社会人の英語勉強法~社会人は英語学習の時間を”作って”はいけない

 

 社会人になってから英会話を学ぼうと考える方は多いと思います。

そこで、多くの人が「まずは帰宅後毎日英語を30分勉強しよう!」と英語学習に意気込みます。

ですが、ほとんどの人は何日か学習を続けたはいいものの、結局挫折していしまいます。こんな事態を抜け出すにはどうしたらいいんでしょう。

私は、社会人が英語学習の時間を”作る”ことはおすすめしません。つまり、英語学習のためにあまり時間を割くのはやめた方がいいということです。結果的に、その方が英語は上達します。

今回は、忙しい社会人の英語学習の方法を、私の経験や考えを元にお伝えしていきます。

 

効率性や効果的かどうかは一旦無視するべき

 巷では、「社会人は効率的で効果的な勉強を少しずつやっていくことが大切」なんて言われていますが、正直、何もわかっていないなと感じます。

そんなことは当たり前で、それができないから悩むんですよ。私もはじめはそうでしたからよくわかります。

英語学習は継続が命です。効率的だろうが効果的だろうが、続かなければなんの意味もありません。

ですが厄介なことに、効果的な勉強法を知ることで、へんなモチベーションが生まれてしまいます。「よし、明日から頑張るぞ!」と思ってしまうんですね。

そしてまずは毎日30分勉強なんていう目標を立てて挫折してしまう。最悪、勉強法を知るだけで満足して実際に勉強をしない、あなたもそんな経験ありませんか?

もう一度言いますが、英語学習は続けることが何よりも大切です。

社会人は時間がありませんから、限られた時間を使っていかに学習を続けるかを最優先するべきです。効率的、効果的はその後からでも遅くはないでしょう。

 

あなたは、「英語学習」がしたいですか?

 突然ですが、あなたは英語学習がしたいですか?

きっと、ほとんどの方が「したい」と答えるでしょう。だからこの記事を読んでいるんだと。

ですが、少し考えてみてください。英語学習がしたいということは、音読がしたいということですか?ディクテーションがしたいということですか?単語をどんどん覚えたいということですか?

ここで、「その通り!したくてたまらない!」と答える人は一気に減るはずです。あなたは、英語学習がしたいのではなく、英語が話せるようになりたいはずだからです。そのために学習が必要なだけですよね?

つまり、ほとんどの人にとって、英語学習はしたくないはずなんです。「これをやるだけで楽にペラペラ!」というおかしな教材が売れていることからもわかりますよね。

にも関わらず、英語学習のために時間を確保しようとする。そりゃ、続かないですよ。ただでさえ時間がないのに、やりたくないことに時間を割ける人なんて、余程強い精神力をもった人だけです。

そんな精神力を使ってまで英語学習をするなんて私は嫌です。

 

時間を割かずに英語学習をする

 はじめから、英語学習に時間を割こうとするべきではありません。時間のない社会人はなおさらです。

そうではなく、まずはすでに確保された時間に英語学習を”つけ足してみる”ことをおすすめします。

すでに確保された時間というのは、

[su_note note_color=”#f8fbfe” radius=”0″]
  • 歯磨きの時間
  • 通勤時間
  • 昼のコーヒーを飲む時間
  • お風呂に入る時間
[/su_note]

などです。

こういった時間に、英語学習をちょっと足してみるんです。

例えば、歯磨き中に英語の音声を聞いてみる、お風呂に入る時間に英語を口から出してみる、といったようにです。英語の音声を聞くのなんてボタン1つですから、これができない人なんていませんよね。

さらに、すでに確保された時間は、ライフサイクルの中に組み込まれていることが多いです。つまり、ここに英語学習を足しておけば、意識しなくとも学習を習慣にすることができます。

なので、まずはこういった「ながら学習」を習慣にしてみましょう。英語に触れる習慣さえ身につけば、あなたの英語上達は加速していきます。

 

どんな学習をしたらいいのか?

 社会人は、まず「ながら学習」を習慣にすることが大切だとお伝えしました。

では、実際にどんな学習をしたらいいのか。ポイントは、「嫌にならない」、「少しでも上達を実感できる」の2つです。くどいようですが、効率性や効果的かどうかは一旦無視していいです。

具体的な学習法の例をあげると、

[su_note note_color=”#f8fbfe” radius=”0″]
  • スマホの英語学習アプリ
  • 音声解説付き教材の聞き流し
[/su_note]

がおすすめです。

最近の英語学習アプリは良質なものが多く、楽しみながら学習ができるものがたくさんあります。電車での通勤中やコーヒーを飲む時間など、手が空いている時間があれば積極的に活用すべきです。

英語アプリで初心者におすすめなのは、Duolingoです。かなり有名なアプリなのでご存知の方も多いかもしれませんが、英語の基礎をゲーム感覚で身につけていくのには最適かつ最高のアプリです。

最初の英語学習アプリとしてはこれ一択でいいと思います。

Duolingo | 英語を無料で学ぼう

Duolingo | 英語を無料で学ぼう
開発元:Duolingo
無料
posted with アプリーチ

また、日本語音声で解説がついている教材も、ながら学習の最初のステップとしておすすめできます。

日本語音声解説付きというのがポイントで、英語音声のみだと、初心者にとってはわけがわからず、まったく上達を実感できません。

かといって、事前にスクリプトを読み込む時間なんて取れませんから(きっと挫折します)、やはり最初は日本語音声も入った素材を聞き流すのが理想的だと思います。

こういった教材はあまり多くはないですが、有名なものの1つとして、「英語ぺらぺら君」という教材があります。ちょっと胡散臭い名前ですが、日本語音声解説付きで基本的なスピーキングを上達させるには中々優良な教材です。(後日詳しくレビューするつもりです。)

[su_note note_color=”#f8fbfe” radius=”0″]

英語ペラペラ君初級編

[/su_note]

また、ちょっとレベルが上がりますが、ビジネス英会話やTOEICなどの学習をしたい方は、English Upgraderもおすすめです。

ビジネスでのいろいろなシチュエーションで、日本語解説付きの豊富な音声を無料でダウンロードすることができます。ただし、最初に述べた通り英語自体のレベルが少し高いので、初心者にとっては難しすぎると思います。中級者向けと言えるでしょう。

EnglishUpgrader

ながら学習を習慣化すると、「英語モード」になる

 こうしてながら学習を習慣化できると、「英語モード」になることができます。

英語モードというのは、英語学習をしているとき以外でも、身の回りの英語に敏感になったり、ふと英語を考えるようになる状態です。つまり、「英語に興味を持った状態」です。

例えば、ファッションに興味がある人は、街に歩いている人の服装だとか、ショッピングモールのファッション店に自然と目がいってしまいますよね?そして、「あのTシャツいいな」、「あの人着こなし方オシャレだな、自分も取り入れてみよう。」と思ったりするはずです。

これは、その人がファッションに関り続けてきたから、ファッションに興味があるからです。身の回りのファッションに関する情報が意識しなくても集まってくるんです。

英語学習においても、1ヵ月や2ヵ月英語学習を続けると、あらゆる英語に対して敏感になります。

たまたまCMで見た洋画の予告のセリフを聞いて、「今なんて言ったんだろう?」と疑問をもったり、電車の中でお年寄りに「この席どうぞ。」と譲ったとき、「これって英語でなんて言うんだろう?」という疑問をもつようになるんですね。

この状態になれば、英語学習のスタートは大成功です。

疑問が生まれれば、純粋に知りたくなります。すると、当然調べようとしますよね?疑問は、英語へのさらなる興味や学習欲を駆り立てます。

こうなったとき、もうあなたは意識しなくても英語学習ができるようになっています。「英語モード」へ突入です。

 

「やりたい」と思える時に学習をする

 英語モードに入ったら、もうあなたは英語学習を挫折したくてもできなくなります。学習自体はしていない日があっても、日常の中で英語への疑問を自然ともてるようになるからです。

そうして疑問が生まれては調べを繰り返していると、英語学習が楽しくなってきます。「へー!」、「なるほど!」と、知りたかったものを知ることは誰にとっても快感です。

こうなればきっと、「もっと英語を勉強して、いろんな表現を覚えたい!」と思えます。精神論とかではなく本当です。(笑)

後は、目的を明確にして、今の自分には何が足りないのかを考えてください。そして、気になる勉強法があればどんどん試していきましょう。

ここでは長くなってしまうので、詳しい勉強法は書きません。他のブログや書籍の勉強法を参考にしてもいいでしょうし、このブログの記事を参考にして頂けるなら、それは光栄です。

1つだけお伝えしておくと、英語に興味を持てた後も、英語学習は最後まで「やりたい」ときにやってください。もちろん、社会人は時間がないので、ながら学習やスキマ時間の活用は必要です。

 

まとめ:”やらなきゃいけない”では英語は上達しない

 英語学習をはじめようとすると、どうしても効果的な学習法ばかり気になってしまいますが、その前に、まずは英語学習への興味を持つことが大切です。

英語学習そのものがしたいと思えない状態で学習しようとしても、それは「やらなきゃいけないもの」になってしまいます。

結局、「やらなきゃいけない」と思っているうちは、英語学習は続きません。続かないんですから、上達もしません。

はじめから英語学習のために時間を割こうとすると、「ああ、今日は飲み会で遅くなって英語学習ができなかった・・・」とげんなりしてしまいます。やらなきゃいけないと思っているからです。これが2、3日続けば、あなたが英語と関わることは当分なくなります。

これから英語学習をはじめる社会人は、まずは英語学習に時間を割こうとせず、是非少量のながら学習を習慣にしてみてください。きっと、あなたの英語学習は最高のスタートを切ることができます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です