英会話はとにかくフレーズ暗記から!その理由と上達の5つのコツ

英会話のフレーズ暗記って意味あるの?どうやったら話せるようになるの?」

英会話の勉強法にはいろいろなものがありますが、中でもとっつきやく、メジャーな勉強法が「フレーズ暗記」です。

ですが、フレーズ暗記で本当に英語が話せるようになるのか、どうやってフレーズを覚えていけばいいのか、疑問に思っている方も多いはずです。

フレーズ暗記には賛否両論があるわけですが、私としては、英会話初心者はとにかくフレーズ暗記から始めるべきだと思っています。

今回はその理由と、フレーズ暗記で英会話を上達させるための5つのコツを紹介します。

英会話はとにかくフレーズ暗記から始めるべき2つの理由

英会話のフレーズ暗記については、否定的な意見が多い気がします。「フレーズ暗記じゃ英語が自由に話せるようにはならない」と。

確かにその通りですが、独学で英会話を身につけてきた私の経験から言えば、英会話の勉強は絶対にフレーズ暗記から始めるべきです。

そして逆に、はじめから「自由に話せるようになるための勉強」なんて、一切やめるべきだと思っています。初心者ならなおさらです。

では、なぜ英会話はフレーズ暗記から始めるべきなのか。理由は、

  • 難しいことをしなくても、覚えるだけですぐに「英語が話せる」
  • 単語や文法を「使える形」で覚えられる

の2つです。

それぞれ詳しくお伝えしていきますね。

1.難しいことをしなくても、覚えるだけですぐに「英語が話せる」

英会話はまずフレーズ暗記から始めるべき最大の理由。それは、

覚えるだけですぐに英語が話せる

からです。

文法など細かいことを気にして一から英語を組み立てなくても、覚えれば覚えるだけ、「話せる英語」をどんどん増やしていくことができるんですね。

ただしもちろん、フレーズ暗記だけで英語が自由に話せるようにはなりません。

ですが、そもそも日本に住んでいる限り、本当に自由に英語が話せないとコミュニケーションが取れなくてどうしようもない場面なんてないはずですよね?

言い換えれば、ほとんどの方にとって英語を話す機会は限られているはずなんです。

例えば、

  • 海外旅行先のショッピング
  • 駅で外国人に道を聞かれたとき
  • 職場での英語の電話応対
  • 知り合いにアメリカ人の友人を紹介されたとき
  • スポーツバーで隣の外国人に声をかけるとき

などがあるかもしれません。

こうして英語を話す機会が限られているなら、じゃあその場面でどんな相手とどんな話をする(したい)のかくらい、ある程度想像できますよね?

それなら、まずはその内容だけでも話せるようにするためにいくつかフレーズを暗記しておけば、少しでも英語を話すことができます。

もちろんそうは言ってもお決まりのフレーズだけで成り立つ会話はほとんどないですし、「言いたいことが言えない」経験だってたくさんするでしょう。

ですが、それはどんなレベルを目指そうと避けられない経験です。それを気にして「自由に話せるようになってから話そう」と考えているようでは、英会話は上達しないんですよね。

「自由に話せるようになること」を目指すこと自体は悪いことではありませんが、ハッキリ言って簡単じゃありませんよ。

ネット上にあふれる”効果的な勉強法”を参考にしてやってみればわかります。英語に対して異常な執着心でもない限り、まともに話せるようになる前に100%挫折します。断言してもいいです。

「あこがれ」だけが先走って「実際に話すこと」を忘れてしまった挙句、「本物の英会話力」、「ペラペラ」などといった日本の「英語ビジネス」の文句にまんまと乗せられ、結局話せるようになる前に挫折。悲しすぎますよ。こうなってほしくありません。

それよりも、まずは自分が話すことを前提とした限られた場面で簡単な英語が話せるように、フレーズを丸暗記してでも「話せる英語」のレパートリーを増やしていくことが大切です。

英語は「話せるようになるために」ではなく、「話すために」身につけるものです。失敗しながらでも、「話すために」練習をして、実践を繰り返していった結果として、「話せるようになる」んです。

そのための最初の一歩として、何よりも「フレーズ暗記」が確実だということです。

2.単語や文法、表現などを「使える形」で覚えられる

2つ目の理由は、学習効果のメリットについてです。

フレーズ単位で表現を暗記していくことで、単語や文法が実際の会話でどのように使われるのか、「使える形」で覚えることができます。

そして文法や単語はとにかくフレーズとして「使える形」で覚えないと、実際の会話ではまったくと言って良いほど役に立ちません。これは私も本当に苦労しました。

よく、「単語をたくさん覚えて、あとはそれを文法や決まった語順どおりに組み立てれば英語が話せる」と思っている方がいますが、実はこうして単語と文法を切り離して勉強するだけでは、英語は話せないんです。

そもそも、まず「文法」があってそこから言葉ができたのではなく、「言葉」があってその中で見つけ出された規則が「文法」だということを忘れてはいけません。

つまり、単語や文法は「自由に組み立てるもの」ではなく、どんな表現がしたいときにどうやって使われるのか、もともと使い方がある程度決まっているものなんです。

日本人の英語は「文法は正しくても表現として明らかに不自然」だとよく言われています。

これはまさに、「テスト」のために「単語帳」や「文法問題集」を使って単語と文法を切り離して「勉強」してしまった結果、それを「組み立てて」英語を話そうとするからです。

例えば、旅行先の観光地で会った外国人との話の流れで、「行き先はまだ決まってないんですよね~。」と言いたかったとします。

このとき、単語と文法だけで文を組み立てようとすると、

「My destination is not decided yet.(私の行き先はまだ決まっていません)」

なんていう「文法は正しくても明らかに不自然な英文」を作ってしまうんですね。ちなみに実際には「I don’t know where I’m gonna go.(私はどこへ行く予定かわからない)」といった言い方が自然でしょう。

もちろん、不自然だろうと伝わればいいという意見はごもっともです。私もそう思います。

ですが問題なのは、文法と単語だけで英語を組み立てようとすると、「この表現はこの文法で合っているのかな…?」などと一々考えて話せなくなってしまうことなんですよね。

日本語と英語は言葉としての表現の仕方や構造が全然違うので、なおさらこんな事態になってしまいます。あなたにも経験ありませんか?

そして仮になんとか話せたとしても、発音が日本人訛りだと今度は悲しくなるくらい理解してもらえません。ネイティブからしても、そんな言い方聞いたことがないからです。

こんな残念なことにならないためにも、文法や単語は「使える形」で、つまり「フレーズ」で覚える必要があるんです。

実体験から言っても、こうして「使える形で暗記したフレーズ」の数が増えれば増えるほど、そのフレーズをそのまま使ったり、単語を入れ替えたり、フレーズをつなぎ合わせたりすることでどんどん流暢に話せるようになっていきます。

フレーズ暗記で英会話を上達させるための5つのコツ

フレーズ暗記5つのコツ

英語が話せるようになりたいなら、まずはフレーズ暗記からはじめましょう。ですが、「英会話フレーズ3000」みたいなフレーズ集でただ闇雲に暗記しようとしても、話せるようにはなりません。

フレーズ暗記で英会話を上達させるためのコツを5つ紹介します。

  1. 「自分が話している姿が想像できるフレーズ」を最優先で覚える
  2. できれば「丸暗記」するだけではなく、文法や単語の使い方を確認する
  3. 「頭」ではなく、「体」で覚える
  4. フレーズを口に出すときは、必ず「感情」を込める
  5. 単語を入れ替えて表現の幅が広げられないか考えてみる

また、下の記事でこの5つのコツを踏まえた具体的なフレーズの覚え方をまとめているので、合わせて参考にしてみてください。

英会話フレーズの覚え方!スラスラ話せるようになる5つのステップ

2017.02.28

1.「自分が話している姿が想像できるフレーズ」を最優先で覚える

フレーズ暗記で英会話を上達させるために一番大切なことは、何よりも

「自分が話している姿が想像できるフレーズ

を、最優先で覚えるということです。

理由は単純に、「自分が話している場面が想像できないフレーズ」=「使う機会が想像もできないフレーズ」であり、今あなたが暗記したところで一切役に立たないからです。

言い換えれば、そのフレーズを苦労して覚えたところであなたは英語が話せないままだということです。

逆に、自分が使う機会を想定してフレーズを覚えていけば、当然その分どんどん英語が話せるようになります。

もし自分が使いそうなフレーズがなければ、少なくとも「これは絶対覚えたい!」と思えるフレーズだけ暗記するようにしてください。

「覚えたい!」と思えないフレーズの暗記なんて、苦痛以外のなにものでもありませんよね。これだと挫折してしまいます。

英語はとにかく「手段」か「趣味」か、つまり「自分が使う前提で学習する」か、「楽しいから学習する」かのどちらかで学習していくことが大切です

2.できれば「丸暗記」するだけではなく、文法や単語の使い方を確認する

英会話でフレーズ暗記をする最大のメリットは、自分が実際に話す機会のあるフレーズをどんどん覚えていくことで、「話せる英語」のレパートリーを増やせることです。

そういった意味では、基本的にフレーズは丸暗記でもかまいません。自分がピックアップしたフレーズが話せれば、まずは十分です。

ですがもし余裕があれば、やっぱり文法や単語の使い方を確認するに越したことはないでしょう。

先にもお伝えした通り、フレーズ暗記のメリットの1つは文法や単語を「使う形」で覚えられることにあるからです。

こうして文法や単語の「使う形」がわかれば、あとは単語を入れ替えたり、フレーズ同士を組み合わせたりと、表現の幅を広げられるようになります。

では具体的に何をしたらいいのかというと、

  1. フレーズを前から順に、自分が意味のわかるかたまりごとに訳してみる
  2. 訳せなければ、文法や単語を調べる

だけです。

例えば、

「What kind of drink do you have?(どんな飲み物がありますか?)」

というフレーズなら、

What(何)/kind of drink(飲み物の種類)/do you have?(あなたは持っていますか?)

といった感じで、英語の語順のまま、自分にとって意味がわかるかたまりごとに訳してみるんです。

無事スムーズに訳せたら、あなたはそのフレーズの文法と単語を「理解している」証明になります。

逆に、例えば「kind」という単語の意味がわからずにフレーズを訳せなけば、ネットなどで検索して意味を調べてみてください。

そうすると、「kind of ~=~の種類」という使い方を新しく覚えることができますよね。

こうして、新しく覚えるフレーズはまず「語順のまま訳してみる」ことで、英語の語順感覚が身につくだけでなく、自分が知らなかった単語や文法の意味、使い方が浮き彫りになります。

そして知らなかった単語や文法は「自分が使える形」で覚えていくことができます。

英会話において文法や単語は「基礎から一気にやり直して詰め込む」ものではなく、こうして使っていく過程で少しずつ覚えていくものなんです。

3.「頭」ではなく、「体」で覚える

フレーズ暗記でやってしまいがちなのが、とにかくそのフレーズを”頭を使って覚えようと”することです。

例えば、「Could you say that again?(もう一度言っていただけますか?)」というフレーズを覚えたい時、日本語訳を見て、

「Could you say … again…? だっけ?いや、何か足りないなーなんだっけ…」

「Could you say …that again!よし、やっと覚えた!次のフレーズを暗記だ!」

みたいに”頭で覚えようと”するようなやり方は避けてください。また、頭の中で考えたり、紙に書いたりする方法も意味がありません。

なぜならこうして「頭で覚えようとして暗記したフレーズ」は、ただ単に「思い出せるフレーズ」にしかならないからです。歴史の年号など、勉強のときに使う「知識」と同じですね。

これだと瞬発力が必要な会話にはまったくついていけません。ましてや、「思い出せる知識」なんて使っていないとすぐに忘れます。

ではどうしたらいいのか。方法はいたってシンプルで、

何度も声に出して練習する

だけです。「知識」として「覚えようと」するのではなく、「実技」として「練習」すればいいんです。「頭」ではなく「体」で覚えるということですね。

突然ですが、あなたはスマホのフリック入力ができますか?きっと、できると思います。

では、そのフリック入力、”頭で覚えようと”してできるようになりましたか?「右にフリックするとなんの行になるんだっけ…?えーっと…」なんて一々覚えようとはしなかったはずです。

そうではなく、はじめは間違いながらでも、何度も使っているうちに気がつけば”覚えてしまっていた”のではないでしょうか。

これがまさに「体で覚える」ということです。そして、こうして一度体で覚えたことはそう簡単に忘れません。

英会話のフレーズ暗記もこれとまったく一緒で、頭で覚えようとするのではなく、何度も繰り返して練習することで、「体で自然と覚えてしまう状態」にする必要があるんですね。

これは言い換えれば、「全然覚えられない…」とマイナスな感情になることは一切ないということでもあります。

4.フレーズを口に出すときは必ず「感情」を込める

フレーズはとにかく口に出して練習することが大切だとお伝えしましたが、このときただ機械的に練習するのではなく、必ず「感情」を込めてください。

「そのフレーズを自分が話すことを想像しながら」口に出す練習をするということです。

例えば、「Could you say that again?(もう一度言っていただけませんか?)」というフレーズなら、実際に自分が聞き返すことをイメージしながら口に出して練習するんです。

こうして「感情」と「フレーズ」をセットで練習しておかないと、いざ実際に話すときに「覚えたはずのフレーズが出てこない!」という事態になってしまいます。

なぜなら、そもそも言葉というものは「感情(考えや思い、イメージ)」を表現するためのもので、「感情」がないと機能しないからです。

ですがフレーズを暗記するときは、ただ単に「日本語訳だけ」とセットで練習してしまいがちですよね。

これだとそのフレーズはただ「日本語から英語に直せるフレーズ」にしかならず、言葉として使えるフレーズ」にはならないんです。

たとえばさっきの例なら、

「あれ、なんて言ったか聞き取れなかった!聞き返そう!」

という「感情」と

「Could you say that again?」

という「フレーズ」がすんなりつながらずに、「覚えたフレーズが出てこない!」という事態になってしまうということです。

なので、フレーズを暗記するときはダイヤログ(会話文)がセットになっている教材やフレーズ集を買って、「自分がそのフレーズを話しているつもりで」練習してください。

5.単語を入れ替えて表現の幅を広げられないか考えてみる

余裕があれば、覚えたフレーズの単語を入れ替えて表現の幅を増やせないか考えてみましょう。応用編ですね。

ただし、単語を入れ替えて使うためにはそのフレーズの文法を理解している必要があります。じゃないと、どこをどう入れ替えたらいいのかわからないからです。

なので2つめのコツで紹介したように、まずはフレーズを語順のまま、意味がわかるかたまりごとに訳してからにしてください。

たとえば、先ほど例に挙げた

「What kind of drink do you have?(どんな飲み物がありますか?)」

というフレーズを、

What kind of drink(なんの種類の飲み物)/do you have?(あなたはもっていますか?)

というかたまりごとに訳したとします。

ここで、「飲み物」や「持っていますか?」の部分を他の単語に入れ替えれば、別の表現ができそうですよね。

  • What kind of dressing do you have?(どんなドレッシングがありますか?)
  • What kind of food do you like?(好きな食べ物はなんですか?)
  • What kind of movie do you like?(どんな映画が好きですか?)
  • What kind of car do you drive?(なんの車に乗ってるの?)
  • What kind of music do you listen to?(普段どんな曲聞くの?)

など、少し単語を入れ替えるだけで色んな表現ができるようになります。「話せる英語」のレパートリーを一気に増やすことができるんですね。

まあ、はじめにもお伝えした通りこれはあくまでも応用編なので、全部のフレーズの単語を入れ替えられるようになる必要はありませんし、はじめのうちは「余裕があればやってみる」程度のスタンスでいいでしょう。

英会話は「フレーズ暗記」から。「ペラペラ」はその後からでも遅くない!

英会話のフレーズ暗記は、いわば料理のレパートリーを増やしていくようなものです。

料理ができるようになりたいと思ったら、まずは「基本のおかず」的な本を買って、家族が喜びそうなもの、自分が作りたいものをレシピどおりに作ってみますよね。

はじめに和洋中イタリアンフレンチの味付けの基本を学んでから、そこからいきなり自分でオリジナル料理を作ろうとする方はいないはずです。

英会話だってそうです。

英語が話せるようになりたいと思ったら、まずはフレーズ丸暗記でもいいので、話せる英語のレパートリーを増やしてみてください。

そして、実際に話す機会があれば、覚えたフレーズをどんどん使ってみてください。

そこでちょっとでも「英語が話せた!」という体験ができれば、自信になりますし、その後のモチベーションにもつながります。

「自由に話せるようになる」は、その後からでも決して遅くないですよ。

記事の内容が役に立ったらシェアしていただけると嬉しいです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です