「聞く」という英単語、「hear」と「listen」は何が違うのか?

英語を学習していると、日本語訳では同じ意味になってしまう単語がたくさんあります。そしてこういった単語は、日常会話でもよく使われる基本単語にも多いので厄介です。

今回はその1つとして、「聞く」という英単語である「hear」と「listen」の違いとその使い方について説明していきます。有名なので、知っている方も多いかもしれませんが…。

英語の微妙なニュアンスの違いがわかれば、あなたの英語力はワンランクUPするだけでなく、きっと英語に対してぐっと距離が縮まるはずです。

 

「アドバイスを聞く」は「hear」?「listen」?

 「hear」と「listen」、それぞれのニュアンスを説明する前に、まずはこの2単語を使い分けるための簡単な例から紹介します。

下の2つの例文、日本語にするとどちらも「友達のアドバイスを聞いた方がいいよ。」という意味になります。

[su_note note_color=”#f8fbfe” radius=”0″]

You should hear your friends advice.

You should listen to your friends advice.

[/su_note]

ですが、この2つの例文は微妙にニュアンスが違うんです。このニュアンスの違いがわかれば、あなたは「hear」と「listen」の使い分け方がしっかりと理解できていることになります。

では、この2つの文の意味はどう違うのか、それぞれの単語の使い方や例文と合わせて説明していきますね。

 

「listen」は音や話に耳を傾けるという”動作”

 まずは「listen」のニュアンスから。「listen」は、「音や話に耳を傾ける動作そのもの」を表す単語です。

先ほどの例文を見てみましょう。

[su_note note_color=”#f8fbfe” radius=”0″]

You should listen to your friends advice.

[/su_note]

この場合、「友達のアドバイスを聞く=友達のアドバイスに意識的に耳を傾ける」、ということになります。なのでこの例文は、

「友達のアドバイスを受け入れて、そのアドバイスに基いて検討するべきだよ。」

というニュアンスになります。「耳を傾ける」という表現がピッタリですね。

 

「listen」の使い方~文法編~

では、実際に「listen」を使うために必要な基本的な文法知識を簡単に説明します。

覚えておくべきポイントは2つです。

[su_note note_color=”#f8fbfe” radius=”0″]
  • 「~を聞く」と言いたいときは「to」が必要
  • 進行形にできる
[/su_note]

「~を聞く」と言いたいときは「to」が必要

「音楽を聞く」、「ラジオを聞く」、「アドバイスを聞く」など、「~を聞く」と言いたいときには、「listen to ~」という表現を使います。

[su_note note_color=”#f8fbfe” radius=”0″]
  • listen to music
  • listen to the radio
  • listen to the advice
[/su_note]

先に説明したとおり、「listen」は「耳を傾ける」という意味なので、そこに方向を表す前置詞の「to」をつけることで、「toの方向に向かって耳を傾ける=~を聞く」という意味になります。

もちろん、耳を傾ける先を示す必要がない場合は、「to」はいりません。例えば、「よく聞いて。」と言いたいときは、「Listen carefully.」と、「to」なしでOKです。

 

「listen」は進行形にできる

「listen」は、耳を傾けるという「動作そのもの」を表すので、「ing」をつけて動作の進行を表すことができます。

[su_note note_color=”#f8fbfe” radius=”0″]

Now, I’m listening to music.

「私は今音楽を聞いているところだよ。(音楽に耳を傾けているところだよ。)」

[/su_note]

 

「listen」を使った日常で使える例文

Hey, are you listening?

「ねえ、聞いてる?」

You need to listen to this song!

「この曲絶対聞いてみた方がいいよ!」

What songs have you been listening to lately?

「最近なんの曲聞いてるの?」

You should listen to your friends advice.

「友達のアドバイスを聞いた方がいいよ。」

I listen to this song over and over again.

「この曲何回も聞いてるよ。」

 

「hear」は音や話が耳に届くという”状態”

 次に、「hear」のニュアンス。「hear」は「音や話が耳に届く状態」を表す単語です。「聞こえる」といったニュアンスに近いですね。自分が意図したのかしていないのかは関係ありません。

でははじめの例文を見てみましょう。

[su_note note_color=”#f8fbfe” radius=”0″]

You should hear your friends advice.

[/su_note]

この場合、「友達のアドバイスを聞く=友達のアドバイスを耳に届ける」、ということになります。なのでこの例文は、

「悩んでいるなら、取りあえず友達にアドバイスを求めたらどう?」

というニュアンスになります。「listen」とは違い、実際にそのアドバイスに基いて考えるかどうかはまったく関係ありません。

 

 

「hear」の使い方~文法編~

では同じように、実際に「hear」を使うために必要な文法知識を簡単に説明します。

覚えておくべきポイントは2つです。

[su_note note_color=”#f8fbfe” radius=”0″]
  • 「hear」の後につける前置詞によっていろいろな意味を表せる
  • 進行形にできない
[/su_note]

 

「hear」の後につける前置詞によっていろいろな意味を表せる

「hear」は「listen」に比べて幅広い意味で使える単語です。とは言っても、そんなに複雑じゃなく覚える量も少ないので、この機会に確認してみてくださいね。

覚えておくべき基本的な使い方は以下の4つです。

 

  • 「hear ~」|~を聞く、~が聞こえる

一番基本的な使い方で、実際に何かを聞いたり、聞こえたときに使う表現です。「~」の部分には、モノや人などの名詞はもちろん、文をくっつけて「~だと聞いたよ」という意味を表すこともできます。

[su_note note_color=”#f8fbfe” radius=”0″]

Can you hear me?

「聞こえてますか?」(電話などでよく使われます。)

I heard my favorite song on the radio this morning.

「今朝ラジオで大好きな曲が流れているのを聞いたんだ。」

When I hear that song, I remember my younger days.

「その曲を聞くと、若い頃を思い出すよ。」

I hear (that) she is going to get married next month.(※)

「彼女は来月結婚するって聞いたよ。」

※このように、「~だと聞いたよ」という日本語を見ると過去形なんじゃないかと思われるかもしれませんが、この場合は現在形の「hear」を使うのが一般的です(正確には、現在完了形の「have heard」を「hear」で代用しています)。

[/su_note]

 

  • 「hear of ~」|~を聞いたことがる

「hear」のあとに、全体から一部を取り出すイメージを持つ前置詞の「of」をつけることで、「~の一部を聞く=~を聞いたことがある」という意味になります。

ただ、実際に自分の耳で聞いたかどうかは重要ではなく、単に「~」について認識さえあれば「hear of ~」が使えます。「名前だけ知ってる」といったニュアンスですね。

[su_note note_color=”#f8fbfe” radius=”0″]

~会話例~

Have you heard of ‘ABC restaurant’?

「ABCレストランって知ってる?(聞いたことある?)」

No, I’ve never heard of it.

「いや、聞いたことないな。」

[/su_note]

 

  • 「hear about ~」|~について知っている

「hear」のあとに、ざっくりとその周辺のイメージを持つ前置詞の「about」をつけることで、「~の周りについて聞く=~について知っている」という意味になります。

「hear of」が”一部”であったのに対して、「hear about」は”周り”ですから、「~」についてより詳しく知っていることになります。名前だけでなく、それについて何らかの情報を知っているニュアンスです。

また、こちらも実際に自分の耳で聞いたかどうかは関係ありません。

[su_note note_color=”#f8fbfe” radius=”0″]

~会話例~

Have you heard about ‘ABC restaurant’?

「ABCレストランのこと知ってる?(何か聞いてる?)」

Yes. I hear it’s gone.

「うん。なくなっちゃったんだってね。」

[/su_note]

 

  • 「hear from ~」|~から連絡がある

「hear」のあとに、対象から離れるイメージがある前置詞の「from」をつけることで、「~から離れたものが、自分の耳に届く=~から連絡がある」という意味になります。

このとき、連絡の手段はメールでも電話でも手紙でもなんでもOKです。

[su_note note_color=”#f8fbfe” radius=”0″]

~会話例~

Have you heard from him lately?

「最近彼から連絡あったの?」

Actually, I’ve not heard from him in a week.

「実は、1週間連絡がないの。」

[/su_note]

 

「hear」は進行形にできない

「音や話などに耳を傾ける」という”動作”を表す「listen」は進行形にすることができましたが、「音や話などの情報が耳に届く」という”状態”を表す「hear」は進行形にできません。「音が耳に届いているところだ」なんてちょっと違和感ありますよね。

もし「聞こえている」と言いたい場合は、単に「I can hear ~」でOKです。

 

「hear」を使った日常で使える例文

I heard it on the news.

「それニュースで聞いたよ。」

I hear (that) you got married.

「結婚したって聞いたよ。」

I’m sorry to hear that.

「それは残念ですね。(それを聞いて私は残念に思います。)」

I didn’t hear my alarm clock. 

「目覚ましのアラームが聞こえなかったんだ。」

I’ve never heard of such a thing. 

「そんなの聞いたことないよ。」

I’ve heard a lot about you.

「あなたのことはいろいろ聞いてます。」(初対面だけどよく知っている相手などに使う決まり文句です。)

I’ve heard from my mother.

「母さんから連絡があったんだ。」

 

まとめ

 「listen」と「hear」の違いと使い分け方、なんとなくおわかりいただけましたか?

最後にもう一度、おさらいをしておきましょう。

[su_note note_color=”#fff” radius=”0″]
  • listen」・・・音や話に耳を傾けるという動作を表す
  • hear」・・・音や話が耳に届くという状態を表す

~例~

I was listening to music then, so I didn’t hear the phone ring.

「その時は音楽を聞いていたから、電話が鳴ってるのが聞こえなかったんだ。」

[/su_note]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です