海外ドラマを使った英語学習が初心者には効果がない理由

 

 海外ドラマを使った英語学習は、楽しみながらネイティブの生の英語に触れることができるので人気があります。

ネット上にも海外ドラマを使った英語学習法という記事がたくさんあり、主にリスニング力UPに効果的だと言われていますね。

ですが一方で、海外ドラマは初心者向けではないと言われているのも事実です。

では、どうして海外ドラマは初心者にとって効果がないのか。今回はその理由をお伝えしていきます。

 

リスニングの上達には絶対必要なステップがある

 海外ドラマを使ったリスニング学習について触れる前に、まずはリスニング上達のステップについて少しお話します。これを知っておくことで、自ずと海外ドラマはリスニングに効果的なのか、どうやって学習したらいいのかがわかるからです。

まず、リスニング学習には大きくわけて2種類の方法があります。「精聴」「多聴」です。

簡単に言うと、精聴は音を正確に聞き取る練習、そして多聴は意味をつかむ練習です。この2つはどちらかだけやればいいというものではなく、どちらもバランス良く、正しい方法で行わないと効果がなくなってしまいます。

そしてリスニングの上達で一番重要なことが、まずは音がある程度聞き取れないと、意味がわかるようにはならないということです。つまり、精聴ができるようになって初めて、多聴が効果のある練習になるということです。

リスニングを上達させるためには、まず音を正確に聞き取る練習が絶対に必要なんですね。

 

海外ドラマが初心者には効果がない理由

  では、話を海外ドラマに戻します。

リスニングの上達にはまず音を正確に聞き取る練習が必要だというお話をしました。初心者の方はまずここがスタートです。

ですが、海外ドラマを使った英語学習は、この音を正確に聞き取る練習に向いていません。なぜなら、

  • 映像があって音だけに集中できない
  • 訛りや音の変化が激しかったり、声が小さかったりとそもそも聞き取りづらい

からです。そして、音を正確に聞き取れるようになるには綿密な学習が必要です。ただ見ているだけでは聞き取れるようになりません。

それでも、巷で紹介されている学習法は、「まずは日本語字幕で・・・、次に英語だけで・・・」といったように、音を正確に聞き取るための方法ではないんですね。(音を聞き取る学習法は後程説明します。)

なので、これをそのまま取り組んでしまうと、初心者にとってはほとんど意味がないリスニング学習になってしまうのは当然なんです。

これが音をすでにある程度聞き取れる上級者であれば、海外ドラマで意味をつかむ練習ができます。多聴のトレーニングですね。

 

ただし、初心者でも100%効果がないわけではない

 海外ドラマをただ見ているだけでは、初心者にはほとんど効果がないというお話をしました。

ですが、かといってまったく効果がないかと言われれば、そうでもありません。初心者が海外ドラマを見て効果があるとすれば、英語のリズムや強弱に少し慣れることができる、という点です。

英語には独特のリズムと強弱があります。これをつかむことができると、英語が一気に聞き取りやすくなります。海外ドラマを見ていただけでリスニングが上達したという人がいるのはこのためです。

ですが、ただ聞いているだけでこのリズムと強弱を完全に身につけられることはなく、あくまでも”慣れる”ことができる、というだけです。

また、例えリズムと強弱に慣れたとしても、そもそも知らない単語や表現、文法があれば何度聞いても聞き取れませんし、音の変化にも対応できません。海外ドラマを見てリスニングが上達したという人は、ピンポイントでリズムと強弱が苦手だったんだと思います。

 

海外ドラマで音を正確に聞き取る練習をするには

ではここで、海外ドラマを使って音を正確に聞き取る練習はできるのかを説明していきます。これができれば、初心者でも海外ドラマでリスニングを上達させることができます。

海外ドラマで音を正確に聞き取る練習をするためにはどうしたらいいのか。

簡単にまとめると、

  • まずは徹底的に英語音声だけを聞き込む
  • スクリプト(※)を見て、聞き取れなかった部分を確認する
  • わからない文法や単語あれば調べる(日本語字幕は意訳が多いため鵜呑みにしない)
  • スクリプトの文字が完全に聞き取れるまで繰り返し聞き込む
  • セリフを自分でも音読できるようにする

※セリフを文字に起こしたもので、字幕とは違います。字幕はいつもセリフ通りとは限りません。

と、ここまでやれば、リスニングは確実に上達します。ですが、大変ですよね。

そもそも何回も通して見ているようじゃ音を正確に聞き取れるようにはならないんです。仮に聞き取れるようになったとしても、短いお決まりの表現くらいでしょう。1シーンずつしっかりと聞き込んで初めて、意味のあるリスニング学習になります。

そしてこれを、音の変化が激しい、発音も曖昧のネイティブの生の英語でやらないといけないんですから、もう初心者にはかなりキツイですよね。映像を楽しんでいる余裕はありません。

なので、初心者は海外ドラマでリスニングを上達させようと考えない方がいいでしょう。リスニングはもっと別の方法で慣れてから、海外ドラマに挑戦してみてください。

 

初心者は海外ドラマの魅力を別の方法で活かそう

 海外ドラマは楽しみながら英語に触れることができるため、とても魅力的です。是非、英語学習に活かしたいですよね。

ですが、初心者は海外ドラマをリスニング上達に活かすのは難しいという現実があります。

それなら、別の方法で活かしてみてはどうでしょうか?お気に入りの俳優や女優のセリフを完コピしたり、日常で使えそうなフレーズをメモ帳にまとめたり、リスニングの上達なんて考えず、ただひたすら楽しみながらたくさん英語に触れたり、などです。

なんでもそうですが、素材があれば、学習法は工夫次第でいくらでもあります。わざわざ流行っている方法で学習する必要なんてありません。その方法が自分にとってふさわしいのかを見極めることが大切です。

こうして、自分なりに学習法を工夫していくと、「これは楽しいな!」と思えるものがきっと見つかるはずです。この”自分だけの学習法探し”というのも、英語を学ぶ過程での醍醐味の1つではないでしょうか。

 

記事の内容が役に立ったらシェアしていただけると嬉しいです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です