初心者でも英語が聞き取れるようになる?高速リスニングの本当の効果

高速の英語音声を聞くことで、リスニング力がUPする。英会話教材や英語学習書籍の中には、こういった「高速リスニングメソッド」を採用しているものがあります。

普段から高速音声に慣れておけば、ネイティブの速い英語もはっきりと聞き取れるようになる。確かに理にかなっているように聞こえますが、実は、高速リスニングの本当の効果は「英語が聞き取れるようになること」ではありません。

今回は、高速リスニングは本当に効果があるのか、また、初心者にも効果的なトレーニングなのか、リスニング力UPの根本的なお話をしながら、わかりやすく説明していきます。

高速リスニングでリスニング力はUPできる?

そもそも、高速リスニングには本当にリスニング力UPの効果があるんでしょうか?結論を言ってしまいますと、確かに効果はあります。

ですが、ただ高速リスニングだけやったところで、今まで聞き取れなかった英語が聞き取れるようにはなりません。高速音声でリスニングをしていれば、いつかネイティブの英語も聞き取れるようになるなんていうのは幻想です。また、リスニング力UPに必ずしも必要なトレーニングではありません。

では、高速リスニングでリスニング力がUPするとはどういうことかなのか説明していきます。

高速リスニングの本当の効果は「意味の理解スピードが上がること」

高速リスニングで得られるリスニング力UPの効果。それは、今まで聞き取れなかったネイティブの速い英語がはっきりと聞き取れるようになることではありません。聞いた英語の意味をスムーズに理解できるようになることです。

リーディングで例えてみましょう。英語を読むことに慣れていないと、たとえ文法や単語がしっかりわかっていても、それを英語の語順のままスムーズに理解できなかったり、一々日本語訳を考えてしまって意味を理解するのに時間がかかってしまいますよね?

これだと、聞いた英語をその場で理解しなければいけないリスニングでは、意味を理解するスピードが到底追いつきません。さらに、そうして意味を考えている間に本当は聞き取れるはずの単語さえも聞き逃してしまい、もうわけがわからなくなってしまいます。

こんな状態を解決するためのトレーニングが、高速リスニングです。

音声が高速になれば、脳はその分速く英語を理解しようとします。これを続けていくことで、少しずつ意味を理解するスピードを上げていくことができます。その結果、今まで一回じゃ聞き取れず意味がわからなかった英語も、スムーズに理解できるようになっていくわけです。

元々聞き取れない、理解できない英語をいくら高速で聞いても意味がない

高速リスニングの効果は「聞いた英語の意味をスムーズに理解できるようになること」でしたね。

ですが、ただ高速音声のリスニングを続けていけば効果があるわけではありません。完全に聞き取れる・意味がわかる英語音声を使ったトレーニングをしないと、なんの意味もないんです。

理由は単純に、元々聞き取れない・意味がわからない英語を何百回高速で聞いたところで、それを聞き取って理解できるようになるわけがないからです。

高速リスニングの効果は「英語の理解スピードを上げること」ですから、そもそも理解できていない英語をいくら聞いたって無駄なんですね。理解できないんですから、理解スピードに遅いも速いもありません。

なので、基本的に高速リスニングは「英語はある程度聞き取れるし英文の意味もわかるけど、一回じゃ聞き取れないことが多い」という中級者以上に効果的なトレーニングであり、英語の音を聞き取ることすらままならない初心者がやるべきトレーニングではありません。

初心者がはじめるべきリスニングトレーニング

高速リスニングは、初心者が闇雲に続けても効果はありません。初心者がリスニング力をUPさせるためにまずはじめるべきことは、意味を理解するトレーニングよりも、英語の音に慣れ、その音を聞き取るトレーニングです。音が聞き取れるようにならない限り、意味を理解できるようにはならないからです。

そのために私がおすすめするのは、簡単で短めのフレーズを1つ1つ確実に聞き取れるようにしていくことです。

英語が聞き取れるようになるために大切なことは、とにかく自分の中で「聞き取れる英語」を増やしていくことです。「聞き取れる英語」というのは、音を聞いてその英文がわかる英語です。

例えば、下の英語を聞いて、

 

「What are you going to do tonight?」

という英文だとわかれば、この英語は「聞き取れる英語」だということになります。

「聞き取れる英語」にするための方法は簡単で、まずは英文を見ながら何回も音を聞いて(できれば発音して)、頭の中で音と文字が一致してきたら、今度は英文を見ないで何回も聞いてみる。最終的に、音を聞いただけで自然と頭に英文が浮かぶようになれば完璧です。

初心者のうちはこうして基本的かつ短いフレーズを1つ1つ聞き取れるようにしていくことで、聞き取れる英語の幅がぐっと広がります。初心者のリスニング学習法について詳しくは、また別の記事で詳しくまとめようと思います。

高速リスニングの効果を最大にするための5つのポイント

ではここで話を元に戻して、高速リスニングでしっかりと効果を出すために大切なポイントを簡単にまとめておきます。

ちなみに、高速リスニングトレーニングをするのには「Audipo」というアプリがすごくおすすめです。このアプリは簡単な操作でスマホに取り込んだ音声の再生スピードを自由に設定することができます(2倍速まで)。

高速リスニングをやってみたい方は是非ダウンロードしてみてください。無料です。

Audipo 〜倍速再生、耳コピ、リスニングに〜

Audipo 〜倍速再生、耳コピ、リスニングに〜
開発元:hidekazu seto
無料
posted with アプリーチ

1.フレーズや短い会話文ではなく、ニュースや物語など長めの音声を使う

高速リスニングで使う英語素材は、ある程度まとまった長さがあるものにしてください。会話文など短い素材だと、1文1文が単純かつお決まりの形が多いので、意味を理解するトレーニングをするのには物足りません。

2.あらかじめ英文の意味を理解しておき、聞き取れない単語もなくしておく

先にも説明した通り、聞き取れない・意味のわからない英語をいくら高速で聞いても効果はありません。高速リスニングをする英語は、あらかじめ意味を完全に理解しておき、英文を見ながら何度も音声を聞いて聞き取れない単語をなくしておいてください。

3.聞き流さずに、頭の中でシャドーイングする

高速リスニングは、聞き流していると効果が薄れてしまいます(聞き流していても内容が理解できるなら、音声速度を上げるか、より難しい、聞き慣れていない英語音声を使ってください)。

また、聞くときは頭の中で英文をシャドーイング(音声のすぐ後に続いて発音すること)してください。そうすることで、確実に英語を追うスピードが速くなり、意味を理解するスピードも上がります。

4.できるだけ毎日続ける

どんなトレーニングでもそうですが、たまにやったりやらなかったりではあまり効果がなくなってしまいます。筋トレとかと同じですね。

なので、しっかりと効果を出したいなら、最低でも10分~15分程度、できるだけ毎日続けることをおすすめします。

5.まずは1.5倍速程度からはじめる

音声速度は遅すぎても速すぎてもダメです。遅ければ高速リスニングの意味がありませんし、いきなり速すぎる音声を聞いても、まったく追いつけずトレーニングになりません。

なので、はじめは1.5倍速程度から始め、「意味の理解が追いつくようになってきたな」と感じたら今度は2倍速に上げてみたり、もしくは別の英語素材を使ってトレーニングをすると効果的です。

英語の高速リスニングの効果:まとめ

高速音声を聞いてリスニング力をUP。最後に、その学習法や効果についてまとめておきますね。

  • 高速リスニングは「意味の理解スピードを上げるためのトレーニング」であり、「音を聞き取れるようにするためのトレーニング」ではない。
  • 高速リスニングをする時は、「音も意味も完全に理解できる英文」を使わないと意味がない。
  • 高速リスニングはリスニング初心者が闇雲にやってもほとんど効果がない。
  • 高速リスニングは必ずしも必要なトレーニングではない。

記事の内容が役に立ったらシェアしていただけると嬉しいです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です