まずはこれだけやればOK!英会話超初心者のための超具体的勉強法

 

 英会話超初心者は何からどうやって勉強していけばいいんでしょうか。

中学レベルの文法や単語も曖昧で、英語なんてまったく話せないけど、簡単な日常会話や旅行会話くらいはできるようになりたい・・・

何を隠そう、私も英語なんてまったくダメだった超初心者から勉強をはじめた一人です。当時は何からはじめていいかもまったくわからず、色んな勉強を試してみては挫折を繰り返していました。学生時代にもっとちゃんと勉強しておけばよかったと心から思ったものです。

ではあらためて、英会話超初心者は何からはじめたらいいのか。

今回は私の英語学習の経験から、超がつくほどの初心者は英会話を上達させるためにどんな勉強をしていけばいいのか、詳細かつ具体的にお伝えしていこうと思います。

英会話超初心者は、まずはこれだけやっておけばOKです。

 

まず大切なこと。英語学習は継続が命であり最大の壁

 具体的な勉強法を説明する前に、1つとても大切なことをお伝えしておきます。英語学習は続けることが何よりも大切であり、何よりも難しいということです。

まず前提として、英会話の習得には時間がかかります。1ヵ月やそこらでペラペラ話せるようにはなりません。目指すレベルにもよりますが、まともに上達を実感できるまでに数ヵ月や数年単位の勉強が必要です。

そして正直、今のあなたにとって英会話は必ずしも必要不可欠なものではないと思います。日本に住んでいて今すぐ英語が必要な人なんてほとんどいません。

さらに、今のあなたは英語を話せるようになりたいのであって、英語の勉強がしたいわけではないですよね?仮に勉強しないで確実に英語を話せるようになる方法があるなら、絶対に勉強なんてしないはずです。私ならしたくありません。

つまりスタート地点では、ほとんどの人にとって英会話の勉強は、特別必要ではないもののために、やりたくもないことを何カ月も、何年も続けなくてはいけない、ということなんです。たくさんの人が英語学習に挫折していますが、当然と言えば当然なんですね。

なのでこれから英会話の勉強をはじめるなら、まずはこの問題をどうにかしないと話になりません。効果的、効率的な勉強法などは二の次だということです。

これから私が紹介する勉強法は、これを少しでも解決する、超初心者のための勉強法です。中学文法を全部やり直せなんて言いませんので、安心してください。

 

英会話超初心者のための超具体的勉強法

 ではここから超初心者のための具体的な英会話の勉強法を紹介していきます。

私が考える英会話超初心者の勉強法のポイントは、

[su_note note_color=”#f8fbfe” radius=”0″]
  • 何よりも続けやすい勉強法を選ぶ
  • 少しでも英会話を上達させる
  • 辛い勉強はしない
[/su_note]

の3つです。

では勉強法を4つのステップにわけて説明していきますね。

 

1.自分が英語を話すとしたらどんな時かを考える

まず真っ先にやって頂きたいことが、自分が英語を話す可能性があるのはどんなシチュエーションなのかを考えることです。そしてそのシチュエーションだけでも、簡単な英会話ができるようになることを目指しましょう。超初心者の最初のゴールはここです。

例えば、

[su_note note_color=”#f8fbfe” radius=”0″]
  • 旅行先のレストランやショッピング
  • 道に迷ってしまった外国人への道案内
  • 初対面での自己紹介
  • 仕事がサービス業なら接客用の英語
[/su_note]

などです。間違っても日常会話のマスターを考えて、「ネイティブが日常で使う表現集」なんて買わないようにしましょう。

こうして自分が英語を話すシチュエーションをはっきりさせておくことで、やるべき勉強が一気に絞られます。やりたくない勉強の量をまず減らしましょうということです。

そして、英会話超初心者はどんなに簡単なやりとりでも、「自分にも英語が話せた!」という体験をすることが何よりも大切です。この体験1つで、あなたの英語学習に対する取り組み方がガラリと変わります。英語を話せたという自信と喜びで、「もっと英語を話せるようになりたい!そのために勉強したい!」と思えるようになるんですね。

本当の意味での”勉強したい”という感情は、実際に英語を話す体験ができないと湧きません。

日本から一歩も出たことがない人が、「世界一周をしたい!」と言って毎日必死に貯金なんて中々できませんよね?ですが、何度か海外へ行ってその魅力を実体験することができれば、貯金に対する意識も全然違ってくるはずです。”あこがれ”が”目標”に変わるということです。

もちろんそうは言っても英語を話す機会なんてそうありませんから、英会話超初心者はまずその数少ない機会で、少しでも、確実に英語を話せるように準備をすることが大切です。

 

2.簡単な教材や参考書を用意する

次に、自分が英語を話す機会での簡単な英会話が収録された教材や参考書を1つ用意します。実用的なものであればフレーズ集でもいいですが、超初心者は英会話そのものに慣れるためにも会話形式のものがおすすめです。

基本的にどんなものでも構いませんが、

[su_note note_color=”#f8fbfe” radius=”0″]
  • 難しくない
  • 解説付き
  • 音声付き
[/su_note]

のものにしてください。

まず、英会話超初心者は難しいと感じる文法や単語には一切触れる必要はありません。難しいとそれだけで挫折してしまうからです。同じ理由で、わかりやすい解説がついているものにしてください。

また、教材は必ず音声付きのものにしてください。音声がないと発音がわからないのでスピーキングの練習ができないだけでなく、なんせ覚えにくいです。

そして何よりも、自分が続けやすそうな教材を選んでください。高かろうが安かろうが、ボリュームがあろうがなかろうが関係ありません。学習を続けられるということはそれだけ重要なことです。

私が1つおすすめするとしたら、「英語ぺらぺら君 初級編」という教材が英会話超初心者にはピッタリだと思います。名前も販売ページも正直ちょっと胡散臭いですが、実用的なシチュエーションでの簡単な会話の収録、音声解説付き、スピーキングの練習ができる構成など、超初心者には理想的な教材です。

この教材は別の記事で詳しくレビューしていますので、参考にしてみてください。

[link url=”https://yesican-english.com/eigo-peraperakun-review/”]

 

3.使えそうな表現やフレーズを何度も声に出して覚える

教材を用意したら、そこに収録されている実用的な表現やフレーズを何度も声に出して覚えていきます。

これに関しては音声を真似してとにかく反復練習することに尽きます。暗記しようとするのではなく、何度も声に出した結果、そのフレーズを”自然と覚えてしまう”のが理想的です。

また、フレーズの発音練習をする時は、

[su_note note_color=”#f8fbfe” radius=”0″]
  • できればそのフレーズの構造を理解しておく
  • 自分が実際に話すシチュエーションを想像して、感情をこめて発音する
[/su_note]

と効果的です。

文の構造を理解しておくというのは、文法を覚えることとはまたちょっと違います。例えば、

Can I get a cup of water? (水を一杯もらえますか?)

というフレーズなら、

  • 「Can I」の後に動詞をつけると、「~(動詞)してもいいですか?」という意味になる
  • 「a cup of ~ 」で「一杯の~」という意味

程度の理解でOKです。実際に自分でも使いそうなフレーズなら、自分で文を作ってみるとそのフレーズがぐっと定着しやすくなります。

また、感情をこめて発音するということも重要です。先ほどのフレーズなら、「レストランなどで店員に水を頼むことを想像しながら」発音します。教材が会話形式になっていれば、そのまま感情移入してしまうといいでしょう。

こうして感情を込めながらフレーズを発音することで、「水が欲しいな」と思ったときにそのまま「Can I get a cup of water?」というフレーズが口から出てくるようになります。つまり、頭の中に日本語が一々出てこないということです。

こうして、自分が使いそうなフレーズが口からスムーズに出てくるようになるまで何度も繰り返し練習します。

 

4.”困った”を無くす決まった表現パターンを覚える(余裕があれば)

ここからは余裕があればやっておいた方がいい勉強です。

自分が実際に英語を話しそうなシチュエーションでの簡単な会話ができるようになれば、次に覚えるべきなのは、”困った時”にそれを解決するための表現です。

つまり、何かを”したい”、何かを”してほしい”ときに使える表現を覚えていくということです。こういった表現を覚えておくと、英語が話せないことで問題になってしまうことが減ります。

道を聞きたいけどなんて言ったらいいかわからない、欲しい服の別のサイズがあるか聞きたいけどなんて言ったらいいかわからない、ということを無くしていくんですね。

決まった表現の例をいくつかあげると、

[su_note note_color=”#f8fbfe” radius=”0″]
  • I’d like to ~ 「~したいのですが。」
  • Can I ~ 「~してもいいですか?」
  • Where ~ 「~はどこですか?」
  • What ~ 「~はなんですか?」
  • Do you have ~ 「~はありますか?」
[/su_note]

などがあります。もちろん、すでに今までの勉強で覚えた表現があるかもしれませんが、もしこういった表現を覚えていなければ、優先的に覚えていきましょう。

これもできれば音声付きの教材や参考書で勉強していくのが理想的です。

私がおすすめするのは、

CDBたったの72パターンでこんなに話せる英会話 (アスカカルチャー)

です。何かをしたいとき以外に使う表現もたくさん収録されていますが、最終的にこの本に載っている表現を使いこなせれば、英会話の幅はぐっと広がります。フレーズを覚えるときは何度も繰り返し口に出して練習してください。

そして同時に、「自分は英語が得意じゃない」と伝えるフレーズを覚えておきましょう。これさえしっかりと伝えられれば、相手は簡単な単語を使ってくれたり、ゆっくり話してくれます。コミュニケーションの基本ですね。意外とこれができていない方が多いように思います。

例えば、

[su_note note_color=”#f8fbfe” radius=”0″]
  • I’m not so good at English. (私は英語があまり得意じゃないんです。)
  • I’m sorry. I can’t understand you. (ごめんなさい。私には理解できないです。)
  • Could you speak more slowly? (もっとゆっくり話していただけないでしょうか?)
[/su_note]

といったフレーズです。組み合わせて使ってください。ちなみに、「I can’t speak English.」は使わないようにしましょう。これはもう、「英語話せないので無理です。」と会話を拒否しているようなものです。せっかくの英語で話すチャンスを無駄にしかねません。

また、これはほとんどの方は大丈夫だと思いますが、

[su_note note_color=”#f8fbfe” radius=”0″]
  • Excuse me.
  • Okay.
  • Thank you.
  • Yes.
  • No.
[/su_note]

も確実に言えるようにしておきましょう。

 

英会話超初心者は使えるフレーズを覚えればそれだけでOK

基本的に、英会話超初心者が最低限やっておくべき勉強はこれだけでOKです。

リスニング、単語、文法書、細かい発音などはあえて勉強する必要はありません。こういった勉強は、そもそも上達に時間がかかるからです。

ちょっとやそっとじゃ上達できないので、これらの勉強に時間を割くよりは、使えるフレーズを覚えるという、それだけでスピーキングの上達に直結する勉強を優先するべきです。

「何事も基礎からやらないとダメ」なんて頭の固い考え方は消し去りましょう。「変な癖が・・・」とかいうのも今は無視でいいです。日本人のこういった考え方は間違いなく英語の習得の邪魔です。

もちろんフレーズを覚えるだけでペラペラにはなりませんが、はじめにもお伝えしたとおり、英会話超初心者はまず英語で簡単なコミュニケーションがとれたという体験をすることが大切です。はじめからペラペラなんて目指してはいけません。無理な勉強をはじめて挫折するのがオチです。

英会話を上達させたいなら、文法書を1冊丸暗記することよりも、レストランでおすすめの料理を聞くためのフレーズをスムーズに言えるようにすることの方が大切なんです。100の知識よりも、1の経験のために勉強をしましょう。

 

勉強はあまり頑張りすぎないこと

勉強法がわかると、「よし、毎日30分やるぞ!」と頑張ろうとする方がいますが、超初心者の段階では無理に勉強を頑張ってはいけません。例え今モチベーションが高くても、いつ下がってもおかしくないからです。モチベーションは下がることを前提としていてください。

なので、「1日○○分勉強する」といった目標は立てない方がいいでしょう。立てるとしたら、1分程度にしてください。10分ではなく、1分です。目標を立てること自体は、頭の中で常に英語に対する意識ができるのでおすすめですが、どんな時にでも確実に達成できる目標にしてください。達成できなかったときに一気にやる気がなくなってしまいます。

また、勉強は”スキマ時間”や”ながら学習”でやるようにしてください。通勤中にちょっと勉強する、料理をしながら英語を聞いて発音するなどです。英語の勉強のために時間を”確保する”必要はありません。確保しようとすると、続かなくなります。

 

楽しみながら英語の勉強に”慣れる”のもおすすめ

 ここまで、英会話超初心者のための英会話を上達させる勉強法を紹介してきました。

この勉強法だけでも、あなたが実際に英語を話す機会に遭遇した時に、少しでも簡単な英語を話せるようにはなるはずです。つまり、その時あなたはもう英語が話せます。英語を話すってそんなに難しいことじゃないんです。

ですが、上で紹介した勉強法はどうしても楽しくはないです。いくら勉強量を減らしても、英語の勉強そのものが好きになれないと中々続きません。

そこで、気分がのらないときでも英語に触れやすい方法を紹介したいと思います。こういった方法を取り入れることで、英語の勉強自体は続かなくても、英語に触れる習慣ができます。

 

Youtubeの英語学習チャンネルを見る

まずおすすめするのが、Youtubeの英語学習チャンネルを見ることです。

Youtubeには英語学習者向けの楽しい動画を配信しているチャンネルがたくさんあります。もちろん、勉強しようと思って見る必要はありません。

英会話超初心者は、まずはバイリンガールを見ましょう。きっと楽しめるはずです。

 

こういったYoutubeの楽しい英語学習チャンネルは、一部別記事でまとめていますので参考にしてみてください。

[link url=”https://yesican-english.com/english-youtube8/”]

 

英語学習アプリを使ってみる

英語の勉強に慣れるために、英語学習アプリを使うのもおすすめです。

アプリの魅力は何といってもどこでも使えるところですよね。どこでも英語に触れることができれば、それだけで勉強が続けやすくなります。

英会話超初心者におすすめするのは、Duolingoです。このアプリでは、英語の基礎文法をゲーム感覚で学んでいくことができます。ちょっとしたスキマ時間にでも是非使ってみてください。

Duolingo | 英語を無料で学ぼう

Duolingo | 英語を無料で学ぼう
開発元:Duolingo
無料
posted with アプリーチ

の5つをおさえて勉強を進めてください。

英会話超初心者の方は、上達を焦らずに、少しずつ勉強をしていってくださいね。この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です