1つではありますが、別に悪いことではないはずです。問題なのはこの後からです。

 

はじめから高いレベルを目指しすぎ

日本人の多くは、英語を学習する動機が弱いです。にもかかわらず、

はじめから高いレベルを目指して、上達することばかり考えすぎ

です。

動機は弱いのに、なぜか上達したい気持ちは強い。このギャップが、英語学習が続かない最大の原因でしょう。

はじめから「ペラペラ」、「日常会話マスター」を目指し、上達したい思いで、ネットの「効果的な英語学習法」の記事通り、基礎文法や単語を必死にやり直そうとする。

基礎文法や単語なんて「わからない・覚えられない・つまらない」の3拍子ですから、そもそも動機が弱い人が簡単にこなせる学習ではありません。そりゃあ、挫折して当然ですよ。

もちろん、ペラペラになるにはこういった基礎以外にもやらなきゃいけないことはたくさんあります。いつまでたっても先が見えず、途中で嫌になってしまうでしょう。

あなたも「Forest」なんかの基礎文法書をやり直そうとして挫折した経験ありませんか?挫折するくらいなら、基礎文法なんてやんない方がマシです。

 

頑張ろうとしすぎ

これも悪ですね。

英語学習を頑張ろうとしすぎ

です。

英語学習をはじめようとすると、まずは「学習法」から調べますよね?ネットではすでに英語ペラペラになっている上級者たちが、丁寧に学習法や手順を解説してくれています。そうすると、

その時だけモチベーションが一気にあがる

んですよ。「こうやったら自分も英語が話せるんだ!」というように。ブログなんかでは、”英語を話せるようになって世界が変わった”的なストーリーというおまけまでついてきますから、なおさらです。

そして、次の日から

「1日1時間、30分英語を勉強する!」

「2週間で基礎文法をマスターする!」

「毎日単語を20個覚える!」

といった目標を立ててしまいます。はい、頑張りすぎです。

大前提として動機が弱ければ、こんな学習は絶対に続きません。「かっこいいから」という理由で、いきなり毎日30分英語学習ができる人なんてほとんどいないでしょう。はじめにあったモチベーションは、数日足らずで消え去っているはずです。

 

英語学習を続けるために大切な2つのこと

 英語学習が続かない原因は、

  • そもそも動機が弱い
  • はじめから高いレベルを目指しすぎ
  • 頑張ろうとしすぎ

の3つだというお話をしました。英語学習を続けるためには、まずはこういった原因を解決する必要があります。

ですがはじめにお伝えしたとおり、「動機が弱い」というのはどうしようもありません。無理に動機づけを高めたところで、自分が本心から英語を学習したいと思っていなければ何の意味もないので、それは無駄です。

ではどうしたらいいのか。

英語学習を続けるために大切なことはそのまま、

  • はじめから高いレベルを目指さない
  • 頑張りすぎない

の2つです。

それぞれ説明していきます。

 

はじめから高いレベルを目指さない

日本人は完璧主義の人が多いです。

「英語が話せるようになる=ペラペラ、日常会話マスター」と考えて、まずは「基礎からしっかり」やろうとする人が多いんですね。これが悪いとまでは言いませんが、英語学習が続かない方にとってこの考え方はマイナスでしかありません。

はじめからそんな高いレベルを目指すのではなく、まずはある程度自分が英語を使う数少ない機会を想定して、そういったシチュエーションだけでも簡単なコミュニケーションがとれるくらいのレベルを目指すべきです。

例えば、

  • 「Can I ~」など、いつでも応用が利く基本フレーズをいくつか覚えて言えるようにする
  • 自己紹介だけでもできるようにしておく
  • 自分の趣味について少し話せるようにしておく
  • 日本について少し話せるようにしておく
  • 道案内だけでもできるようにしておく
  • 簡単な相槌だけでもできるようにしておく

などです。

もうこの6つをある程度できるようにしておくだけでも、あなたは立派に「英語が話せる人」ですよ。このくらいなら誰でも到達できます。先が見えるんです。

そしてこの程度なら、基礎文法を1からやり直す必要も、単語を必死に覚える必要も、完璧に英語が聞き取れる必要もありません。

物足りないでしょうか?ですがよく考えてみてください。

そもそも英語を使う機会もなく、大した目的もないのなら、ペラぺラなんてもってのほか、日常会話のマスターなんて必要ないですよね?日常会話なんて英語を日常的に話すことになってから覚えても遅くありません。「英語への過剰なあこがれ」は、英語上達の邪魔なんです。

そんな高いレベルを目指して挫折し、結局身に付いたのは簡単な文法知識と単語だけで話せない人と、文法はよくわかんなくても、外国人に道を聞かれたときに覚えたフレーズで簡単な案内ができる人、どっちがかっこいいですか?言うまでもなく、後者です。当然相手にも喜ばれます。

 

頑張りすぎない

目指すレベルを下げると、やらなきゃいけないことがぐっと減るだけでなく、求められるハードルも下がります。

となれば、もう1日に30分も英語学習をする必要なんてありません。

自分がストレスなくできるくらいの学習量を、毎日の日課にしてコツコツとやっていけばいいだけです。無理に頑張ろうとして、「あー今日も英語学習しなきゃ」なんて思っているうちは続きませんから。

最初は1日5分や10分でいいでしょう。使う教材も自分が続けやすいものを選んでください。スマホのアプリでも、音声付き英会話教材でも、フレーズ本でもなんでもいいです。

ゆるーくでもコツコツと続けることが、英語上達の秘訣です。

続けるための具体的な学習計画の立て方はまた別の記事にします。

 

基本学習と並行して、興味があるものにはどんどん触れていこう

 何を学習するのかを決め、まずは少量の学習を続けるのと並行して、自分が興味のあるものにはどんどん触れていきましょう。

例えば、

  • 海外ドラマや洋画
  • 洋楽
  • Youtube動画

などです。

こうして英語自体への興味を絶やさずにいることも、英語学習を続けるためにとても大切なことです。学習以外でも英語に触れ続けることで、学習意欲へとつながるからです。

「あ、このフレーズは知ってるぞ!」

「これってどういう意味なんだろう?」

「こんな表現もあるのか!」

など、英語学習と自分の興味が結びつくんですね。英語と自分との距離が一気に縮まっていくので、単調な英語学習もメンタル面ではかどるようになります。

 

英語学習は「上達」よりも「継続」の方が大事

 最後に、今回のお話を簡単にまとめておきます。

英語学習を続けるために大切なことは、

  • 自分の必要に応じた学習をすること(完璧を求めず、ハードルを上げない)
  • 頑張ろうとせず、まずはストレスなくできるくらい少量の学習からはじめること

です。

英語が話せるってそれだけですごいことで、あこがれますよね。その気持ちはわかります。

ですが、だからと言って焦っていきなり高いレベルを求めたり、頑張ろうとしたりして学習が続かなくてはなんの意味もないんです。

「上達した人がみんなやった」、「最短で上達」、「独学でペラペラ」

こういったワードに飛びつきたくなるのはわかりますが、参考程度にしておきましょう。

初心者は「上達」ばかり考えてしまいがちですが、初心者だからこそ学習の「継続」を優先させてください。

効果的な学習法に従って文法だけマスターしたはいいものの、結局話せるようになる前に挫折した人。

文法は苦手でも、コツコツと学習を続けてホテルのチェックインだけならできる人。

”英語が話せる人”というのは後者であり、あなたがこれから目指すべきところです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です