英会話フレーズの覚え方!スラスラ話せるようになる5つのステップ

英会話フレーズを暗記したいんだけど、全然覚えられない…」

「せっかくフレーズを覚えたのに、実践でまったく口から出てこなかった…」

英会話の勉強がしたいと思ったとき、まずはフレーズ暗記からはじめる方が多いと思います。

ですが、いざやってみると中々覚えられなくて挫折してしまったり、覚えたはいいけど実践のときに話せなくて悔しい想いをしたことがある方も多いんじゃないでしょうか?

こうしてフレーズ暗記の勉強法に失敗してしまう方は、もしかすると「フレーズの覚え方」に問題があるかもしれません。

そこで今回は、「忘れない」かつ「実践でもスラスラ話せるようになる」ための効果的な英会話フレーズの覚え方を、5つのステップにわけて具体的に紹介していきます。

またこの記事は、当ブログ記事「英会話はとにかくフレーズ暗記から!その理由と上達の5つのコツ」の内容をより具体的な勉強法としてまとめたものです。合わせて参考にしてみてくださいね。

英会話はとにかくフレーズ暗記から!その理由と上達の5つのコツ

英語がスラスラ話せる!フレーズの覚え方~5ステップ~

英会話フレーズを覚えるときに大切なことは、「自分が使う機会がありそうなフレーズ」を「繰り返し練習」して、「会話で使いこなせるようにする」ことです。

「英会話フレーズ3000」みいたいなフレーズ集で、載っているフレーズを片っ端から覚えようとするようなやり方はおすすめしません。「広く、浅く」ではダメだということです。

では早速、スラスラ英語が話せるようになるためのフレーズの覚え方、5つのステップを紹介していきます。

  1. 実用的なフレーズ集を1つ用意し、覚えたいフレーズをピックアップする
  2. フレーズを「英語の語順のまま」訳してみる(余裕があれば)
  3. フレーズの日本語訳を見て(聞いて)、すぐに英語に直す練習をする
  4. 「覚えたフレーズ」を「会話で使えるフレーズ」にしていく
  5. 実践で使ってみる(話してみる)

それぞれ詳しく説明していきますね。

STEP1.実用的なフレーズ集を1つ用意し、覚えたいフレーズをピックアップする

ステップ1の目標

自分が実際に使えそうなフレーズ、覚えたいフレーズをいくつかピックアップする

まずは、実用的なフレーズがまとまった教材や本、アプリなどを1つ用意します。

なんでもいいですが、最低限「自分が実際に使う機会がありそうな実用フレーズ」がまとまっているものにしてください。

「Long time no see!(久しぶり!)」みたいな、ネイティブは日常で使うかもしれないけど、自分には使いどころがないフレーズばかりが載っているものは避けた方がいいです。

趣味で覚えたいのなら別ですけどね。

参考までに、下の5つの項目を満たしているフレーズ集があれば、一番理想的です。

フレーズ集選び 5つのチェック項目

・ネイティブの英語音声付きのもの(必須)
→音声がないと発音がわからずに、話す練習ができない
・フレーズが教科書英語ではなく、自然なもの(必須)
→覚えたフレーズをそのまま使えるようになることが一番の目的なので、不自然なフレーズの暗記は避けたい
・フレーズがシチュエーションごとにまとめられているもの
→シチュエーションごとにフレーズがまとめられていれば、使う機会が想像しやすい
・フレーズだけでなく、ダイヤログ(会話文)も一緒に載っているもの
→ダイヤログがあれば、実際にそのフレーズを使うイメージができる
・フレーズを話す練習ができる音声がついているもの
→「日本語 空白 英語」といった音声があれば、練習しやすい

もしお金にある程度余裕があれば、英会話教材のネイティブイングリッシュがこのすべての項目を満たしているのでおすすめです。

ネイティブイングリッシュネイティブイングリッシュの”まともな”口コミ&評価【購入前に必読】

フレーズ集を用意したら、その中で使えそうなフレーズをいくつかピックアップしてください。一度にたくさんやろうとすると挫折するので、まずは10個くらいでいいと思います。

シチュエーションごとにフレーズがまとまっているフレーズ集なら、そのシチュエーションごとに学習していくといいですね。

STEP2.フレーズを「英語の語順のまま」訳してみる(余裕があれば)

ステップ2の目標

覚えたいフレーズを、英語の語順のまま意味がわかるようにする

次に、覚えたいフレーズを「英語の語順のまま」訳してみます。

自然な日本語に直そうと「返り読み」せずに、フレーズの英文を前から順に読むということです。

とはいえ、3語程度の短いフレーズは「いつも同じ形で使われるお決まりフレーズ」の場合がほとんどなので、このステップは必要ありません。

こうして、新しくフレーズを覚えるたびに一度英語の語順のまま訳してみることで、

  • 自分が知らない単語や表現、文法などが浮き彫りになる
  • 単語や文法を「使える形」で覚えられる
  • 「返り読み」のクセがなくなる

というメリットがあります。

フレーズと一緒に単語や文法も身につけ、さらに「返り読み」のクセをなくすことで、英語の上達で一番大切な「語順感覚」を鍛えることができるというわけですね。

「前から順に訳す」というのがイマイチよくわからないという方は、「意味のわかるかたまり」に区切って訳してみてください。

例えば、

 ・Do you have this in another color?
(これの別の色のものはありますか?)
→ Do you have this(あなたはこれを持っていますか?)/ in another color?(別の色で)

 ・Could you call me a taxi?
(タクシーを呼んでいただけますか?)
→ Could you call(呼んでいただけませんか?)/ me(私に)/ a taxi?(タクシーを)

 ・Do I need to transfer somewhere?
(どこかで乗り換えが必要ですか?)
→ Do I need(私は必要ですか?)/ to transfer(乗り換えすることが)/ somewhere?(どこかで)

といったようにです。

そして、この時に意味や使い方がわからない単語・文法があれば、調べてください。最後にも説明しますが、「マイフレーズ集」に書き込んでおくと後で見直した時にわかりやすくなります。

ただ、このステップは余裕があればでかまいません。

初心者はまず文法や単語の使い方の知識を身につけるよりも、丸暗記でもなんでも、とにかく「自分が話せる英語のレパートリー」を増やしていくことが大切だからです。

こうしてフレーズの暗記と一緒に少しずつ文法力や単語力、語順感覚を身につけていくことで、その後の新しいフレーズが覚えやすくなるだけでなく、覚えたフレーズを応用して別の表現が話せるようにもなっていきます。

STEP3.フレーズの日本語訳を見て(聞いて)、すぐに英語に直す練習をする

ステップ3の目標

覚えたいフレーズの日本語を見て、スラスラ英語が言えるようにする

次のステップでは、フレーズの日本語訳を見てそれを英語に直す練習をしていきます。

このステップで日本語の意味と英語フレーズを結びつける練習をすることで、実際の会話のときに、ひとまず「日本語を考えれば」それを英語で話すことができるようになります。

あなたが英語を話せるようになるかどうかは、ここでどれだけ練習したかにかかっていると思ってください。

やり方自体は簡単で、例えば

「これの別の色のものはありますか?」

という日本語訳を見てすぐに、

Do you have this in another color?

というフレーズが言えるようになるまで、繰り返し練習するだけです。

このときのポイントは、

「頭で覚えようと」せず、何度も繰り返し練習することで「体で自然と覚えてまった」状態にすること

です。

なので、フレーズを言おうとして途中で躓いてしまっても、無理に「思い出そうと」する必要はありません。「あーなんだっけ…」となってしまったら、すぐにフレーズを確認してください。

そして逆に、日本語を見てフレーズを「思い出せる」レベルでは、まだ練習が足りていない証拠です。

実際にそのフレーズで英語が話せるようになるには、かけ算の九九のように、日本語を見たらほぼ無意識に口から出てくるくらいに練習する必要があります。

また、もしステップ2でそのフレーズを「意味のわかるかたまり」ごとに訳していたなら、そのかたまりを意識しながら、日本語を英語に訳す感覚で練習してください。この「英訳」を繰り返すことで、英語を英語のまま理解できるようになります。

もちろんはじめのうちは中々スムーズにできないと思いますが、繰り返していれば、誰でも必ずスラスラできるようになるので安心してください。

また、この練習は本を見ながらやってもいいですが、やはり「日本語→空白→英語」という音声が付いていた方が圧倒的にやりやすいので、フレーズ集選びの際にチェックしておくといいと思います。

STEP4.「覚えたフレーズ」を「会話で使えるフレーズ」にしていく

ステップ4の目標

覚えたフレーズに「発音」と「感情」をつけ足して、そのフレーズを会話で使いこなせるようにする

さて、ステップ3の段階で取りあえずそのフレーズで英語が話せるレベルにはなれます。

ただ、そのままだと日本語を考えないとフレーズが出てこないため、瞬発力が必要な会話では中々追いつきません。

また、日本語から英語に直すのに必死で、発音への意識も薄れてしまっていたはずです。

なので、このステップ4では覚えたフレーズを「伝わる発音で」かつ「日本語を考えなくても」言えるようにしていきます。ここまでくれば、もうそのフレーズは完全に自分のものになります。

具体的に何をすればいいのかというと、ステップ3と同じです。日本語を見て、それを英語に直す練習をします。

ただし、このときに

  • お手本の発音をそっくり真似する
  • そのフレーズを実際に自分が話しているイメージで、「感情を込めて」練習する

という2つのことを意識してください。

ステップ3でしっかりと練習ができていれば、日本語を英語に直すこと自体はストレスなくできると思います。そこで生まれた余裕を、今度は「使いこなせるようにすること」に集中させるわけです。

発音については、とにかくネイティブの英語をそっくり真似してください。そして余裕があれば、自分の発音を録音してみるのもいいと思います。

そして、「感情を込めて」というと難しく聞こえるかもしれませんが、要は、実際にそのフレーズを話すシチュエーションを想像しながら、会話のやりとりを想像しながら、自分が使う感覚で練習するということです。

例えば、もうお馴染みの「Do you have this in another color?」というフレーズなら、実際に自分が旅行先のショッピングで店員に別の色のものがないか聞くことをイメージしながら、練習してください。

この練習をすることで、

「これの別の色のものはありますか?」という「日本語訳」

ではなく、

「これピンクしかないのか…。違う色のやつないかな?」という「感情」

と、「Do you have this in another color?」というフレーズが結びつきます。その結果、そのフレーズを使いたいときに日本語を考えなくても口から出てくるようになるんですね。

この練習をするのには、ただフレーズだけがまとまった教材ではなく、ダイヤログ(会話文)つきの教材を使った方がやりやすいです。会話が想像できますからね。

STEP5.実践で使ってみる(話してみる)

ステップ5の目標

とにかく実践!

「話せる英語のレパートリーを増やす」という意味では、ステップ4までで完成です。こうしてマスターしたフレーズを少しずつ、増やしていきましょう。

そして、マスターしたからにはそのフレーズを実際に使ってみてください。これが最終ステップです。

もともと「自分が使う機会のあるフレーズ」を優先して練習してきたはずですから、きっと、実践する機会があるはずですよね。

当然ですが、本当の意味で「話せるようになる」のは、実際に「話してみたとき」です。

実践だと英語を話すのに緊張してしまって上手くいかないこともあるかもしれませんが、そういう経験も英会話を上達させるためには必要なので、怖がらずにどんどん話してみてください。

今までとは比べ物にならないほど「英語が話せている自分」に、嬉しくなるはずです。

自分だけの「マイフレーズ集」を作ってみよう!

ただフレーズを覚えていくだけなら、今まで説明してきた5つのステップを実践すればOKです。

ですがせっかくなので、学習したフレーズは持ち歩けるような小さめのノートにまとめて、「マイフレーズ集」を作ってみるといいと思います(ちなみに私は実際にやってました)。

こうして自分が学習したフレーズを形に残しておくことで、好きなときに何度でも見返せるだけでなく、ノートのページが増えていけば「自分こんなにフレーズ覚えてきたんだ!」とモチベーションにもつながります。

マイフレーズ集には何をどうやってまとめるのも自由ですが、例えば、

  • フレーズと日本語訳
  • 「意味のわかるかたまり」ごとの訳
  • 知らなかった単語・表現の意味や簡単な使い方
  • 「実際に使ってみた」マーク
  • 関連フレーズなどのメモ

などがあるかもしれませんね。

こうして自分が使いたい、覚えたいフレーズを少しずつでもまとめていけば、「どこでも見返せる自分だけの最強実用フレーズ集」が完成です。

マイフレーズ集

スラスラ話せる英会話フレーズの覚え方:まとめ

最後に、今回紹介した英会話フレーズの覚え方5つのステップをもう一度、簡単にまとめておきますね。

英会話フレーズの覚え方 5ステップ

・STEP1:フレーズ集を用意して、使えそうなフレーズをピックアップする
・STEP2:余裕があれば、文法や単語の意味、使い方を確認する
・STEP3:日本語から英語に直せるように練習する
・STEP4:発音を意識しながら、感情を込めて練習する
・STEP5:実際に使ってみる

フレーズ暗記は、たくさん、そして覚えようとすると苦痛になってしまいます。

そうではなく、量は少なくてもいいので、まずは自分が使えそうなフレーズ、覚えたいフレーズだけをピックアップして、1つ1つ丁寧に練習してマスターしていくことが大切です。「狭く、深く」ですね。

フレーズ暗記をはじめてみようと思った方は、是非今回の勉強法を参考にして、「自分が話せる英語のレパートリー」を少しずつ増やしていきましょう。

いきなり自由に話せなくても、使いこなせるフレーズが増えていけばいくほど、あなたの英会話力は確実に上がっていきますよ!応援しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です