How are you?英語の基本の挨拶と簡単で自然な答え方まとめ

 突然ですがあなたは、「How are you?」と聞かれてスムーズに返せる自信がありますか?

どうも、Kokiです。

人と会話をするとき、挨拶ってとても大切ですよね。なんの挨拶もなしに会話が始まれば、きっと誰しもが違和感を感じるはずです。知らない相手なら言うまでもないですが、仲の良い友人が相手でも、「おはよう。」という挨拶への返しが「ご飯食べに行こう。」だったら拍子抜けしてしまいますよね?

とは言っても、普段話し慣れている日本語なら、挨拶なんてまったく難しいことではありません。幼稚園児でもできます。では、これが英語になるとどうなるでしょうか?

「How are you ?」

このフレーズ、あなたも聞いたことありますよね?これ、英語の基本中の基本の挨拶です。では、あなたはこの挨拶に気持ちよく返してあげることができるでしょうか?

今回は、「How are you?」をはじめとする英語の基本的な挨拶への自然な返し方を、まとめて紹介していきます。英会話のスタートはここからと言っても過言ではありません。とっても簡単なので、しっかりマスターしていきましょう!

 

そもそも「How are you ?」って何を聞かれているの?

 「How are you ?」を日本語に訳すなら、あなたはどう訳しますか?

「元気ですか?」

「調子はどうですか?」

大体、こんなところでしょう。それなら、元気なのか元気じゃないのか、自分の今の調子はどんな感じなのかを考えて、正直に返してあげるのが自然だと思われがちです。

ですが、実はこの「How are you ?」という挨拶、実際に相手の気持ちや調子が気になって聞いているわけではないんですね。ここが、「How are you ?」への答え方をややこしくしているポイントではないかと思います。

では、「How are you ?」って何を聞かれているんでしょうか?何も聞かれていません。「え?」と思われる方も多いと思いますが、日本語の挨拶の場合に置き換えて考えてみてください。会社から退勤するとき、同僚に「お疲れ!」と挨拶されても、「今日はあんまり疲れてないんだ。ありがとう。」なんて答える人はいないでしょう。それと同じことなんです。

つまり、表面上は「元気ですか?」、「調子はどうですか?」という意味があっても、実際にはただの挨拶の決まり文句なんですよ。言葉って、このように表面上の意味だけ理解しても中々使いこなせるようにはなりません。

自分の国の言葉なら何も考えることのない表現でも、外国語となるとこうして使い方に戸惑ってしまう表現はたくさんありますよね。ですが、こういった表現の使い方がわかってくると、外国語の学習はどんどん面白くなっていきます。

超簡単!「How are you?」の答え方

 「How are you ?」は、挨拶の「決まり文句」です。となれば、答えるときもなんのひねりもいりません。答え方はいくらでもありますが、ここではいくつか基本的なものだけまとめていきますね。

(I’m)Good.

まず、一番一般的かつ自然な答え方が「Good.」です。友達に対しても初対面の人に対しても、フォーマルな場でもカジュアルな場でも使えます。これだけ?って感じですが、これだけです。とてもシンプルですよね。あなたの今の気持ちや調子が良かろうが悪かろうが、基本はこの「Good.」だけでいいんです。

ただ、goodだけだとちょっと寂しいという方は、

「Good, thanks.」

「Good, how are you?(how about you?)」

といったように、「Thanks.(ありがとう。)」をつけ足したり、同じように「How are you ?」や、「How about you ?(あなたはどうですか?)」などと聞き返すのが自然です。これに関してはこれから紹介する答え方にも同じことが言ええます。英会話初心者は、まずはこれだけ覚えておけばOKでしょう。

(I’m)Great. / (I’m)Very well.

「Good.」よりもポジティブな言い方が、「Great.」や「Very well.」です。どちらかと言えばですが、友人や同僚など、知り合いに対しての答え方ですね。

(I’m)Not bad. / (I’m)Okay.

どちらも、「悪くないよ。」という意味です。基本的には「Good.」などのポジティブな答え方をしておくのが無難なので、よく合う知り合いに対する答え方のバリエーションの1つとして覚えておく程度でいいでしょう。

(I’m)Fine.

おそらくほとんどの方にとって一番馴染みのある答え方が、この「I’m fine.」ではないでしょうか?学校で習った「I’m fine, thank you. And you?」というあのフレーズを思い出しますよね。ご存知の方もいるかもしれませんが、実際にこの答え方をするネイティブはほとんどいません。

「I’m fine.」という答え方自体には特に違和感ありませんが、気をつけたいのが、この答え方は何かを断る時に使われることもあるという点です。そのため、「もうこれ以上あなたと会話は続けたくありません。」という意味でとらえられてしまうことがあります。(イギリス英語では、ごく一般的にポジティブな表現としても使われているようです。)

( I )Could be better. / Not (so) good.

どちらの答え方も、「あまりよくない」というネガティブな表現です。実は、ネガティブな答え方はめったに使われません。はじめにもお伝えした通り、実際にあなたの調子を聞いているわけではないからです。仮にネガティブに答えるとしたら、家族や親しい友人に対してくらいですね。

またネガティブな答え方をすると、大抵相手は「Oh, what’s wrong?(え、何かあったの?)」などと理由を聞き返してくるので、あなたのネガティブなエピソードを話してあげる必要があります。初心者にとってはちょっとハードルが高いですね。(笑)

同じように挨拶で返す

これは主にアメリカ英語での話ですが、「How are you ?」という質問に対して答えるのではなく、同じように挨拶を返す答え方もあります。そして友人とのやり取りではむしろこちらの方が自然だったりします。

このときに返す挨拶はもちろん「How are you ?」でもいいですが、ネイティブと話していると別の挨拶で返すことも多いようですね。

例えば、

友人:Hey, how are you?

あなた:Hi, how’s it going?

といった感じで会話が進みます。(別の挨拶については、この後説明していきますね!)

この場合の「How are you ?」は、単に「Hello.」と同じような感覚で使われています。なので、こちらの返答を待たずに続けてべらべらと喋ってきたり、そのまま相手がどこかへ行ってしまうこともあります。

ポイント:これだけおさえればOK!

  • 基本的な答え方はシンプルに「Good.」でOK。それに加えて、「ありがとう。(Thanks. / Thank you.)」や「あなたは?(How about you ? / yourself? / you?)」などを足すと自然。
  • ネガティブな答え方はほとんど使わない。仮に答えたとしたら、その理由を相手に話す準備が必要。
  • 単に「Hello.」と同じ感覚の挨拶として使われることも多く、その場合はただ挨拶し返してあげればOK。「Hey, how are you ? → Hi, how’s it going?」

 

「How are you ?」以外によく使われる挨拶

 英語で一番基本的な挨拶である「How are you ?」ですが、実は他にも同じニュアンスで使われる挨拶がたくさんあります。その中でもよく使われるものをまとめたので、「How are you ?」以外の挨拶をされたときに固まってしまわないように、ここでさらっとチェックしていきましょう!

How are you doing ?

「How are you?」に「doing」がプラスされただけですね。ニュアンスに変わりはありません。強いて言うなら、ちょっとだけカジュアルな言い方です。

答え方は基本的に「How are you ?」のときと同じでOKですが、文法を合わせて答えるなら、答えにも「doing」をつけ足して、「I’m doing well.」などと言うこともできます。

How’s it going ? / How’s your day going ?

これもとても良く使われる挨拶です。ここで使われている「it」は、生活や仕事などのライフサイクルそのものを表している感覚で、直訳すると、「あなたの生活はどんな感じに進んでる?」といった意味になります。

そしてこの「it」をはっきり「your day(あなたの1日)」と具体的にしたのが、「How’s your day going ?」です。レストランやカフェ、ショッピングの際に店員さんがよく使ったりします。

これに対する答え方も、基本的には「How are you ?」のときと同じでOKです。また、文法を合わせるなら、「It’s going well.」などと答えるといいですね。

What’s up? / What’s going on?

今までの挨拶はどれも「How(どう?)」からはじまっていましたが、「What(なに?)」からはじまる挨拶もあります。「How」よりも直接的な表現のため砕けた挨拶になり、仲の良い友人に対してよく使われたりします。

答え方は、「Not too much.」、「Not a lot.」が自然で、どちらも「特になんにもないよ。」という意味です(「なに?」と聞かれているため、「How」の時のように「Good(良いよ)」といった答え方はしません。)

また、「What」に対する挨拶に対して相手にも聞き返したいときは、「How about you ?」ではなく、「What about you ?」になる点に少し注意が必要です。

基本の挨拶からはじまる英会話の例

 ではここで、これまで紹介してきた挨拶や答え方が実際の会話の中でどのように使われるのか、簡単な会話の例を紹介します。会話の中の人物になりきったつもりで見てみると、より使い方がわかりやすくなり、挨拶も身に付くはずです。

~旅行先のカフェにて~

店員:Good morning guys, how are you?

あなた:Hi. Good, how are you?

店員:Good thanks. Can I take your order?

あなた:Yes. I’d like a cappuccino, please.

~旅行先のファッションショップにて~

店員:Hi, how are you doing today?

あなた:Good. How are you?

店員:Great. Can I help you with anything?

あなた:No thanks, I’m just looking. I’ll ask you if I need a help.

~最近仲良くなった友人と街で会ったとき~

友人(ジョン):Hey, Taro! How’s it going?

あなた(太郎):Hi, John! How are you? What are you doing here?

友人(ジョン):I’m looking for a birthday gift for my sister.

あなた(太郎):Oh, that’s exciting.

挨拶は英会話の第一歩!

 「How are you?」の答え方と言われると、自分の調子に応じて色んな答え方があるとか、ネイティブはあんな表現、こんな表現を使うとか、その後は会話を続けなきゃいけないとか、ややこしく考えすぎている方が多いように感じます。

ですが、実際にはまったく動じることなんてないということに気づいていただけたのではないでしょうか?

挨拶は「なんて返すか」よりも、まずは「とにかく返してあげること」が大切です。「Good.」一言でもいいんです。明るく返すことができれば、きっと英会話に対する緊張もほどけていくでしょう。

コミュニケーションは挨拶から。フレーズや文法の学習も大切ですが、まずはこういった簡単な挨拶からできるようになると、あなたの英会話への自信にもつながっていくものです。

今日であなたの英会話は、間違いなく一歩上達しました。その調子で、少しずつ英会話の幅を広げていきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です