”英会話に文法は必要か?”では、”料理にレシピは必要か?”

 これから英会話の勉強をはじめる初心者の方がもつ疑問の1つに、「文法は必要なのか」というものがあります。

では、内容をがらりと変えて、「料理にレシピは必要なのか」ではどうでしょうか。実は、この2つの疑問に対する答えは似ています。

今回は、英会話に文法は必要なのかという疑問への具体的な答えと、英会話と文法の関係について私なりの考えをお伝えしようと思います。

これから英会話の学習をはじめようと思っている初心者の方にはきっと参考になると思いますので、是非、読み進めてみてください!

 

文法”必要”派 VS 文法”不必要”派

 巷では、英会話には文法が必要だという意見と、文法は必要ないという意見がわかれています。

というわけで、まずはそれぞれの言い分を確認してみることにします。

 

「文法は必要だ!」

[su_note note_color=”#fff” radius=”0″]
  • 文法は語順。英語は語順が違うだけで意味が伝わらなくなる。だから文法は必要だ!
  • 文法を知らないとひたすらフレーズを暗記しなくてはならず、これではあまりにも非効率。だから文法は必要だ!
  • 日本人はネイティブと違って、英語に触れられる時間が限られている。そのため、自然に文法感覚を身につけるのは無理。だから文法を学ぶ必要がある!
  • ただ「伝える」だけなら文法がめちゃくちゃのブロークンでもいいが、それでは教養のないその程度の人間だと思われてしまい、ビジネスなんかでは通用しない。だから文法は必要だ!
[/su_note]

「文法は必要ない!」

[su_note note_color=”#fff” radius=”0″]
  • 英語を使いこなすネイティブは文法なんて知らない。だから文法なんて必要ない!
  • 日本の学校教育では文法をさんざん勉強するのに、ほとんどの人は英語を話せない。だから文法の勉強は悪だ!
  • 英会話はコミュニケーション。そのため、文法の正確さよりも言いたいことを伝えることが何よりも大切だ。だから文法なんて無理に勉強する必要はない!
  • 日常会話ではネイティブは決まったフレーズをただ口から出しているだけだ。だから文法なんて勉強しなくても英語は話せる!
[/su_note]

なるほど、どれもなんとなくそれっぽく聞こえますね・・・

これは初心者の方が混乱してしまっても仕方がないと思います。

 

そもそも文法って何ぞや?

 ところで、文法文法って言いますが、そもそも文法ってなんでしょう?

文法が必要か不必要か議論をする前に、まずはこの文法とやらがどんなものなのかを理解しておくと、結論に納得できないということが減ると思います。

では簡単に説明していきますね。

 

文法=文を組み立てるためのルール

文法とは簡単に言えば、文を組み立てるときのルールです。

ただ、ルールとだけ言ってもざっくりとしすぎているので、ここでは英語における主なルールを、大きく3つにわけてみました。

[su_note note_color=”#f8fbfe” radius=”0″] [su_list icon_color=”#2581c4″]
  • 語順のルール
[/su_list]

1つの文を作るときの単語の並び方のルール。
例:I play the piano. ×I the piano play.

[su_list icon_color=”#2581c4″]
  • 形式のルール
    [/su_list]

場合によって単語のかたちが変わるルール。
例1:She plays the piano. ×She play the piano.
例2:I am watching TV. ×I is watching TV.

[su_list icon_color=”#2581c4″]
  • 表現のルール
    [/su_list]

特定の表現をしたいときの英語の組み立て方のルール。
例1:「~しますか?」という表現をしたい! → Do(Does) + 主語 + 動詞の原形 ~ ?
例2:「~できる」という表現をしたい! → 主語 + can + 動詞の原形 ~

[/su_note]

英語では、これらのルールを組み合わせて1つの文を完成させます。

ではあらためて、英会話を学習するためにこういったルールを勉強することは必要でしょうか?

 

英会話に文法は「必要」。ただ、問題はそこじゃない。

 英会話に文法は必要なのか、必要ないのか。

ここで私自身の経験や考えから結論をお伝えしますと、英会話に文法知識は必要です。

文法をまったく知らないまま会話をしようとするとどうなるでしょうか?つまり、

[su_note note_color=”#f8fbfe” radius=”0″]
  • 語順のルールを知らない
  • 形式のルールを知らない
  • 表現のルールを知らない
[/su_note]

まま英語を話そうとするとどうなりますか?単語を並べるか、丸暗記したフレーズを使うしかなくなります。

ではそれぞれの場合について少し詳しく考えてみます。

 

ひたすら単語を並べるだけで英語は話せるようになるか

まず、単語を並べるだけだとどうなるでしょう?

もしあなたが英語が母国語の国に生まれたなら、周りのネイティブに修正されたり、四六時中触れる英語の中から、自分なりに規則性を見つけ出すことができるかもしれません。だからネイティブは文法を自然に習得できるんです。

ですが、ここは日本、さらにあなたはすでに日本語にどっぷりつかった純日本人です。

文法の勉強なしに単語を並べただけの英語から脱出できると思いますか?無理に決まっています。(もちろんそれでもいいなら、文法は必要ありません。)

 

ひたすらフレーズ丸暗記で英語は話せるようになるか

では、ひたすらフレーズ丸暗記だとどうでしょう?この場合は少し希望がありそうです。

海外旅行や簡単な日常会話くらいなら、よく使うフレーズを暗記しておけばそれなりに英語は話せます。

ですが問題なのは、フレーズ丸暗記だと自分から話す分にはまだいいですが、相手に何か言われた時に自分の中に返しのフレーズがなければアウトだということです。

料理の注文など相手の返しがある程度予測できるときはいいですが、普段の会話ではそうもいきません。予測できなければ、どんな場合にも対応できるように大量のフレーズを覚えていくしかなくなります。

となるとやはり、フレーズ丸暗記だけでは限界があり、文法を学ぶ必要がありそうです。

 

問題は、「英会話に文法書は必要か?」ということ

英会話に文法が必要だということはお伝えしました。

ここでやる気のある方なら、「よし、まずは文法書を買って一通り読み込むぞ!」と思うかもしれません。

ですが、本当の問題はここにありあます。

英会話に文法が必要だからといって、文法書を読まなくてはいけないわけではありません。

むしろ、私は文法書を一から読み込むような勉強法はおすすめしません。

 

文法書を読んだところでその文法を使えるようにはならない

 英会話に文法知識は必要ですが、知識だけあったところで使えなければなんの意味もありません。

すべての文法知識を100%「理解している」ことよりも、いくつかのフレーズを「使える」方が断然マシだということです。

文法書を一から読み込むという勉強法は、この「理解している文法」だけを増やしてしまう可能性があります。

そして、文法書なんてつまらないですし、文法用語の連発で嫌になってしまいますよね?

さらに、せっかく頑張って読み込んでいっても、ページが進むにつれてはじめに覚えた文法を忘れてしまうのがオチです。

もっと言えば、そもそもはじめからすべての文法を理解しなければならない理由は0です。

では、どうしたらいいんでしょう?

 

文法は使うことを前提に、使いながら覚えていくべき

 私は、自分が英語に触れていく過程で、必要に応じて文法を調べればいいと思っています。

自分と関わりがあれば記憶にも残りやすいですし、なんと言ってもその文法知識は絶対に無駄になりません。あなたにとって何かの形で必要だったから学んだ文法なんですから。

英語への触れ方はなんでもOKです。

海外旅行先や日本の紹介、まずは自己紹介など、話したい目的が決まっていれば、それを達成するためにどんな表現が必要なのかを考えて、そこで文法がわからなければ調べましょう。

海外ドラマが好きなら、ドラマ中の気になるフレーズを抜き出してみて、実際に自分でも応用できるように文法を調べましょう。洋楽を使うのもアリですね。

英語は勉強するものではありません。使うものです。それなら、まずは真っ先に使うことに専念して学習を進めていくべきです。

 

文法は料理のレシピのようなもの

 英会話に文法は必要ですが、文法だけを詰め込んで一気に勉強する必要はありません。

文法は、料理のレシピに似ていると思います。

はじめて料理を作るときはレシピが必要ですが、同じ料理を何回も作っていると、自然とレシピなしでもその料理を作れるようになります。

そして、料理がうまくなりたいからと言って、あらゆる料理のレシピをはじめから覚えようとなんてしないはずです。まずは作りたい料理をみつけてはじめて、レシピを見ながら作ると思います。

文法もこれと同じで、自分が触れた英語、話したい英語があってはじめて、文法を確認しながら実際に話したり、聞いたり、書いたり、読んだりすればいいんです。

そうして文法に触れる回数が多くなればなるほど、自然と身についていきます。私はそうやって文法を身につけました。

くどいようですが、英語は学問ではありません。学生時代のガチガチの文法の勉強とはさよらなして、まずは英語にたくさん触れて、どんどん使っていきましょう!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です