「トイレ」は英語で?国ごとの表現の違いと使える基本フレーズまとめ

 突然ですが、英語で「トイレ」ってなんていうのかわかりますか?

どうも、Kokiです。

ちょっと想像してみてください。

あなたは旅行先でおなかを壊してしまいました。近くのデパートになんとか駆け込んで、店員さんに「トイレはどこですか?」と英語で聞こうとします。

「あれ、トイレって英語でなんて言うんだろう…?!”Water closet”だったっけな?」

「Where is the water closet?」

必死に聞いてみたはいいものの、返ってきた答えは

「…Excuse me?」

ぞっとしませんか?(恥ずかしいのですが、実際に昔私が経験したお話です…)

こんな経験をしないように、英語でトイレという表現をマスターしておきましょう!

「WC(water closet)」は通じない?「Toilet」は「便器」?

 トイレを英語でなんというのか、きっと多くの方が思い浮かぶのは、「W.C(water closet)」ではないでしょうか?日本のトイレ表記でもよく見かけますし、それっぽい英語ですよね。

ですがこの「W.C」という表現、中々通じません。

そもそも「W.C」というのは、建築図面などで表記のスペースを省略するための表現であり、日常ではまったくと言って良いほど使われないんです。さらに、日本人が苦手な「water」という単語も発音しなくてはいけませんから、それはもう通じないんですよね。

また「トイレ=Toilet」という表現も、場合によってはおかしく聞こえます。ネイティブにとって「Toilet」は、「便器そのもの」をイメージさせることがあるからです。ちょっと上品なレストランで、「”便器”はどこですか?」なんて伝わってしまうのはできれば避けたいものです…。

では本題、英語で「トイレ」はなんていうのでしょうか?

実は、国やシチュエーションによって言い方はいろいろあるんです。早速まとめていきます。

トイレは英語で?アメリカ編

 トイレは英語でなんていうのか、まずはアメリカから。先に「Toiletは便器をイメージさせる」というお話をしましたが、これはアメリカでの話です。アメリカでトイレを意味する単語、覚えておくべきなのは2つです。

bathroom

[su_note note_color=”#FFFFCC”]一番一般的な表現の「トイレ」[/su_note]

主に家庭にあるトイレに対しては、「bathroom」という言い方が一般的です。日本人にとって「bathroom」は「浴室」のイメージが強いですが、向こうのトイレはお風呂(バスタブ)やシャワーと同じ空間にあることが多いんです。俗に言うユニットバスってやつですね。

なので、「bathroom」と言えば、「トイレ」の意味も含まれるんですね。仮にバスタブがついていなかったとしても、「bathroom」でOKです。

restroom

[su_note note_color=”#FFFFCC”]公共の場(ホテルやデパート、駅など)のトイレ[/su_note]

家にあるトイレは「bathroom」でしたが、それ以外、街中や公共の場でのトイレには「restroom」を使います。ちょっと丁寧な言い方で、日本語の「お手洗い」と同じようなニュアンスです。

街中のトイレに対して「bathroom」を使ってももちろん通じますが、どちらかと言えばこの「restroom」の方が一般的です。

 

会話ミニコラム
「Where’s the “john”?」で「”トイレ”はどこ?」
 アメリカでは、トイレのことを「John(ジョン)」と言うことがたまにあります。もちろんスラング的な表現なので、友人間でのやりとり、それも男性しか使いません。なぜ「John」なのか、それは、はじめて水洗トイレを発明した「Sir John Harrington」という人の名前が由来だそうです。洋画でたまに出てくることがあるので、知っておいて損はないですよ!

トイレは英語で?イギリス編

 トイレは英語でなんて言うのか、次はイギリスです。

イギリスでトイレを意味する表現はアメリカとはちょっと違います。まず、アメリカでは「便器」をイメージさせる「Toilet」という単語も、イギリスではなんの違和感もなく使われます。逆に、「restroom」と言うと「休憩室」と伝わってしまうこともあるみたいですね。

イギリスでトイレを意味する単語、覚えておくべきなのは3つです。

Toilet

[su_note note_color=”#FFFFCC”]一番一般的な「トイレ」[/su_note]

イギリスでトイレを意味する単語、一番一般的なのはストレートな「Toilet」です。家でも、街中でも使えますし、「便器」といったおかしなニュアンスはまったくありません。イギリスでトイレと言いたいときは、余程気を遣わなければいけない場合を除いてこの「Toilet」でOKです。

bathroom

[su_note note_color=”#FFFFCC”](バスタブ付きの)トイレ[/su_note]

アメリカでもトイレの意味で使われる「bathroom」ですが、イギリスでも同じように使われます。ですが、イギリスの場合はより「浴室(バスタブ付き)」をイメージさせる単語なので、基本的には先ほど紹介した「Toilet」を使う方が無難です。

loo

[su_note note_color=”#FFFFCC”]上品な言い方のトイレ[/su_note]

イギリスでは、トイレのことを「loo(ルゥ)」ということもあります。これは元々「水(l’eau)」というフランス語から生まれたもので、主に女性が使う上品な言い方です。

ただ、どちらかと言えばスラングよりな表現ですね。

 

トイレは英語で?カナダ編

 英語で「トイレ」という表現。実は、カナダにはアメリカやイギリスとはまたちょっと違う表現があります。

washroom

[su_note note_color=”#FFFFCC”]一番一般的な「トイレ」[/su_note]

「トイレ」という表現、カナダで一番一般的なのは、この「washroom」です。家のトイレでも街中のトイレでもこの表現が使えます。

bathroom

[su_note note_color=”#FFFFCC”]家のトイレ[/su_note]

カナダでもアメリカと同じように、家のトイレには「bathroom」が使われることがあります。ただ、カナダでは「風呂つき」のニュアンスが強いので、基本的には上で紹介した「washroom」でOKです。

restroom

[su_note note_color=”#FFFFCC”]公共の場(ホテルやデパート、駅など)のトイレ[/su_note]

アメリカで広く使われている「restroom」では、カナダでも同じように使われています。ニュアンスはやはり「公共の場のトイレ」で、少し丁寧な言い方です。

 

その他英語で「トイレ」を表す表現

 英語で「トイレ」を表す表現は他にもたくさんあります。いくつか代表的なものを紹介しておきますね。

  • lavatory

これもトイレを表す単語で、どちらかと言えばイギリスで使われる表現です。公共の場のトイレ表記として見かけることはあるかもしれませんが、かなり上品、そして丁寧な言い方なので、日常会話で使うことはほとんどありません。

  • men’s/women’s room

アメリカ、イギリスともに、デパートなどのトイレ表記で見かける表現です。「men’s room → 男性用トイレ」、「women’s room → 女性用トイレ」ですね。

  • ladies’ room/ gentlemen’s room

これも「men’s/women’s room」と同様に、女性用トイレ、男性用トイレを表すフォーマルな表記です。主にイギリスで使われます。

  • powder room 

日本語でいう「化粧室」ですね。主にデパートやホテルなどで見かける表現で、女性がメイクアップできるように大きな鏡や洗面台がついています。

 

トイレに行きたいときに使える基本フレーズ3つ

 ではここから、トイレに行きたくなった時に使えるフレーズをいくつか紹介します。旅行先、友人の家、ビジネスなど、シチュエーションに応じて使い分けてみてください。

また「( )」の中は、国や場所ごとに上でまとめた「トイレ」という表現を当てはめて使ってくださいね。

1.トイレはどこですか?

[su_note note_color=”#FFFFCC”]Where is the (restroom)?[/su_note]

シンプルにトイレの場所を聞くフレーズです。例えば、旅行先のショッピングモールなどでトイレの場所がわからなければ、このフレーズを使って店員さんに聞いてみましょう。

2.トイレを借りてもいいですか?

[su_note note_color=”#FFFFCC”]Can I use the (bathroom)?[/su_note]

友人の家にお邪魔しているときにトイレに行きたくなったら、このフレーズが使えます。日本語では「借りる」ですが、英語では「use(使う)」であることに気をつけてください。

3.トイレに行ってくる。

[su_note note_color=”#FFFFCC”]I have to/need to go to the (bathroom). [/su_note]

カジュアルな場で「トイレに行ってくる」と言いたいときはこのフレーズが使えます。直訳すると、「私はトイレに行く必要がある」という意味です。

また、同じようなフレーズで

  • I’m just going to the (bathroom).

も使えます。

4.ちょっと失礼します。(気を遣わなければならないとき)

[su_note note_color=”#FFFFCC”]Excuse me (for) a moment.[/su_note]

ビジネスのシチュエーションでは、「トイレ」という言葉を避けることが多いです。そんな時はこのフレーズを使いましょう。「a moment」は「少しの間」という意味です。

 

「トイレ」は英語で?まとめ

 では最後に、国ごとのトイレの表現と使えるフレーズをまとめておきます。これで海外でトイレがしたくなっても安心ですね!

アメリカ

  • 家のトイレ→「bathroom」
  • 公共のトイレ→「restroom」

イギリス

  • 家のトイレ・公共のトイレ→「toilet」

カナダ

  • 家のトイレ・公共のトイレ→「washroom」

トイレに行きたくなったら?

  • Where is the (restroom)?(トイレはどこですか?)
  • Can I use the (bathroom)?(トイレ借りてもいい?)
  • I have to/need to go to the (bathroom).(トイレ行ってくる。)
  • Excuse me a moment.(ちょっと失礼します。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です